スポンサーリンク

キャビン・イン・ザ・ウッズ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

キャビン・イン・ザ・ウッズ
この記事は約6分で読めます。

2012年公開のアメリカ合衆国の映画。知らぬ間に撮影された監視映像。そこには、自分たちの殺される姿が映っていた。ニューシャテル国際ファンタジー映画祭マッド’ムービー部門賞。2017年の映画『TheEndless(アルカディア)』は、 Resolution(キャビン・イン・ザ・ウッズ)と同じクリエイティブな世界を共有しており、部分的な続編として解釈されることもある。※キャビン・イン・ザ・ウッズのタイトルは別映画の『キャビン(原題:The Cabin in the Woods)』と混同されそうですが異なる作品です。製作費2万ドルの自主映画ですが、作品の質が高くインディーズ映画系の映画賞を多く受賞しています。

キャビン・イン・ザ・ウッズ 映画批評・備忘録


キャビン・イン・ザ・ウッズ(原題:Resolution)

脚本:30点
演技・演出:13点
撮影・美術:10点
編集:8点
音響・音楽:3点
合計64点

製作費200万ちょっとの超低予算自主映画ですが、とてもアイデアとサスペンス的演出が上手い作品です。特撮なし音楽なしでここまで見せれるのはすごいです。『カメラを止めるな』が製作費300万なのでそれより少ない予算の映画になります。とはいえ個人的にはカメラを止めるなの方が面白いですが・・・自主映画やサスペンス、ミステリーホラー作品を撮る参考になるのはこちら映画のように思います。

原題のResolutionの意味は、解像度、解決の意味になりますが、内容からすると結末と解釈できそうです。

2017年公開の『アルカディア』に今作の監督が主演し、今作品のマイケルとクリスも同名で存在し登場しています。今作品は『アルカディア』のプロローグ的作品であり、その一部でもあります(アルカディアがプロローグでありその一部とも解釈できます)。

アルカディア|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2017年公開のアメリカ合衆国の映画。ジャステイン・ベンソン&アーロン・ムーアヘッドが監督・脚本・撮影・製作を手がけてダブル主演も務め、超常現象を操るカルト集団の謎に挑む兄弟を描いたSFスリラー。本作は世界最高のジャンル映画祭、シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭など各国の映画祭に出品され、特にヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭では国際批評家賞とイマジン・ザ・フューチャー賞、プチョン国際ファンタスティック映画祭では最優秀作品賞を獲得。2012年の映画「キャビン・イン・ザ・ウッズ(原題:Resolution)」の部分的な続編として解釈される可能性があります。 アルカディ...

今作品のラストがモヤモヤする方は『アルカディア』を見ましょう。それなりの答えが見つかるはずです。


amazonプライム・ビデオ

キャビン・イン・ザ・ウッズ あらすじ(ネタバレ)

妊娠中の妻と一緒に街に住むグラフィックデザイナーのマイケル・ドナウは、彼の元親友であるクリス・ダニエルズのビデオを含むメールを受け取ります。麻薬中毒者のクリスは、辺鄙な田舎に引っ込み、妄想的で不安定になりました。地図はビデオに含まれています。妻の反対にもかかわらず、マイケルはクリスを救うために最後の試みをします。彼は1週間後に戻ることを約束し、地図の場所に向かいます。

目的地で、マイケルはクリスがピストルを怒鳴りつけて撃つのを聞きます。クリスはマイケルを招待し、さまざまな主題について怒鳴り始めます。クリスがリハビリに入るのを拒否すると、マイケルはスタンガンで彼を鎮圧し、手錠をかけ、近くの町に物資を買いに行きます。午前中、マイケルはクリスからの攻撃の試みを食い止めます。

resolutionその後、ミカとビリー、マイケルとクリスの古い知人が到着し、クリスが持っている彼らの薬を求めます。マイケルが彼らを追い払った後、クリスは彼らが暴力的で何をするか分からなくなったので、彼らをいじらないように彼に警告します。彼が散歩していると、マイケルはUFOのカルト宗教のメンバーに会い、家に戻って奇妙な写真のセットを見つけます。ミカとビリーは戻ってきますが、ネイティブ・アメリカンの警備員であるチャールズが彼らを追い払います。チャールズはマイケルに、クリスが居留地に居座っていると言いますが、マイケルの賄賂を5日間滞在させる代わりに受け入れます。

彼らが不気味な映画の映像を発見した後、クリスは電子メールやビデオの送信を拒否します。マイケルは彼らの玄関先で不気味なキャンプファイヤーの物語でいっぱいの本を見つけ、彼がその本を図書館に戻すと、フィルムのスライドを見つけます。彼らが見つけるために意図的に残されているように見えるアイテムに混乱して、マイケルはそれがビリーとミカによるいたずらであると示唆します、そしてそれはクリスが却下します。

マイケルはその地域に散らばっている手がかりを見つけ続けています。彼がチャールズに情報を求めて賄賂を贈るとき、チャールズは過去を掘り下げることに対して彼に警告し、フランスの学生が研究のためにその地域を使用したとだけ言った。彼らは家を買うことを申し出て、マイケルが彼らがただ「借りている」と言った後に去る詐欺師に遭遇します。マイケルは、電子メールで受け取ったビデオを再視聴し、それが変更されていることを発見しました。これは、マイケルとクリスが少し前に持っていた議論を示しています。ビリーとミカはクリスが可愛がっていた犬を殺します、そしてクリスは彼が自殺していることを明らかにします。

マイケルは、犬の元の飼い主である、元のフランスの研究チームのメンバーであるバイロンという名前の考古学者を追跡します。バイロンは、この地域には幽霊が出ないと信じています。代わりに、そこにある「何か」は物語を望んでいます。バイロンは、始まり、中間、終わりの必要性を強調しています。バイロンの離心率に神経質になって、マイケルは去ります。

より多くの手がかりがどこからともなく現れるにつれて、マイケルが使用している映写機は電源を入れ、彼自身とクリスの恐ろしい死と葬儀の写真を映し出します。マイケルのラップトップは、ミカとビリーの手による彼らの死を描いたビデオを再生します。二人は家から逃げ出しましたが、チャールズが彼らを殺害して家を焼き払ったことを記録したCDを見つけました。クリスはすぐに物件を離れたいと思っています。しかし、マイケルは呪いを家に持ち帰りたくはなく、代わりにエンティティをなだめたいと思っています。

家に戻ると、彼らはチャールズが家に火をつける前にミカとビリーを殺しているのを目撃しました。クリスとマイケルはパニックになります。クリスは麻薬を取りに行こうとしますが、マイケルがなだめ最終的にリハビリに行くことに同意します。彼らの物語がハッピーエンドを達成しようとした、その時エンティティが怒って彼ら前に現れました。クリスはひどく謝罪します、そしてマイケルはエンティティに「別の方法で試してみませんか?」と尋ねます。

そして、映画は突然終了します。

キャビン・イン・ザ・ウッズ スタッフ

監督:ジャスティン・ベンソン,アーロン・スコット・ムーアヘッド
脚本:ジャスティン・ベンソン
製作:ジャスティン・ベンソン,デビッド・ローソン・Jr.
撮影:アーロン・スコット・ムーアヘッド
編集:ジャスティン・ベンソン,アーロン・スコット・ムーアヘッド

キャビン・イン・ザ・ウッズ キャスト

マイケル・ドナウ:ピーター・シレラ
クリス・ダニエルズ:ヴィニー・カラン
チャールズ:ザーン・マクラーノン
バイロン:ビル・オバースト・Jr
ビリー:カート・デヴィッド・アンダーソン
ミカ:スカイラー・ミーチャム
ジャスティン(UFOカルトメンバー):ジャスティン・ベンソン
アーロン(UFOカルトメンバー):アーロン・スコット・ムーアヘッド

キャビン・イン・ザ・ウッズ 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ