スポンサーリンク

マーターズ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

マーターズ
この記事は約5分で読めます。

2008年に公開されたフランスとカナダのスプラッター映画。マーターズ(Martyrs)。それは”殉教者”または”犠牲者”を指し、古くは”証人”を意味する言葉。2人の美少女を待つ、あまりにも過酷で凄惨な運命を描いている。この映画は、描写されている暴力のレベルに関して、『インサイド』(2007年)に似た新時代のフランスのホラー映画の新しい例として分類されました。また批評の中には、「拷問ポルノは生々しく、残忍で、意地悪で陰惨で、誰の好みにも合わない。」といった言葉を浴びせられました。一方でダリオ・アルジェントは「素晴らしい。これは、ホラー映画の新しい形だ。」と評し、フランク・ヘネンロッターは「オチがあまりにも強烈な、真に知的な作品」と評した。アメリカで2015 年に同名の映画タイトルでリメイクされた。

マーターズ 映画批評・備忘録


マーターズ(原題: Martyrs)

脚本:24点
演技・演出:15点
撮影・美術:17点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計71点

怖さというか、気持ち悪さというか、痛々しさというか、ムゴ過ぎる絵図を徹底的に見せつけられる映画で、ホラーというジャンルを超えているようにも感じました。

序盤の謎めいたサスペンス調の感じは、かなりドラマティックに引き込まれてしまうものの、後半については、表現の自由の限界を超えているようにも思え、ここまで残酷な描写をしている映画ってないようにも見えた。いわゆるスプラッター映画のヒャッハー!パーティーピーポーなバカが殺されるのではなく、人として愛すべき素晴らしい女性を徹底的に拷問する描写は見ていて辛く苦しいものだった。

マーターズ あらすじ(ネタバレ)

1971年、リュシー・ジュリンという少女が、使われなくなった食肉処理場から逃げ出し、そこで1年以上も監禁され、拷問された. 加害者とその動機は謎のままです。リュシーは孤児院に置かれ、そこでアンナ・アサウイという若い女の子と友達になったが、リュシーは自分が醜い生き物、つまり醜い痩せ衰えた女性に常に恐怖にさらされていると信じていることにすぐに気付く。それでも、悪夢を見るたびにリュシーを慰めるアンナ。

15年後、リュシーはベルフォン一家 – ガブリエル、夫、子供のアントワーヌとマリー – の家に押し入り、彼ら全員をショットガンで殺します。別の場所で、アンナはリュシーを待っています。アンナは、リュシーがベルフォンズが彼女の子供時代の虐待の責任があると信じていることを知っていますが、リュシーが彼女に彼らを殺したと言うと、彼女はぞっとします. 家に着くと、アンナはガブリエルがまだ生きていることを知り、彼女の脱出を助けようとするが、リュシーはガブリエルを殴り殺してしまう。リュシーは再び傷だらけの生き物に襲われますが、アンナはリュシーだけが自分自身を傷つけているのを見ます。「生き物」はリュシーの罪悪感の心理的な現れに過ぎない子供の頃に一緒に拷問された別の女の子を置き去りにしたことで。リュシーは、自分の狂気から逃れられることはないと悟り、かみそりの刃で喉を切り裂く。

翌日、アンナはまだ実家にいて、疎遠になっている母親に電話をした。彼らの会話は、アンナが子供の頃に両親から虐待を受けていたことを示唆しています。突然、アンナは何か音を聞き、リビング ルームの秘密の地下室を発見します。内部に監禁されているのは、ひどく拷問されたサラという若い女性で、リュシーが家族について正しかったことを証明しています。アンナはサラの逃亡を助けるが、アンナがリュシーの喪失を悼むとすぐに、サラはナイフで腕を切り刻むのを目撃される。非常識で身体的に凶暴なサラは、予期せず到着したグループによって頭を撃たれます。捕らえられたアンナは、彼らのリーダーであるマドモアゼルと呼ばれる年配の女性と出会う。殉教者」の創造による死後の世界。彼らの実験は、彼らの苦しみがこの世界を超えた世界への超越的な洞察につながると信じて、若い女性に体系的な拷問行為を加えています。マドモアゼルはまた、世界は犠牲者 (拷問を嫌い、狂人になる人々、リュシーやサラのように) と殉教者 (拷問を愛し、遠くに行く人々) に分かれると考えています。

アンナがグループの最新の話題になる。容赦なく殴られて堕落した後、彼女はリュシーとの会話を幻覚化し、その後、彼女は他のどの被験者よりも進歩し、「最終段階」に達したと告げられます。彼女は生きたまま皮を剥がされ、手順を生き延び、「陶酔」の状態に入り、超越を達成したと見なされます。マドモアゼルが熱心にやってきて、アンナが耳元で囁く。

アンナがマドモアゼルと共有した洞察を学ぶために、社会のメンバーが家に集まります。マドモアゼルと彼女のアシスタントが他の人が到着するのを待っている間、彼はマドモアゼルに、アンナが彼女に言ったことは明らかかどうか尋ねます。マドモアゼルは「はい」と答え、死後に何が起こるか想像できるかどうかを尋ねます。彼がノーと言うと、マドモアゼルは彼に「疑い続ける」ように指示し、突然拳銃を作成して自殺します。

映画は、陶酔状態でテーブルに置かれたアンナのショットで終わります。

マーターズ スタッフ

監督:パスカル・ロジェ
脚本:パスカル・ロジェ
製作:リシャール・グランピエール,シモン・トロティエ
製作総指揮:フレデリック・ドニギアン,マルセル・ジルー
音楽:アレックス・コルテス,ウィリー・コルテス
撮影:ステファーヌ・マルタン,ナタリー・モリアフコ=ヴィゾツキー
編集:セバスティアン・プランジェール
特殊メイク:ブノワ・レスタン
キャスティング:ヘレネ・ルース
プロダクション・デザイン:ジャン=アンドレ・カリエール
配給:キングレコード

マーターズ キャスト

モルジャーナ・アラウィ:アンナ
ミレーヌ・ジャンパノイ:リュシー
カトリーヌ・ベジャン:マドモアゼル
ロバート・トゥーパン:父親
パトリシア・テューレーン:母親
ジュリエット・ゴスラン:マリー
グザヴィエ・ドラン:アントワーヌ
ジャン=マリー・モンスレー:エチエンヌ
エリカ・スコット:10歳のアンナ
ジェシー・ファン:10歳のリュシー
イザベル・シャス:創造物
アニエ・パスカル:女性執行人
マイク・シュート:男性執行人(ミシェル)
ガエル・コーエン:手の女性

マーターズ 予告編


コメント