ユニバーサル・ソルジャー:リジェネレーション 69点

ユニバーサル・ソルジャー:リジェネレーション
この記事は約3分で読めます。

2009年公開のアメリカ合衆国の映画。『ユニバーサル・ソルジャー』シリーズの3作目であり、ジャン=クロード・ヴァン・ダムとドルフ・ラングレンが1作目以来再び共演した作品。 低予算のビデオ映画であるものの劇場公開されている。前作『ユニバーサル・ソルジャー/ザ・リターン』はストーリーの時系列から外されたため、ストーリーは繋がっていない。本作が1作目の正当な続編となっている。

1作目では「ユニバーサル・ソルジャー」とは死体を蘇生させた兵士たちであったが、今作では1作目で再生不能なくらいに粉々にされたスコットが登場する事などから、クローン技術によって作られた兵士も含まれることが示唆されている。

ユニバーサル・ソルジャー:リジェネレーション 映画批評・備忘録

ユニバーサル・ソルジャー:リジェネレーション(原題:Universal Soldier: Regeneration)

脚本:24点
演技・演出:14点
撮影・美術:16点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計69点

監督は高名な映画監督ピーター・ハイアムズの息子であるジョン・ハイアムズで、今作では撮影監督でピーター・ハイアムズが息子の晴れ舞台に参加しています。撮影地がブルガリアで900万ドルという低予算ながら出演者が豪華なのはこの2人だからこそということもあると思います。UFCヘビー級王者のアンドレイ・アルロフスキーが出演したことも話題になりました。ジョン・ハイアムズはUFC関連のドキュメンタリー作品で評価の高い作品を作っていましたのでこういったキャスティングができたのだと思います。
エンターテイメントとしては、微妙な今作品ですが、格闘アクション映画としては評価を高く受けています。劇中の6割~7割が戦闘シーンでカメラワークが素晴らしく臨場感が味わえます。



amazonプライム・ビデオ

ユニバーサル・ソルジャー:リジェネレーション あらすじ


チェチェン民族主義のテロリスト集団がロシア首相の息子を誘拐し、原子力発電所を占拠。一味は最先端の兵士再生プログラム“NGU”によって誕生したスーパー・ソルジャーを擁していた。彼らに対するのは兵士再生プログラムの最強兵士・リュック。しかし彼の行く手に、NGUの最強ソルジャー(アンドレイ・“ザ・ピットブル”・アルロフスキー)、リュックの前に冷凍冬眠から目覚めた、かつての宿敵・スコットが立ちはだかる。

ユニバーサル・ソルジャー:リジェネレーション スタッフ


監督:ジョン・ハイアムズ
脚本:ヴィクター・オストロフスキー
製作:ピーター・ハイアムズ,クレイグ・ボームガーテン,モシュ・ディアマント
製作総指揮:マーク・ダモン,コートニー・ソロモン
撮影:ピーター・ハイアムズ
編集:ジョン・ハイアムズ
配給:SPE

ユニバーサル・ソルジャー:リジェネレーション キャスト


ジャン=クロード・ヴァン・ダム
ドルフ・ラングレン
アンドレイ・アルロフスキー
ザハリー・バハロフ
マイク・パイル
エミリー・ジョイス
コーリイ・ジョンソン
ギャリー・クーパー
アキ・アヴ二
ケリー・シェイル
クリストファー・ヴァン・ヴァレンバーグ

ユニバーサル・ソルジャー:リジェネレーション 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ