スポンサーリンク

暴走特急|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

暴走特急
この記事は約6分で読めます。

1995年公開のアメリカ合衆国の映画。『沈黙の戦艦』の正式な続編。ケイシー・ライバックが主人公の2作品目。豪華列車を乗っ取り、世界を震撼させる陰謀を巡らすハイテク・テロ集団と戦うタフガイの活躍を描いたノンストップ・アクション。

暴走特急 映画批評・備忘録


暴走特急(原題:Under Siege 2: Dark Territory)

脚本:35点
演技・演出:17点
撮影・美術:16点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計83点

前作の沈黙の戦艦も面白かったんですが、今作のスピード感は快速そのもの。

沈黙の戦艦|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
1992年公開のアメリカ合衆国の映画。海洋版「ダイ・ハード」と呼ばれ、大ヒットしたサスペンス・アクション。邦題『沈黙の戦艦』は、当時ヒットしていた日本の漫画『沈黙の艦隊』に倣ったものである。原題の『Under Siege』は日本語に訳するなら“戒厳令下”の意。本作以降セガールの主演作のほとんどに『沈黙の~』の邦題が付く事となり、各映画の公開時や映像ソフト発売時に「沈黙シリーズ最新作」と謳われるまでになっていった。なお、日本で本作の続編と謳われた『沈黙の要塞』(原題は『On Deadly Ground』)とは全く無関係の作品で、本作と一部のキャストが共通する正式な続編は『暴走特急(原題:Unde...

この映画を最初に見たのは、アメリカの映画館だったんですが、片言の英語しか分からなくても十分楽しめた作品でした。大爆笑しながら見ている観客が多くてびっくり!

スティーブン・セガールの作品の中でも1,2を争うほど好きな映画です。

この映画の脚本は、当時大学生だったマット・リーヴス監督(クローバー・フィールド、猿の惑星・ライジング、グレートウォーetc)が友人と一緒に書いたものです。ダイ・ハードを意識していたそうです。

amazonプライム・ビデオ

暴走特急 あらすじ(ネタバレ)

アメリカ海軍からの引退後、海軍シールズ中尉ケイシー・ライバックはコロラド州デンバーに定住し、現在はマイルハイカフェというレストランを経営しており、エグゼクティブシェフも務めています。しばらくして、彼の疎遠になった兄弟、ジェームズ・ライバックは飛行機墜落事故で亡くなりました。事件のニュースを受け取ると、ケーシーはジェームズの娘サラに会い、彼は彼の葬式に出席するためにロサンゼルスに同行します。二人は、デンバーからロッキー山脈を通ってロサンゼルスに向かう列車、グランドコンチネンタルに乗ります。船上では、彼らはボビーザックスという名前のポーターと列車のシェフと友達になっています。

列車がロッキー山脈に近づくと、元米国政府のコンピューターハッカーであるトラビスデーンと彼の右腕で傭兵のリーダーであるマーカスペンが率いる武装した傭兵に乗っ取られます。デーンは、地下の標的を破壊するために設計された極秘の軍事衛星粒子兵器であるGrazer Oneを設計し、開発したメインエンジニアでした。軍は彼の精神的な不安定さのためにデーンを解雇した。デーンは後に彼の自殺を偽った。

傭兵は列車の乗客とスタッフを人質に取り、最後の2台の車に放牧します。ケーシーは傭兵を1人殺し、その後逃げます。人質の中には、デーンと一緒に働いた2人の元米国国防総省の同僚がいます。彼らがグレイザーを引き継ぐためのコードを明らかにしない限り、デーンは彼らを拷問で脅します。コードをあきらめたにもかかわらず、それらは電車から投げ出されて殺されました。イベントの過程で、ザックスはケーシーの相棒になります。

テロリストは、国防総省の下にある原子炉を標的にするためにグレイザーを使用することにより、東海岸を破壊するためにデーンに10億ドルを提供しました。デーンは、中国の化学兵器工場を破壊することにより、投資家にグレイザーを示しています。ある投資家がさらに1億ドルを提供した後、デーンは投資家の元妻を乗せた旅客機を破壊します。

列車が動き続ける限り、彼らは彼の場所を正確に特定することができないので、米国政府はデーンまたはグレイザーを見つけるのが難しいです。当局がグレイザーだと思うものを破壊すると、デーンは代わりにNSAの最高の諜報衛星が破壊されたと説明します。ただし、ケーシーは、ベイツ提督に連絡するマイルハイカフェのアシスタントマネージャーにメッセージをFAXで送信します。ベイツはしぶしぶステルス爆撃機のストライキを承認して列車を破壊した。

ザックスは、彼らが間違った軌道に乗っており、ガソリンタンク車を運ぶ南太平洋の貨物列車との衝突コースにいることを発見しました。列車はダークテリトリーにあるため、列車指令員が列車のエンジニアと連絡を取り、衝突を避けるために列車を停止することは不可能でした。ケーシーは傭兵を1人ずつ殺し、人質を含む最後の2台の車を列車の残りの部分から切り離します。一方、デーンとペンは、エリートメンバーの一部と一緒にヘリコプターで出発することにより、ほとんどの傭兵を人質と一緒に特定の死に追いやる予定です。

デーンはコンピュータースキルを使用してステルス爆撃機を見つけ、グレイザーを再ターゲットして、ミッションを完了する前にそれらをノックアウトします。その間、ペンは以前にサラを捕らえ、ケーシーの餌として彼女を使用していました。ケーシーはペンと対峙し、台所にこぼれる戦いの後で首を折る。

ケーシーはそれからデーンが電車の上に浮かんでいるチョッパーで出発しようとしているのを見つけます。デーンがケーシーにグレイザーがワシントンを破壊するのを止める方法がないことを知らせたとき、ケーシーは彼を撃ちます。弾丸はデーンのコンピューター、携帯電話を破壊し、デーンを傷つけます。衛星のペンタゴン制御が復元され、ペンタゴンに発射される数秒前にリモートコントロールによって破壊されます。

グランドコンチネンタルと貨物列車が架台で衝突します。ケーシーは爆発する列車を駆け抜け、チョッパーからぶら下がっているロープのはしごをつかみます。ケーシーの弾丸を生き延びたデーンは、はしごに追いつきます。彼はヘリコプターに乗り込もうとしましたが、ケーシーがヘリコプターのドアを手で閉めたとき、下の火の玉で死にました。ケーシー、サラ、ザックス、そして傭兵ヘリコプターのパイロット(ザックスが銃を突きつけている)を生存者として、ケーシーは人質の安全を確認します。その後、サラとケーシーはジェームズの墓で最後の敬意を表します。

暴走特急 スタッフ

監督:ジェフ・マーフィー
脚本:リチャード・ヘイテム,マット・リーヴス
製作:スティーヴン・セガール,スティーブ・ペリー,アーノン・ミルチャン
製作総指揮:ゲイリー・W・ゴールドステイン
共同製作:ジュリアス・R・ナッソー
音楽:ベイジル・ポールドゥリス
撮影:ロビー・グリーンバーグ
編集:マイケル・トロニック
製作会社:リージェンシー・エンタープライズ
配給:ワーナー・ブラザース

暴走特急 キャスト

スティーヴン・セガール
エリック・ボゴシアン
キャサリン・ハイグル
モリス・チェストナット
エヴェレット・マッギル
ニック・マンキューゾ
アンディ・ロマーノ
カートウッド・スミス
デイル・ダイ
ピーター・グリーン
ブレンダ・バーキ
パトリック・キルパトリック
スコット・ソワーズ
ブルース・マッギル

暴走特急 予告編


amazonプライム・ビデオ