1988年

1988年公開映画を紹介。

愛と憎しみのクソ映画

黒い太陽七三一 戦慄!石井七三一細菌部隊の全貌|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

黒い太陽七三一 戦慄!石井七三一細菌部隊の全貌 1988年公開の香港映画。香港映画分類システムで初のレベル3認定(18禁)された最初の作品。関東軍石井731部隊の日中戦争・太平洋戦争時の人体実験の描写が主なテーマとなっており、グロテスクなエピソードが多いが、それらの多くは森村誠一のルポ『悪魔の飽食』に紹介されているものでもある。
70点台の映画

肉体の門|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1988年公開の日本映画。田村泰次郎の小説『肉体の門』5回目の映画化。かたせ梨乃や西川峰子ら、女優たちの潔い脱ぎっぷり、裸での絡みシーンも多く、五社映画らしい女同士の争いと男女の絡みシーンが話題となった。 肉体の門 映画批評・備忘録 肉体の門脚本:31点演技・演出:15点撮影・美術:17点編集:8点音響・音楽:7点合計78点  女優たちの魂を感じる演技と五社英雄の演出と映像の凄みに呆気に取られました。 『肉体の門』原作者の田村泰次郎は従軍作家で、約5年以上中国の戦線で過ごし終戦を迎え、帰国直後に目にしたのが敵兵だった米軍に媚びを売り、体を売る女性たちの姿と多さに絶句したと思われます。...
80点台の映画

ブロブ/宇宙からの不明物体|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1988年公開のアメリカ合衆国の映画。1958年の映画『マックイーンの絶対の危機』のリメイク。アメリカの田舎町、アーバーヴィルにやってきた粘液状の生命体・ブロブと人間の戦いを描く。 ブロブ/宇宙からの不明物体 映画批評・備忘録 ブロブ/宇宙からの不明物体(原題: The Blob)脚本:34点演技・演出:17点撮影・美術:15点編集:8点音響・音楽:7点合計81点  完全にB級映画なんですが、宣伝文句のSFXは『エイリアン2』よりすごい!っていうのがそんなに間違っていないくらいおもしろいSFパニックホラー映画です。 冒頭からラストまで退屈させない展開に加えて、誰が死ぬのか分から...
洋画・年代別・興行収入ランキング

1980年代 洋画興行収入ランキング

1980年代 洋画興行収入ランキング 1980年 洋画興行収入ランキング 順位 作品名 配給収入 1位 スター・ウォーズ 帝国の逆襲 32.0億円 2位 007/ムーンレイカー 22.8億円 3位 地獄の黙示録 22.5億円 4位 クレイマー、クレイマー 16.0億円 5位 スター・トレック 11.0億円 6位 マッドマックス 10.8億円 7位 1941 8.6億円 8位 カリギュラ 6.0億円 9位 青い珊瑚礁 5.5億円 10位 バ...
邦画・年代別・興行収入ランキング

1980年代 邦画興行収入ランキング

1980年代 邦画興行収入ランキング 1980年 邦画興行収入ランキング 順位 作品名 配給収入 1位 影武者 26.8億円 2位 復活の日 23.7億円 3位 二百三高地 17.9億円 4位 ドラえもん のび太の恐竜 15.5億円 5位 戦国自衛隊 13.5億円 6位 ヤマトよ永遠に 13.5億円 7位 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 12.5億円 8位 男はつらいよ 寅次郎春の夢 12.2億円 9位 天平の甍 11.5億円 10位...
60点台の映画

ブラッド・スポーツ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1988年公開のアメリカ合衆国の映画。ジャン=クロード・ヴァン・ダム初主演作。全編の半分が格闘シーンで構成されたアクション映画。 ブラッド・スポーツ 映画批評・備忘録 ブラッド・スポーツ(原題:Bloodsport)脚本:16点演技・演出:18点撮影・美術:15点編集:7点音響・音楽:9点合計65点  初主演作にして、ヴァン・ダムファンの心を鷲掴みにした作品です。2年後に今作品より物語性のある『キックボクサー』が大ヒットし、スター街道を歩み続けるようになります。今作品の内容は格闘シーンでほぼ構成されているのでストーリーがあってないようなものですが、クライマックスを音楽が後押し、素晴ら...
50点台の映画

13日の金曜日 PART7 新しい恐怖|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1988年公開のアメリカ合衆国の映画。超能力少女が登場、ジェイソン初の苦戦を強いられるシリーズ第7弾。幼い頃父を死に追いやったティナは、父を蘇らせようと誤ってジェイソンを復活させてしまう。 13日の金曜日 PART7 新しい恐怖 映画批評・備忘録 13日の金曜日 PART7 新しい恐怖(原題:FRIDAY THE 13TH PART VII: THE NEW BLOOD) 脚本:15点 演技・演出:13点 撮影・美術:13点 編集:8点 音響・音楽:7点 合計56点 もはや13日の金曜日なのか?ジェイソンVSキャリーみたいな感じの映画になっています。ジェイソンの非...
60点台の映画

帝都物語|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1988年公開の日本映画。荒俣宏の長編小説を原作に、TNV「ウルトラマン」シリーズや実験的な作品で知られる奇才・実相寺昭雄が映画化。製作費は10億円の大作で、出演者にも勝新太郎・平幹二朗らを起用。東京グランギニョルの演劇『ガラチア帝都物語』に出演したことがきっかけで加藤役に抜擢された嶋田久作はこれが映画デビュー作であったが、その強烈なキャラクターも評判となった。 帝都物語 映画批評・備忘録 帝都物語 脚本:25点 演技・演出:12点 撮影・美術:14点 編集:5点 音響・音楽:7点 合計63点 原作も映画も圧倒的なマニアックさが魅力な作品だと思うんですが、魔人加藤...
80点台の映画

ビートルジュース|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1988年公開のティム・バートン監督によるホラーコメディ映画。アメリカでは1988年3月29日にプレミア上映されたのち、3月30日に公開され、週末興行成績で初登場から4週連続で1位になり、11週間トップ10内にとどまる大ヒットとなった。第61回(1988年度)アカデミー賞にてメイクアップ賞を受賞した。 ビートルジュース 映画批評・備忘録 ビートルジュース(原題:Beetlejuice) 脚本:33点 演技・演出:17点 撮影・美術:15点 編集:10点 音響・音楽:9点 合計84点 ティム・バートンが最高に面白い映画を撮っていた頃の作品で、彼らしいユーモアとアイデ...
70点台の映画

マニアックコップ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1988年公開のアメリカ合衆国の映画。次々と殺人を犯す警察官を主役に、彼と彼の殺人を阻止しようとする警察官の対決を描いた映画。日本では劇場未公開となっており、テレビ放映時には「地獄のマッドコップ」という邦題がつけられていた。 マニアックコップ 映画批評・備忘録 マニアックコップ(原題:MANIAC COP) 脚本:28点 演技・演出:14点 撮影・美術:13点 編集:8点 音響・音楽:7点 合計70点 B級映画ファンには、楽しいひと時を過ごせる名作です。スタッフが”マニアック”な人たちなのはもちろん、主演は、痩せててハンサムなブルース・キャンベルで吹き替えに池田秀...
90点台の映画

ミシシッピー・バーニング|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1988年公開のアメリカ合衆国の映画。巨匠アラン・パーカー監督によって、1964年に米ミシシッピ州フィラデルフィアで公民権運動家3人が殺害された事件を映画化。 ミシシッピー・バーニング 映画批評・備忘録 ミシシッピー・バーニング(原題:Mississippi Burning) 脚本:38点 演技・演出:20点 撮影・美術:20点 編集:10点 音響・音楽:10点 合計98点 オープニングから息が詰まるほどの凄惨なシーンがあり、当時の人種差別が日常的でいかに非道極まっていたかを感じずにはいられない。 テーマが重く、暗い内容でありながらもアラン・パーカーの観客を...
80点台の映画

告発の行方|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1988年公開のアメリカ合衆国の映画。アメリカで深刻な社会問題となっているレイプにスポットを当てた問題作。ピンボール台の上でレイプされるシーンを体当たりで演じたジョディ・フォスターが第61回アカデミー主演女優賞、第46回ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)を受賞した。 告発の行方 映画批評・備忘録 告発の行方(原題:The Accused) 脚本:35点 演技・演出:17点 撮影・美術:15点 編集:8点 音響・音楽:7点 合計82点 ジョディ・フォスターが主役のようで、実際はケリー・マクギリスが演じる地方検事補キャサリンが主役で、彼女がレイプされた女...
80点台の映画

木村家の人びと|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1988年公開の日本映画。バブル期の日本を舞台に、異常に金銭に執着する一家を明るいタッチで描いたコメディ映画。香港で大ヒットするなど海外でも評価の高い作品。傑作との評価もある今作はなぜかDVD化されていない。 木村家の人びと 映画批評・備忘録 木村家の人びと(英題:The Yen Family ) 脚本:38点 演技・演出:18点 撮影・美術:15点 編集:9点 音響・音楽:8点 合計88点 傑作に等しい作品にも関わらずなぜかDVD・ブルーレイ化されていないため、視聴にはオンライン配信かVHSレンタルになっている。監督は当時ピンク映画(にっかつじゃないポルノ)で話...
70点台の映画

ゼイリブ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1988年製作のアメリカ合衆国のSF映画。SF映画、ホラー映画の形をとった風刺作品であり、またアクション映画の面もあるこの作品には、1980年代の社会に蔓延した物質主義的思考に対する批判や、特権階級の者らがメディアを悪用し人々を洗脳し社会を専制的に支配していることに対する批判や警告が織り込まれている。 ゼイリブ 映画批評・備忘録 ゼイリブ(原題:They Live) 脚本:35点 演技・演出:15点 撮影・美術:12点 編集:7点 音響・音楽:7点 合計76点 映画『ゼイリブ(原題:They Live)』はジョン・カーペンターが製作のほぼすべての分野に携わっており...