スポンサーリンク

サランドラ|あらすじ、キャスト、予告編・無料動画

サランドラ
この記事は約5分で読めます。

1977年公開のアメリカ合衆国の映画。日本では1984年に公開された。かつて核実験場だった土地にやって来た旅行者達が、奇形の殺人鬼達(ソニー・ビーンとその一家をモデルにしている)に襲われる様を描いたホラー映画。監督・脚本・編集は『エルム街の悪夢』、『スクリーム』のウェス・クレイヴン、特殊メイクは『ヘルナイト』、『デビルズ・ゾーン』のケン・ホーンが担当。邦題の『サランドラ』は四大精霊の「サラマンダー(サラマンドラ)」をもじったものであるが映画本編の内容とは全く関係ない。2006年にはリメイクの『ヒルズ・ハブ・アイズ』が公開された。

サランドラ 映画批評・備忘録


サランドラ(原題:The Hills Have Eyes)

脚本:25点
演技・演出:13点
撮影・美術:11点
編集:7点
音響・音楽:6点
合計62点

ホラー映画の巨匠ウェス・クレイヴンの初期の作品で、今日のホラー映画に多大な影響を与えているカルト作品になります。キチ○イ一家に襲われた家族と飼い犬の復讐が描かれているのですが、犬が優秀なところは後世の作品では扱われずその攻撃性や残酷性だけがオマージュされています。今作で生まれた”裕福な家族がキャンピングカーで、田舎に出かけてとんでもない目に合う”や”ガソリンスタンドに立ち寄る”、”食人に遭遇”というプロットが古典になり、最近の作品でもこれを取り入れている作品が多く生まれています。元は貧富の格差を現したもので、富裕層を貧民が八つ裂きにするという政治的揶揄でもありました。

amazonプライム・ビデオ

サランドラ あらすじ(ネタバレ)

郊外のカーター一家は、ロサンゼルスに向かう途中でトレーラーを牽引して休暇で旅行しています。両親のボブとエセルは、10代の子供であるボビー、ブレンダ、長女のリン、リンの夫のダグ、リンとダグの赤ん坊の娘のケイティ、そして家族の犬であるビューティとビーストを連れて運転しています。

旅の途中のネバダで、彼らは給油のためにフレッドのガソリンスタンドで停止し、フレッドは、彼らが去ると主要道路に滞在するためにそれらを促します。フレッドのトラックが突然爆発します。フレッドの警告を狂った人のとりとめのないものとして却下し、カーター一家はネリス空軍基地周辺近くを運転しているときに頭上の航空機に驚いて、道路を滑り降りて滑落しました。犬は非常にパニックになり、丘で吠え始めます。その後、ビューティは丘に走りさります。ビューティを追いかけて行ったボビーはビューティの切断された遺体を見つけます。怯えて、彼は走り、倒れ、そして無意識に自分自身を叩きます。

ボブは助けを得るためにフレッドのガソリンスタンドに戻ります。夜が明けると、彼はフレッドを見つけます。フレッドは息子のジュピターについて彼に話します。子供の頃、ジュピターは家族の家畜を殺し、後に実の姉を殺害しました。フレッドは鉄棒でジュピターを殴り倒し、彼を砂漠に残して放置しました。。しかし、ジュピターは生き残り、ママとして知られている堕落したアルコール依存症の売春婦と子供をもうけました。一緒に、彼らにはマーズ、プルート、マーキュリーの3人の息子と、虐待された娘のルビーがいました。「パパジュピター」が率いる家族は、旅行者を食い物にし、物資を盗むことで生き残りました。パパジュピターは突然窓から突撃し、鉄棒でフレッドを殺し、ボブを連れて行き、彼を十字架に打ち付けました。

ブレンダはボビーを見つけ、ビューティの話に動揺し、2人はトレーラーに戻ります。ボビーは、家族の他の人を怖がらせることを避けるために、ビューティの死について言及しませんでした。プルートはトレーラーに忍び込み、パパジュピターに気を散らすものとしてボブに火をつけるように合図します。エセル、リン、ダグ、ボビーがボブを救うために急いでいる間、ブレンダはケイティと一緒にトレーラーにとどまります。カーター一家は火を消しますが、ボブはすぐに死にます。

カーター一家が火を消すと、プルートとマーズはキャンピングカーを略奪し、マーズはブレンダをレイプします。エセルとリンが戻ってきたとき、マーズは両方を撃ちます。プルートはケイティを誘拐し、兄弟たちは家族が彼女を食べることを意図して逃げます。彼らの悲鳴を聞いて、ダグとボビーは急いで戻ってきて、リンが死んでいるのを見つけました。エセルは致命傷を負い、ブレンダはトラウマを負いました。

マーズとプルートは彼らの家、洞窟に戻ります。ビーストはマーキュリーを丘の頂上から押しのけて殺害しました。ママは洞窟の外でルビーを鎖でつなぎ、彼女を苦しめ、カーターに同情するための罰として彼女に美を食べるように強制します。翌朝、エセルが死んだ直後、ダグはケイティを見つけるために出発し、パパジュピターとプルートは残りの家族を殺すために出発しました。

ビーストはプルートに襲いかかり、足首を引き裂いた後、喉を引き裂きます。ブレンダとボビーは、エセルの死体を罠としてパパジュピターを殺すために使用します。ダグは洞窟に着き、そこでルビーがママをノックアウトしてケイティを運び去るのを見る。ダグはルビーに追いつきますが、マーズはダグを追いかけて攻撃します。マーズが優位に立つが、ルビーは干渉し、ダグが彼を圧倒することを可能にする。ダグはマーズを野蛮に刺し、泣きじゃくるルビーをよそに死んだ後もずっと刺し続けます。

サランドラ スタッフ

監督:ウェス・クレイヴン
脚本:ウェス・クレイヴン
製作:ピーター・ロック
音楽:ドン・ピーク
撮影:エリック・サーリネン
編集:ウェス・クレイヴン
配給:東宝東和

サランドラ キャスト

カーター家
ビッグ・ボブ・カーター:ラス・グリーヴ
ボビー・カーター:ロバート・ヒューストン
ブレンダ・カーター:スーザン・ラニアー
エセル・カーター:ヴァージニア・ヴィンセント
ダグ・ウッド:マーティン・スピア
リン・ウッド:ディー・ウォレス
ベイビー・ケイティ・ウッド:ブレンダ・マリノフ

ジュピター家
パパ・ジュピター:ジェームズ・ホイットワース
マーズ:ランス・ゴードン
マーキュリー:ピーター・ロック
プルート:マイケル・ベリーマン
ママ:コーディ・クラーク
ルビー:ヤヌス・ブライス
フレッド(ジュピターの父):ジョン・ステッドマン

サランドラ 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

ヒルズ・ハブ・アイズ(サランドラ)シリーズ

サランドラ|あらすじ、キャスト、予告編・無料動画
1977年公開のアメリカ合衆国の映画。日本では1984年に公開された。かつて核実験場だった土地にやって来た旅行者達が、奇形の殺人鬼達(ソニー・ビーンとその一家をモデルにしている)に襲われる様を描いたホラー映画。監督・脚本・編集は『エルム街の悪夢』、『スクリーム』のウェス・クレイヴン、特殊メイクは『ヘルナイト』、『デビルズ・ゾーン』のケン・ホーンが担当。邦題の『サランドラ』は四大精霊の「サラマンダー(サラマンドラ)」をもじったものであるが映画本編の内容とは全く関係ない。2006年にはリメイクの『ヒルズ・ハブ・アイズ』が公開された。 サランドラ 映画批評・備忘録 サランドラ(原題:The ...
ヒルズ・ハブ・アイズ|あらすじ、キャスト、予告編・無料動画
2006年公開のアメリカ合衆国の映画。「エルム街の悪夢」「スクリーム」のウェス・クレイヴンが発表した1977年のホラー映画『サランドラ』のリメイクで、『ハイテンション』を世界的にヒットさせたアレクサンドル・アジャ監督のハリウッド・デビュー作でもある。当初はオリジナルと同じロケ地で撮影する予定であったが、すでに分譲住宅開発地区となっていたため断念、撮影は最終的にモロッコで行なわれた。 ヒルズ・ハブ・アイズ 映画批評・備忘録 ヒルズ・ハブ・アイズ(原題:The Hills Have Eyes)脚本:33点演技・演出:16点撮影・美術:17点編集:8点音響・音楽:8点合計82点 スプラッタ...
ヒルズ・ハブ・アイズ2|あらすじ、キャスト、予告編・無料動画
2007年公開のアメリカ合衆国の映画。恐怖と戦慄を巻き起こしたサバイバル・スリラー『ヒルズ・ハブ・アイズ』第2弾!軍隊vs食人一族!!今度は戦争だ!前作の全米での大ヒットによって制作された続編。監督はミュージック・ビデオやCFで活躍するドイツ人のマーティン・ワイズ。脚本はオリジナルの監督であるウェス・クレイヴンとその息子ジョナサン・クレイヴンが担当。しかし興行、評価の両面で物足りない結果に終わった。 ヒルズ・ハブ・アイズ2 映画批評・備忘録 ヒルズ・ハブ・アイズ2(原題:The Hills Have Eyes 2)脚本:27点演技・演出:13点撮影・美術:14点編集:8点音響・音楽:6...