スポンサーリンク

フロム・ダスク・ティル・ドーン2|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

フロム・ダスク・ティル・ドーン2
この記事は約4分で読めます。

1999年制作のアメリカ合衆国の映画。吸血鬼を題材としたホラー・アクション映画『フロム・ダスク・ティル・ドーン』の続編。アメリカではオリジナルビデオとして制作され、日本では劇場公開された。

フロム・ダスク・ティル・ドーン2 映画批評・備忘録


フロム・ダスク・ティル・ドーン2(原題:From Dusk Till Dawn 2: Texas Blood Money)

脚本:25点
演技・演出:12点
撮影・美術:10点
編集:6点
音響・音楽:6点
合計59点

ビデオ映画での制作ということもあり、予算の都合なのか、撮影スポットは限られていてモーテルや銀行がメインで登場人物が派手ではない小悪党なためB級のチープ感はありありと見える作品です。とはいえ、このシリーズが好きな人であれば、ロバート・パトリックはいい味を出しており、脇役も個性的で楽しめる内容だとは思います。前作のような深みが無く、採点は低めですが、このエロ・グロなB級テイスト感が大好きです。

※ブルース・キャンベルがちょい役で出ているのもファンには嬉しい。

amazonプライム・ビデオ

フロム・ダスク・ティル・ドーン2 あらすじ

銀行強盗のバックは稼業から足を洗うつもりでいたが、脱走した強盗仲間のルーサーからメキシコでの銀行強盗を持ちかけられる。
しかし、ルーサーは途中で立ち寄った酒場「ティティ・ツイスター」でヴァンパイアの餌食になってしまい、バックの仲間を襲ってヴァンパイアとし、ヴァンパイア強盗団を結成する。
自分の仲間が皆ヴァンパイアになってしまったことを知ってしまったバックは脱出しようとするが、彼らを包囲した警官隊とルーサー率いるヴァンパイア強盗団の壮絶な戦いに巻き込まれてしまう。

フロム・ダスク・ティル・ドーン2 スタッフ

監督:スコット・スピーゲル
脚本:スコット・スピーゲル,デュエイン・ウィテカー
原案:スコット・スピーゲル,ボアズ・イェーキン
製作:マイケル・S・マーフィ,ジャンニ・ヌナリ,マイアー・テパー
製作総指揮:ローレンス・ベンダー,ロバート・ロドリゲス,クエンティン・タランティーノ
音楽:ジョセフ・スタンリー・ウィリアムズ
撮影:フィリップ・リー
編集:ボブ・ムラウスキー

フロム・ダスク・ティル・ドーン2 キャスト

バック:ロバート・パトリック
オーティス・ローソン保安官:ボー・ホプキンス
ルーサー・ヘッグス:デュエイン・ウィテカー
C・W・ナイルズ:ミューズ・ワトソン
ヘスス:レイモンド・クルス
レイ・ボブ:ブレット・ハレルソン
エドガー・マックグロウ:ジェームズ・パークス
レザー・エディ:ダニー・トレホ
パム:ティファニー=アンバー・ティーセン
バリー:ブルース・キャンベル

フロム・ダスク・ティル・ドーン2 予告編


amazonプライム・ビデオ

フロム・ダスク・ティル・ドーン 映画シリーズ

フロム・ダスク・ティル・ドーン|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
1996年製作のアメリカ合衆国の映画。前半はロード・ムービーで後半はアクションホラー映画になる異色作。吸血鬼の巣窟に足を踏み入れてしまった二人の銀行強盗の悲劇を描いた、ロバート・ロドリゲス監督が贈るアクションホラー。特殊メイクデザイナーのロバート・カーツマンが作ったプロットを元に、クエンティン・タランティーノが脚本を書き、ロバート・ロドリゲスが監督した作品。 フロム・ダスク・ティル・ドーン 映画批評・備忘録 フロム・ダスク・ティル・ドーン(原題: From Dusk Till Dawn) 脚本:35点 演技・演出:17点 撮影・美術:16点 編集:8点 音響・音楽:7点 ...
フロム・ダスク・ティル・ドーン2|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
1999年制作のアメリカ合衆国の映画。吸血鬼を題材としたホラー・アクション映画『フロム・ダスク・ティル・ドーン』の続編。アメリカではオリジナルビデオとして制作され、日本では劇場公開された。 フロム・ダスク・ティル・ドーン2 映画批評・備忘録 フロム・ダスク・ティル・ドーン2(原題:From Dusk Till Dawn 2: Texas Blood Money) 脚本:25点 演技・演出:12点 撮影・美術:10点 編集:6点 音響・音楽:6点 合計59点 ビデオ映画での制作ということもあり、予算の都合なのか、撮影スポットは限られていてモーテルや銀行がメインで登場...
フロム・ダスク・ティル・ドーン3|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2000年製作のアメリカ合衆国の映画。『フロム・ダスク・ティル・ドーン』、『フロム・ダスク・ティル・ドーン2』に続く、バンパイアの女王“地獄のサンタニコ”の誕生を軸に描いた、傑作B級バンパイア・ホラーのシリーズ3作目。 フロム・ダスク・ティル・ドーン3 映画批評・備忘録 フロム・ダスク・ティル・ドーン3(原題:From Dusk Till Dawn 3: The Hangman's Daughter) 脚本:28点 演技・演出:14点 撮影・美術:14点 編集:6点 音響・音楽:6点 合計68点 1作目には及ばないが、2作目よりは楽しめる3作目。1,2作目と異なり...