スポンサーリンク

ロストボーイ:ニューブラッド|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

ロストボーイ:ニューブラッドロストボーイ:ニューブラッド
この記事は約6分で読めます。

2008年公開のアメリカ合衆国の映画。半吸血鬼にされてしまった妹を救うため、その兄が助っ人の吸血鬼ハンターと共にヴァンパイア退治に挑む、1987年製作のアクション・ホラー『ロストボーイ』の続編。

ロストボーイ:ニューブラッド 映画批評・備忘録


ロストボーイ:ニューブラッド(原題:Lost Boys : The Tribe)

脚本:20点
演技・演出:12点
撮影・美術:13点
編集:7点
音響・音楽:7点
合計59点

正式な前作ロストボーイの続編になり、前作出演者であるコリー・フェルドマン、コリー・ハイムも登場する。コリー・ハイムはこの作品に出演した2年後の2010年に肺炎のため亡くなっている。

ロストボーイ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
1987年のアメリカ合衆国の映画作品。ジョエル・シュマッカー監督のこの映画の興行収入成績は、3200万ドルと、当時のR指定ホラー映画としては大きな金額を売り上げ、サターンホラー映画賞を受賞した。ジェイソン・パトリック、キーファー・サザーランド、コリー・ハイム、コリー・フェルドマンらが出演! ロストボーイ 映画批評・備忘録 ロストボーイ(原題: The Lost Boys) 脚本:30点 演技・演出:15点 撮影・美術:17点 編集:7点 音響・音楽:6点 合計75点 若手俳優の演出に長けるジョエル・シューマッカー監督作。 古典的な吸血鬼映画を斬新な現代風の脚本に...

監督は、フロム・ダスク・ティル・ドーン3を監督したP・J・ピースで、ジョージ・A・ロメロやロバート・ロドリゲスの作品でお馴染みのトム・サヴィーニが映画冒頭に登場している。そこでトム・サヴィーニが特殊メイクを担当したゾンビのオマージュが見られる。掴みはOK!これは面白くなりそうだと期待に胸が弾む….

フロム・ダスク・ティル・ドーン3|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2000年製作のアメリカ合衆国の映画。『フロム・ダスク・ティル・ドーン』、『フロム・ダスク・ティル・ドーン2』に続く、バンパイアの女王“地獄のサンタニコ”の誕生を軸に描いた、傑作B級バンパイア・ホラーのシリーズ3作目。 フロム・ダスク・ティル・ドーン3 映画批評・備忘録 フロム・ダスク・ティル・ドーン3(原題:From Dusk Till Dawn 3: The Hangman's Daughter) 脚本:28点 演技・演出:14点 撮影・美術:14点 編集:6点 音響・音楽:6点 合計68点 1作目には及ばないが、2作目よりは楽しめる3作目。1,2作目と異なり...

映像も綺麗だし、美人のお姉さん達の裸とエロシーンも多く、エロとグロを前面に打ち出して、それなりに盛り上がるものの、パーティーピーポーなヴァンパイアが弱すぎで、恐怖感がほぼ感じられず、コリー・フェルドマンの渋い声と童顔のミスマッチさで緊張感も保てない。

ピラニア3Dも同じようにエログロなんだけど、振り切れ方が断然良かった。今作は序盤以降がテンションが下がりまくりだった。

ピラニア3D|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2010年公開のアメリカ合衆国の映画。1978年のアメリカ映画『ピラニア』のリメイクであり、アレクサンドル・アジャが監督した。本作はポストプロダクション時に3D変換され、3D映画として公開された。 ピラニア3D 映画批評・備忘録 ピラニア3D(原題:Piranha 3D) 脚本:35点 演技・演出:17点 撮影・美術:17点 編集:10点 音響・音楽:9点 合計88点 オリジナルを超えたリメイク作品。 恐怖もエロさも会心の出来栄え! 冒頭にジョーズのリチャード・ドレイファスが登場し、早々に退場するわけですが、スタッフからの熱い要望に応える形で出演したよ...

ロストボーイ:ニューブラッド あらすじ(ネタバレ)

元サーフィンのプロであるクリス・エマーソンと妹のニコールは、両親の死後、カリフォルニア州ルナベイに引っ越し、叔母のジリアンが所有する家に住んでいます。クリスは仕事を得ることを期待して、町のサーフボードシェイパーであるエドガー・フロッグの家に彼の住所を残します。クリスは彼らの新しい家で元プロサーファーのシェーン・パワーズから近づき、彼はその夜のパーティーに彼を招待します。

クリスとニコールはパーティーに行き、シェーンと彼の友人のカイル、エリック、ジョンは人間のゲストを楽しませています。クリスはリサという名前の女の子とシャワーを浴び、シェーンはニコールを一人にして、少しの間彼女と対話し、そして彼女をだまして彼の血を飲ませます。クリスはニコールがシェーンと一緒にいたことを知ると、怒って、そして保護的に彼女を家に連れて行き、そこで彼女は吸血鬼の強さと怒りを示し始めます。しかし、ニコールがクリスを殺すことができる前に、彼女は彼が吸血鬼ハンターであることを明らかにするエドガーによってノックアウトされ、ニコールは吸血鬼に感染しています。クリスはエドガーを家から投げ出します。それから、リサは現れて、クリスと少しいちゃいちゃするふりをしてから、彼女は最終的に彼を誘惑して食べさせようとします。彼女をかわす際に、彼は誤って彼女を枝角の取り付けられたラックに押し付け、彼女が石に変わって爆発したときに彼女を殺しました。

ついに状況を確信し、エドガーが言ったことを思い出し、彼が正しいと信じて、クリスはエドガーの助けを求めます。エドガーは、ニコールは半分の吸血鬼に過ぎず、餌を与えない限りそのままであり、その前に頭の吸血鬼を殺せば、彼女は再び人間に変わることができると説明しています。クリスは、求愛している素敵な男であるエヴァン・モンローを餌にする直前に彼女を邪魔し、彼女に何が起こっているのかを説明します。ニコールは、彼女がほとんど何をしたかに驚いています(彼女は自分が菜食主義者であると信じているため)。しかし、シェーンは彼女を彼らの隠れ家に引き寄せ、彼らはセックスをします。

吸血鬼に名前のない兄弟を失ったクリスとエドガーは、彼らの隠れ家の場所を学ぶために、クリスが吸血鬼の部族に「参加」することを計画します。彼はシェーンの血を飲み、吸血鬼の特徴を発達させ始めますが、部族(シェーンとニコールを除く)が女の子のグループを食べたとき、彼は拒否し、ジョンを護身術で刺して殺します。エドガーは彼に加わり、彼らは隠れ家に行き、エリックとカイルを殺します。クリスは大きなドリルでエリックを突き刺し、エドガーは聖なる水風船で頭を爆発させてカイルを殺します。

その間、シェーンはニコールに、彼らが彼女のために縛り、吐き気を催したエヴァンを殺すように勧めるが、彼女は拒否する。クリスの助けを借りて、彼女はシェーンに賭け金を課します。シェーンがニコールを彼と一緒にステークに引き込もうとするのと同じように、クリスは剣を持って現れ、それで彼の頭を下げ、両方を通常の状態に戻します。彼らは彼のサービスに対して彼らに請求することを約束するエドガーに感謝し、エヴァンはニコールに日付を尋ねる機会を利用します。家では、彼らは彼らが麻薬をやっていると信じている彼らの叔母に直面し、そしてゼロトレランスを約束します。

ミッドクレジットシーンで、エドガーは現在吸血鬼であるサム・エマーソンに遭遇します。クレジットが再開されると、彼らはいくつかの対話を交換し、お互いに要求します。

もう一つのエンディング
ある別の結末では、吸血鬼狩りの後、サム・エマーソン(吸血鬼ではない)がドアをノックしたとき、エドガーは片付けをしている。サムは彼の兄弟アランがスコアを解決するために来ていることを彼に警告します。エドガーはサムの助けを受け入れることに消極的ですが、サムは彼がそれを必要としていると主張します。シーンは、吸血鬼のアランと女性の仲間がエドガーと対峙するために乱暴に運転することで終わります。
別の代替エンディングは、最初のエンディングのわずかに拡張されたバージョンですが、サムは黒いサングラスをかけ、首にエドガーのバイトマークを示しています。

ロストボーイ:ニューブラッド スタッフ

監督:P・J・ピース
製作総指揮:メアリー・ヴィオラ,アリソン・セメンザ,リック・ベナーター
脚本:ハンス・ロディオノフ
音楽:ネイサン・バー

ロストボーイ:ニューブラッド キャスト

タッド・ヒルゲンブリンク
アンガス・サザーランド
オータム・リーザー
コリー・フェルドマン
コリー・ハイム
ジェイミソン・ニューランダー
ガブリエル・ローズ
トム・サヴィーニ
モネカ・デレイン
ダリル・シャトルワース
ショーン・サイポス
サラ・スミス
グレイストン・ホルト

ロストボーイ:ニューブラッド 予告編