ヒューマンドラマ

ヒューマンドラマ

博士の愛した数式|記憶を80分しか維持出来ない数学博士と若い家政婦母子の心の交流を描いたヒューマン・ドラマ。

博士の愛した数式は、2006年公開の日本映画。「阿弥陀堂だより」「雨あがる」の小泉堯史監督、寺尾聰主演で小川洋子の同名小説を映画化。「私」の視点で描かれた原作に対し、映画では中学校の数学教師になった29歳のルート(原作に準ずれば教員生活7年目)が、クラスでの最初の授業で博士との思い出を語るというものになっている。また、原作では深く描かれなかった博士と未亡人の関係についても触れている(2人が不義の関係にあったことをうかがわせる)などの違いはあるが、原作をほぼ忠実に映画化している。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

次郎物語|幼いときに里子を経験した少年の成長を、家族との交流を軸に描く。

次郎物語は、1987年公開の日本映画。親と子の心のふれあいを描いた古典的名作の映画化。幼いときに里子を経験した少年の成長を、家族との交流を軸に描く。原作は下村湖人の同名小説、脚本は「白い野望」の井手雅人、監督は「きみが輝くとき」の森川時久、撮影は「親鸞 白い道」の山崎善弘がそれぞれ担当。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

オズランド 笑顔の魔法おしえます。|突然配属されたのは、ド田舎の遊園地。不満だらけの毎日を変えたのは、”魔法使い”のような上司との出会い

オズランド 笑顔の魔法おしえます。は、2018年公開の日本映画。「海猿」の原案などで知られる小森陽一の小説「オズの世界」を実写映画化。就職が決まったものの田舎の遊園地に配属されてしまった新入社員が、上司や個性的な従業員たちの中で経験を積んでいく。主人公をNHKの連続テレビ小説「あさが来た」などの波瑠、彼女の上司を『MOZU』シリーズなどの西島秀俊が演じる。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

秋刀魚の味|老いと孤独という深刻なテーマを喜劇的に描いた、小津安二郎の遺作。

秋刀魚の味は、1962年公開の日本映画。娘の縁談がまとまり娘が嫁ぐ日、父は孤独な後ろ姿を見せるのだった。老いと孤独という深刻なテーマを喜劇的に描いた、偉大なる映像作家・小津安二郎の遺作。これまでに小津安二郎が一貫して描いてきた、妻に先立たれた初老の父親と婚期を迎えた娘との関わりが、娘を嫁がせた父親の「老い」と「孤独」というテーマと共に描かれている。また、笠智衆演じる父親と中村伸郎、北竜二演じる友人たちとの応酬が喜劇味を加えている。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜|リリー・フランキーが、亡き母への思いをつづった自伝的ベストセラー小説を映画化。

東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜は、2007年公開の日本映画。リリー・フランキーが、亡き母への思いをつづった自伝的ベストセラー小説を映画化。主人公のボクをオダギリジョー、母=オカンを樹木希林、若き日のオカンを内田也哉子が演じて話題となった、母と子の絆を描く感動作。 東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜 映画批評・評価・考察 東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜(英題:Tokyo Tower: Mom and Me and Sometimes Dad)脚本:34点演技・演出:18点撮影・美術:17点編集:7点音響・音楽:7点合計83点 リリー・フランキー原作の同名ベス...
ヒューマンドラマ

東京物語|上京した年老いた両親とその家族たちの姿を通して、家族の絆、親と子、老いと死、人間の一生、それらを冷徹な視線で描く。

東京物語は、1953年公開の日本映画。上京した年老いた両親とその家族たちの姿を通して、家族の絆、親と子、老いと死、人間の一生、それらを冷徹な視線で描いた作品である。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

かもめ食堂|個性的な面々がフィンランドのヘルシンキを舞台に、ゆったりと交流を繰り広げていく様子を描く。

かもめ食堂は、2006年公開の日本映画。フィンランドの首都ヘルシンキの街角でオープンした小さな食堂を舞台に、3人の日本人女性が繰り広げる穏やかな日常を綴ったドラマ。監督は、「バーバー吉野」の荻上直子。出演は小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ。「過去のない男」のマルック・ペルトラが共演。キャッチコピーは「ハラゴシラエして歩くのだ」。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

幸福のスイッチ|田舎の電器屋で繰り広げられる、頑固オヤジと三人姉妹の心温まる物語。

幸福のスイッチ(しあわせのスイッチ)は、2006年公開の日本映画。田舎へ帰省して家業の電気店を手伝う次女と、職人気質のガンコ親父の葛藤を中心とした家族ドラマ。家族の絆はプラスとマイナス。くっ付いたり、離れたり。お客様第一!で儲けは二の次の電気屋の父と、そんな生き方が理解できなくて反発する娘。和歌山県田辺市を舞台に、ガンコ親父と三人姉妹の家族愛を明るく優しく、じんわり暖かく描く。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

キネマの神様|これは“映画の神様”を信じ続けた男とその家族に起きる奇跡の物語ー。

キネマの神様は、2021年公開の日本映画。名匠・山田洋次監督が、映画に青春をささげた男の人生、愛と友情、そして家族を現在と過去を交錯させながら描くヒューマンドラマ。田研二が、撮影中に亡くなった志村けんの遺志を継いで主人公ゴウを熱演。菅田将暉が若き日のゴウを演じるほか、豪華共演者も話題となった。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

風に立つライオン|遥か遠いケニアの大地─ 愛する人たちへ捧ぐ「命の讃歌」

風に立つライオンは、2015年公開の日本映画。アフリカ・ケニアでの巡回医療に従事した日本人医師をモデルに歌手さだまさしが1987年に発表した歌をもとに2013年さだ自身が小説化した『風に立つライオン』を、「藁の楯」「十三人の刺客」の三池崇史を監督に迎え映画化。雄大なケニアの地に日本から赴任した医師が心に深い傷を抱える元少年兵と向き合う姿を描いた人間ドラマ。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

キネマの天地|戦前の松竹映画を支えた蒲田撮影所から、ひとりの少女がスターとしてはばたいていく……

キネマの天地は、1986年公開の日本映画。松竹が撮影所を大船に移転する直前の昭和8、9年の蒲田撮影所を舞台に、映画作りに情熱を燃やす人々の人生を描く。脚本は井上ひさし、山田太一、朝間義隆、山田洋次が共同執筆。浅草の映画館の売り子からスター女優になる主役の「田中小春」役を藤谷美和子が降板したため、役モデルと同様に新人の有森也実が抜擢されて話題になった。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

おくりびと|納棺師─ それは、悲しいはずのお別れを、 やさしい愛情で満たしてくれるひと。

おくりびとは、2008年公開の日本映画。死者の遺体を棺に納める【納棺師】の職に就いた男が、仕事を通じ、様々な死に向き合いそこに息づく愛の姿と向き合う姿を描いたヒューマン・ドラマ。第32回モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞するなど、世界的にも高い評価を得る。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

西の魔女が死んだ|西の魔女からの秘密のメッセージとは?<驚きと愛>に包まれたラストに涙が止まらない!

西の魔女が死んだは、2008年公開の日本映画。第44回小学館文学賞など数々の賞に輝いた梨本花歩のベストセラー小説を映画化。おばあちゃんと少女の、愛と驚きに満ちたかけがえのない時間を描いたヒューマンドラマ。祖母を演じるのは名女優シャーリー・マクレーンの実娘サチ・パーカー。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

蜜蜂と遠雷|2017年に直木賞と本屋大賞を史上初ダブル受賞した恩田陸による同名小説を映画化。ピアノコンクールに集う若き天才たちを描く。

蜜蜂と遠雷(みつばちとえんらい)は、2019年公開の日本映画。2017年に直木賞と本屋大賞を史上初ダブル受賞した恩田陸による同名小説を映画化。近年高い注目を浴びる芳ヶ江国際ピアノコンクールに集う若き天才たち。元神童の亜夜、不屈の努力家・明石、本命視されるマサル、そして異端児・風間塵らの戦いが始まる。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

悪は存在しない|東京に近い自然豊かな町を舞台に、アウトドア施設の建設を巡る地元住民の葛藤を描く。

悪は存在しないは、2023年公開の日本映画。東京に近い自然豊かな町を舞台に、アウトドア施設の建設を巡る地元住民の葛藤を描く。第80回ベネチア国際映画祭で銀獅子賞(審査員大賞)を受賞。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

舟を編む|辞書づくりに取り組む人々を、ユーモアを交えて描く心温まる感動のドラマ

舟を編むは、2013年公開の日本映画。2012年本屋大賞で大賞を獲得し、2012年文芸・小説部門で最も販売された三浦しをんの『舟を編む』(光文社・刊)。言葉の海を渡る舟ともいうべき存在の辞書を編集する人々の、言葉と人に対する愛情や挑戦を描いた感動作を、「剥き出しにっぽん」で第29回ぴあフィルムフェスティバルグランプリを受賞、「川の底からこんにちは」が第60回ベルリン国際映画祭フォーラム部門に招待されるなど国内外から評価される石井裕也監督が映画化。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

志乃ちゃんは自分の名前が言えない|人気漫画家・押見修造が自身の体験をベースに描いた人気同名コミックを映画化。

志乃ちゃんは自分の名前が言えないは、2018年公開の日本映画。全世代が感動、共鳴した押見修造・人気コミック待望の映画化! 気鋭監督・湯浅弘章×脚本・足立紳(『百円の恋』)が瑞々しく繊細に描く。物語の舞台となる90年代の音楽シーンをリードした、ザ・ブルーハーツ、ミッシェル・ガン・エレファントなどの楽曲も登場、物語をエモーショナルに彩る。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

クライマーズ・ハイ|1985年の日航機墜落事故を背景に、特ダネをものにしようと奔走する地方紙の記者たちの苦闘を描く。

クライマーズ・ハイは、2008年公開の日本映画。地方の新聞社を舞台に、大事件(日航機墜落事故)が起こって興奮状態に陥った人々の姿を生々しく描いた群像ドラマ。原作は、元新聞記者として自身の体験も踏まえて書いた横山秀夫のベストセラー小説。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

起終点駅 ターミナル|果ての街で出会った心を閉ざした二人が孤独を分かち合い、新たな一歩を踏み出す人間ドラマ

起終点駅 ターミナルは、2015年公開の日本映画。果ての街・釧路で人生の終わりへと向かっていたはずの男と女が出会い、孤独を分かち合い、そして再びそれぞれの人生の一歩を歩きはじめる感動の物語。佐藤浩市演じる主人公は、司法では罰せられない罪、誰にも裁いてもらうことのできない罪を抱えて生きる弁護士の鷲田完治。その鷲田と出会い、救われ、新たな人生に希望を見出していくヒロイン・椎名敦子役に本田翼が扮する。ほかに尾野真千子、中村獅童、和田正人、音尾琢真、泉谷しげるなどが出演する。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ|雄大な北アルプスを背景に、人生の節目に直面し、これからの生き方を模索する夫とその妻、家族の物語。

RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへは、2011年公開の日本映画。島根県出雲の大自然を走る日本最古級電車・一畑電車を舞台に描いたヒット作『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』に続く、人生を鉄道になぞらえて描く感動シリーズ第2弾!富山県富山地方鉄道の運転士と妻のドラマを描く。監督は、前作でチーフ助監督を務め、本作が監督デビューとなる蔵方政俊。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

ツレがうつになりまして。|夫がうつ病になったことをきっかけに、これまでの自分たちの姿を見つめ直し、共に成長していく夫婦のきずなを描いた感動のラブストーリー

ツレがうつになりまして。は、2011年公開の日本映画。夫がうつ病になったことをきっかけに、これまでの自分たちを見つめ直し、成長していく夫婦の姿を描いた細川貂々の同名コミックエッセイを映画化。キャッチコピーは「ガンバらないぞ!」「すこやかなる時も、病める時も、君と一緒にいたい。」映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

続・深夜食堂|映画版「深夜食堂」の続編。「めしや」を舞台に、個性豊かな客たちが織り成す悲喜こもごもを描く。

続・深夜食堂は、2016年公開の日本映画。安倍夜郎の人気コミックを小林薫主演で描いたテレビドラマの映画版「深夜食堂」の続編。路地裏にたたずむ深夜営業の小さな食堂「めしや」を舞台に、個性豊かな客たちが織り成す悲喜こもごもを描く。松重豊、オダギリジョーらドラマ版からのキャストに加え、佐藤浩市、池松壮亮らがゲスト出演。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

深夜食堂|深夜しか営業しない小さな食堂で織りなされる人間模様を描いて好評を博したテレビドラマ「深夜食堂」シリーズの劇場版。

深夜食堂は、2015年公開の日本映画。安倍夜郎の人気コミックを原作に、深夜しか営業しない小さな食堂で織りなされる人間模様を描いて好評を博したテレビドラマ「深夜食堂」シリーズの劇場版。テレビドラマ版に続いて主人公の寡黙なマスターを演じる小林薫をはじめ、多部未華子、オダギリジョー、高岡早紀ら実力派キャストがそろう。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

パーフェクト・デイズ|公共トイレ清掃員・平山の日々の小さな揺らぎを丁寧に紡いだ物語

パーフェクト・デイズは、2023年公開は、日本・ドイツ合作映画。東京の下町のアパートに1人で住む清掃員が、早朝に起きて仕事に行き、帰宅して寝るまでの日々とその中の小さな出会いを、ルー・リードやオーティス・レディングらのロックの楽曲に乗せて淡々と描く。2023年・第76回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品。役所広司が男優賞受賞。また、エキュメニカル審査員賞も同時受賞。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

怪物|大きな湖のある町を舞台に、無邪気な子供たちの間に起きた日常の喧嘩が、大人たちを巻き込んで大事件へ発展していく。

怪物は、2023年公開の日本映画。「万引き家族」でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した是枝裕和監督が、映画「花束みたいな恋をした」やテレビドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」などで人気の脚本家・坂元裕二によるオリジナル脚本で描くヒューマンドラマ。「怪物」とは何か、登場人物それぞれの視線を通した「怪物」探しの果てに訪れる結末を、是枝裕和×坂元裕二×坂本龍一という日本を代表するクリエイターのコラボレーションで描く。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

優駿 ORACIÓN|一頭のサラブレッドをめぐる牧場主や馬主、調教師、厩務員、騎手などさまざまな人々の生き様を描く

優駿 ORACIÓNは、1988年公開の日本映画。一頭のサラブレッドをめぐる牧場主や馬主、調教師、厩務員、騎手などさまざまな人人の生き様を描く。宮本輝原作の同名小説の映画化で、脚本はTV「ここの岸より」の池端俊策が執筆。監督はこれが第一作となるTV「北の国から」の杉田成道、撮影は「密約 外務省機密漏洩事件」の斎藤孝雄がそれぞれ担当。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

湯を沸かすほどの熱い愛|死にゆく母の熱い思いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語!

湯を沸かすほどの熱い愛は、2016年公開の日本映画。自主映画「チチを撮りに」の中野量太監督による商業用長編デビュー作。『紙の月』などの宮沢りえと、『愛を積むひと』などの杉咲花が母娘を演じ、余命宣告を受けた主人公の奮闘に迫る家族ドラマ。父が出奔し、休業している銭湯・幸の湯。母・双葉はパートをして娘を育てていたが、突然、余命わずかと宣告される。すると双葉は“ぜったいにやっておくべきこと”を決め、実行していく。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

ちょっと今から仕事やめてくる|働く人であれば必ず共感でき、最後には清々しい気持ちなれる。すべての働く人たちに贈る、感動の物語!

ちょっと今から仕事やめてくるは、2017年公開の日本映画。北川恵海のベストセラー小説を「ソロモンの偽証」の成島出監督が映画化。ブラック企業で働く青山の前に突然現れた謎の男・ヤマモト。幼なじみを名乗る男は一体何者なのか?その真実が明らかとなるラストに、きっと誰もが涙する!監督は『八日目の蝉』で日本アカデミー賞最優秀監督賞受賞の成島出。号泣必至のエンディングに流れる主題歌はコブクロが担当!映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

ひまわりと子犬の7日間|命の期限は7日間。ぼくたちは奇跡を起こす。ただ、愛の力だけで――

ひまわりと子犬の7日間は、2013年公開の日本映画。保健所に連れてこられた母犬と子犬たちの命を守ろうとする職員の必死の奮闘を描いた感動作。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ヒューマンドラマ

万引き家族|実際にあった、親の死亡届を出さずに年金を不正に貰い続けていたある家族の事件から着想を得て構想10年近くをかけて作った作品

万引き家族は、2018年公開の日本映画。実際にあった、親の死亡届を出さずに年金を不正に貰い続けていたある家族の事件から着想を得て構想10年近くをかけて作った作品である。東京の下町で、犯罪で生計を立てている貧しい一家。ある日、父・治と息子・祥太は万引きの帰り道、凍えている幼い女の子を見つけ、連れて帰る。体じゅうの傷から境遇を察した妻・信代は、家族として受け入れる。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。