スポンサーリンク

プレシディオの男たち|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

プレシディオの男たち
この記事は約6分で読めます。

1988年公開のアメリカ合衆国の映画。サンフランシスコのプレシディオ軍事基地で起きた女性憲兵殺人事件を共に捜査することになった元憲兵の刑事とその憲兵当時の上司である憲兵隊長の活躍を描く。

プレシディオの男たち 映画批評・備忘録


プレシディオの男たち(原題:The Presidio)

脚本:32点
演技・演出:16点
撮影・美術:14点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計77点

地味な映画と思いきや、激しい銃撃戦が見どころになっている映画です。アクションスターとしてショーン・コネリーここにありとも思える作品でした。『アンタッチャブル』の好演で再び脚光を浴び始めた次の作品が今作だったように思います。80年代のショーン・コネリーは007のイメージが強ぎることから、かなり苦労しているように見えました。80年代後半から90年代にかけての活躍は、出演作品のヒットぶりから見ても分かると思います。もう一人の主人公であるマーク・ハーモンは映画では鳴かず飛ばずな感じでしたが、TVドラマ『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』主演で一躍時の人になりました。また、80年代は脇役だったメグ・ライアンも90年代に入ると世代を代表するトップ女優に飛躍します。


今作品はAmazonプライムで見ました。

amazonプライム・ビデオ

プレシディオの男たち あらすじ(ネタバレ)

サンフランシスコのプレシディオ軍事基地で、侵入を調査している間に憲兵のパティ・ジーン・リンチが射殺され、逃走中に2人のサンフランシスコ警察官が殺害された。サンフランシスコの警察のジェイ・オースティン刑事が調査のために派遣された。彼は憲兵隊長のアラン・コールドウェル中佐と対立した。

数年前、オースティンとリンチは憲兵を務めていた間はパートナーであり、コールドウェルは彼らの指揮官でだった。オースティンがポール・ローレンス中佐を逮捕したとき、コールドウェルは彼を支持しなかった。その影響でオースティンは降格され、陸軍を去ることに決めた。

リンチがトカレフ9mmピストルで殺されたため、調査はローレンスに疑いを投げかけた。ローレンスはトカレフの登録所有者だが、ポーカーゲームで失ったと主張した。オースティンはまた、リンチの殺人者が使用した逃走車が、裕福で持ち株会社を所有するアーサー・ピールという民間人に登録されていたことを知った。

オースティンはトカレフについてローレンスに質問しようとしたが、コールドウェルが介入してきた。彼らは事件の管轄権を共有していることを認識し、不安を抱えたままチームを組んで調査した。コールドウェルは、リンチを殺したトカレフの弾丸がプレシディオ射撃場でローレンスのトカレフから以前に発射された弾丸と一致する場合、コールドウェルはローレンスがオースティンに降伏するように手配すると述べた。その間に、コールドウェルとオースティンは、彼の車が盗まれ、リンチが撃たれた夜のアリバイを持っていると主張するピールを訪問した。コールドウェルは、ピールのオフィスでベトナム時代の道具を見ていた。コールドウェルは、ピールが以前はCIAにいて、同時にローレンスがベトナムにいた軍事顧問だったことを知った。

オースティンはトカレフの弾道レポートを受け取り、ローレンスの銃がリンチを殺したことを確認した。オースティンはプレシディオを離れるときにローレンスを追い詰め、チャイナタウンを追いかけた。ローレンスはひき逃げで殺された。コールドウェルは、オースティンが彼らの合意を無視したことに激怒した。コールドウェルは、ベトナムでコールドウェルに仕えた友人のロス・マクルール曹長に打ち明けた。

コールドウェルとオースティンはどちらも、プレシディオの殺人者が湧き水のボトルを回収するために物置に侵入しようとしていたことをわかっていた。水道会社へのリードに続いて、オースティンは配達ドライバー、ジョージ・スポタの名前を取得した。コールドウェルは、その名前をベトナムのローレンスの下で奉仕した人物として認識していた。オースティンは、スポタの車が追跡中に??ローレンスを殴り殺したことを確認し、コールドウェルは、スポタが働いている水道会社がピールによって所有されていることを知った。オースティンとコールドウェルは、彼の配達中にスポタを追跡した。スポタはフィリピンから基地に運ばれた水筒を受け取った。

オースティンとコールドウェルは陰謀が一緒になるのを見る。スポタ、ローレンス、ピールはすべてベトナムでお互いを知っていた。スポタはフィリピンからの水筒を受け取っていたが、誤ってプレシディオの物置にその水筒を置き忘れた。置き忘れに気づいて物置に戻ったが、リンチは侵入中に彼を驚かせ、彼は彼女を撃った。

彼らがこれを理解するのと同じように、彼らはマクルーアがドライブアップするのを見る。コールドウェルは、マクルーアがアジアの米軍に接触していたため、ピールとローレンスが密輸を実行するためにマクルーアのような誰かを必要としていたことを認識していた。スポタとピールはフィリピンから来たボトルを開けると、中にダイヤモンドが現れた。マクルーアがやって来て、銃を引くことで彼らを驚かせた。ピールは、ローレンスがマクルーアを脅迫していたことを明らかにした。ピールは密輸を続けるようにマクルーアを説得しようとしたが、マクルーアはリンチの死にうんざりして悲嘆に暮れていた。彼は密輸を止めなければならないと言った、しかしそれからピールの部下によって彼の銃を奪われた。ピールがマクルーアを殺そうとしている時、コールドウェルとオースティンが突入。銃撃戦が続き、その間にピールと彼の部下は殺され、マクルーアは致命傷を負った。

コールドウェルはオースティンに警察の報告を48時間遅らせて、コールドウェルに彼の名誉を損なわずにマクルーアを埋葬する時間を与えるように依頼した。オースティンも同意した。軍の葬式で、コールドウェルはマクルーアを涙ながらに称賛した。コールドウェルは、オースティンと愛し合っている娘ドナと和解し、オースティンを家族として認めた。

プレシディオの男たち スタッフ

監督:ピーター・ハイアムズ
脚本:ラリー・ファーガソン
製作:D・コンスタンティン・コンテ
製作総指揮:ジョナサン・A・ジンバート
音楽:ブルース・ブロートン
撮影:ピーター・ハイアムズ
編集:ダイアン・アドラー,ボー・バーセル,ジェームズ・ミッチェル
製作会社:パラマウント映画
配給:パラマウント映画

プレシディオの男たち キャスト

アラン・コールドウェル中佐ショーン・コネリー
プレシディオ基地憲兵隊長。ジェイとは互いに憎み合っている。格闘に長けており、チンピラと戦いになったさいは苦も無く相手をねじ伏せた。

ジェイ・オースティンマーク・ハーモン
サンフランシスコ警察の刑事。元憲兵でコールドウェル中佐のかつての部下。

ドナ・コールドウェルメグ・ライアン
コールドウェル中佐の娘。父親とは上手く行っていない。ジェイと愛し合うようになる。

ロス・マクルーア元曹長ジャック・ウォーデン
コールドウェル中佐の戦友で親友。現在は陸軍史料館で働いている。

アーサー・ピールマーク・ブラム
ポール・ローレンス大佐ダナ・グラッドストーン
パティ・ジーン・リンチジェニット・ゴールドスタイン
ジークマーヴィン・J・マッキンタイア
ハワード・バックリードン・カルファ
マーヴィン・パウエル刑事ジョン・ディサンティ
ガーフィールド軍曹カーティス・W・シムズ
マークパトリック・キルパトリック
バイグレイブジェシー・D・ゴインズ
グロリアスーザン・セイガー
ドットソンピート・アンティコ
ゴードン大尉マイケル・フォスバーグ
ミューラー軍曹ロバート・レッサー
バーの荒くれ者リック・ズムワルト
教師ルース・デ・ソーサ
ジュリアスチャッキー・デイヴィス
警部補ボブ・ディリーガル

プレシディオの男たち 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ