戦争

戦争

ミッドウェイ|第二次世界大戦のなかでも激戦として知られるミッドウェイ海戦をローランド・エメリッヒ監督が映画化。

ミッドウェイは、2019年公開のアメリカ合衆国の映画。第二次世界大戦のなかでも激戦として知られるミッドウェイ海戦を「インデペンデンス・デイ」のR・エメリッヒ監督が映画化。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
戦争

プラトーン|現代史の汚点、ベトナム戦争を題材に、自身もベトナム帰還兵であるオリバー・ストーン監督が戦場の現実を描く。

プラトーンは、1986年公開のアメリカ合衆国の映画。ベトナム帰還兵であるオリバー・ストーンが、アメリカ陸軍の偵察隊員であった頃の実体験に基づき、アメリカ軍による無抵抗のベトナム民間人に対する虐待・放火、虐殺や強姦、米兵たちの間で広がる麻薬汚染、仲間内での殺人、誤爆、同士討ち、敵兵に対する死体損壊など、現実のベトナム戦争を描く。
戦争

ハート・ロッカー|命知らずの兵士と仲間との確執と友情を軸に、緊張感溢れる爆発物処理の現場をリアルに映し出す。

ハート・ロッカーは、2008年公開のアメリカ合衆国の映画。イラクに駐留するアメリカ軍の中でも、最大の危険を伴う爆発物処理班の兵士を描き、2009年の賞レースを席巻した戦争アクション。命知らずの兵士と仲間との確執と友情を軸に、緊張感溢れる爆発物処理の現場をリアルに映し出す。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
戦争

ネイビー・シールズ(1990年)|実在の米海軍特殊部隊“ネイビー・シール”をモデルに、テロリストと対決する精鋭たちの活躍を描くアクション。

ネイビー・シールズは、1990年公開のアメリカ合衆国の映画。実在の米海軍特殊部隊“ネイビー・シール”をモデルに、テロリストと対決する精鋭たちの活躍を描くアクション。出演はチャーリー・シーン、マイケル・ビーンほか。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
戦争

ワルキューレ|第二次世界大戦時に実際にあったヒトラー暗殺計画(ヴァルキューレ作戦)を題材にしたトム・クルーズ主演の戦争映画。

ワルキューレは、2008年公開のアメリカ・ドイツ合作映画。第二次世界大戦時に実際にあったヒトラー暗殺計画を題材に、トム・クルーズがその計画の中心的人物であったシュタウフェンベルク大佐を演じたサスペンス。ヒトラーの独裁政権に屈する者と世界を変えようとする者、そして両者の裏で陰謀をたくらむ者が、戦争の混乱の中で繰り広げる駆け引きを描く。
戦争

パットン大戦車軍団|空前の威容を誇る新方式超大型映画!|第二次世界大戦中のアメリカ軍のジョージ・パットン将軍を描いた戦争映画

パットン大戦車軍団は、1970年公開のアメリカ合衆国の映画。第二次世界大戦中のアメリカ軍のジョージ・パットン将軍を描いた戦争映画。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
戦争

ダンケルク|クリストファー・ノーラン監督によって第二次世界大戦のダンケルク大撤退が描かれる。

第二次世界大戦のダンケルク大撤退が描かれており、イギリス、オランダ、フランス、アメリカ合衆国の4カ国合作映画。第90回アカデミー賞では作品賞、監督賞、美術賞、撮影賞、編集賞、音響編集賞、録音賞、作曲賞の8部門にノミネートされ、編集賞、録音賞、音響編集賞を受賞した。大まかには実際の歴史に基づいているが、キャラクターやストーリーはフィクションです。 絶賛されている映画ですが、面白いか?というと面白い映画ではないと思います。ノーラン監督の作品の中では、相手を選ぶ作品です。日本人で絶賛している人の気がしれない。なんてこと、、いったら問題かもしれませんが、楽しい映画でもなければ、感動するような作品でもないです。日本人が深読みしたところで面白いわけがない作品なので、凡作という感じです。
戦争

クリムゾン・タイド|冷戦後の世界を背景に、ロシアでおきた叛乱にそなえて出港した弾道ミサイル原子力潜水艦を舞台とする潜水艦映画。

クリムゾン・タイドは、1995年公開のアメリカ合衆国の映画。冷戦後の世界を背景に、ロシアでおきた叛乱にそなえて出港した弾道ミサイル原子力潜水艦を舞台とする潜水艦映画。※タイトルの意味は「深紅の潮流」が、「クリムゾンタイド」は舞台となる潜水艦と同じ名を持つアラバマ大学のフットボールを初めとするスポーツチームの愛称である。
戦争

グローリー|南北戦争のアメリカを舞台に、北軍の黒人部隊を率いる白人指揮官と、人種の壁を越え共に戦う黒人兵士たちの勇姿を描いた感動の戦記ドラマ。

1989年公開のアメリカ映画。アメリカ南北戦争の史実を元に描かれた傑作映画。 エドワード・ズウィック監督らしい熱き男達の感動と悲哀があり、人間としての尊厳をストーレートに問いてくる魂に響かせる演出が素晴らしい! 当時はまだ無名だったデンゼル・ワシントン、アンドレ・ブラウアーなど若手黒人俳優の出世作でもあり、彼らの好演なくしてこの映画は成り立っていない。
戦争

ティアーズ・オブ・ザ・サン|”命令違反”それでも私は、あなたたちを守りたかった ─ 。

ティアーズ・オブ・ザ・サンは、2003年にアメリカ合衆国で公開されたナイジェリアを舞台にしたドラマ・アクション・戦争映画。当初は『ダイ・ハード4.0』の企画として進められていたが、アフリカにおける石油利権問題と民族浄化というテーマ性の深さから独自企画に変更されたものである。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。