スポンサーリンク

トランス・ワールド|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

トランス・ワールド
この記事は約6分で読めます。

2011年製作のアメリカ合衆国の映画。森の中に迷い込んだ3人の見知らぬ男女を待ち受ける奇妙な運命を描いたサスペンスミステリー。

トランス・ワールド 映画批評・備忘録


トランス・ワールド(原題:Enter Nowhere)

脚本:31点
演技・演出:16点
撮影・美術:12点
編集:7点
音響・音楽:6点
合計72点

この映画、評価の難しい作品です。登場人物が7人で実質4人で物語は展開します。超低予算映画ですが、独特の緊張感が最後まで維持されいるので最後まで苦なく見れます。ミステリーが解明されるにつれて、ちょっと感動しつつも、どうしてこういう事が起ったのか?まったくわからなかったです。世にも奇妙な物語の1話分ぐらいの内容なので、短編でも良さそうです。クリント・イーストウッドの息子(スコット・イーストウッド)が若い頃のイーストウッドにそっくりですね。

amazonプライム・ビデオ

トランス・ワールド あらすじ(ネタバレ)

ジョディ(サラ・パクストン)と彼女のボーイフレンドのケビン・バンクス(クリストファー・デナム)はコンビニエンスストアに強盗に入ります。レジ係に銃を突きつけて彼らにお金を与えている間、ジョディはレジ係(ジェシーJ.ペレス)に古い金庫を開けるように要求します。彼は彼女にそうするだろうと言いますが、ジョディは中身を扱うことができないだろうと不可解に言います。イライラして、ジョディはレジ係を撃ちます、そして、場面は薄れます。

静かな控えめな女性であるサマンサまたは「サム」(キャサリン・ウォーターストン)は車のトラブルを抱えており、助けを求めている間に森の中に小さな小屋を見つけました。彼女はトム(スコット・イーストウッド)に出くわします。トム(スコット・イーストウッド)も迷子になり、3日間部屋に避難しました。翌朝、トムが助けを求めている間、彼はまっすぐな方向に歩いているにもかかわらず、キャビンに戻ってき続けます。サムは、キャビンのドアの外でジョディが無意識になっているのを見つけました。ジョディはサムとトムに、どうやってそこに着いたのかわからないと言います。翌朝、3人は森に足を踏み入れて逃げ出しましたが、再びキャビンに戻りました。3人が異なる状態にあると確信すると、状況はさらに奇妙になります。

キャビンの近くに、彼らは地図と食料品のある避難所を見つけます。サムは、食品の地図とラベルがドイツ語であると推測します。

トムが避難所からキャビンに物資を運んでいる間、サムはそれが1985年であると信じているジョディを驚かせる1962年であると言います。

3人が何が起こっているのかを理解しようとしているとき、彼らは外で銃声を聞きます。キャビンの外で、彼らは銃を持った兵士を見つけます。その男、ハンス・ノイマン(ショーン・サイポス)は、ドイツ語しか話せないドイツの兵士であることが判明しました。ハンスはトムをノックアウトして森の中で縛り、女性たちはキャビンの中で縛られます。ハンスはドイツ語を理解しているサムを通訳として使って何が起こっているのかを調べようとしますが、3人が情報を差し控えていると信じているため、事態は敵対的になります。彼は、3人がどうやってそこにたどり着いたかについて混乱しているとは信じていません。

しかし、ハンスはジョディとサムの両方が彼の妻の写真を含む同じロケットを持っていることを知った後、必死になって説明を要求します。ハンスは、トムが縛られている場所に女性を連れ出し、トムが自分自身を解いたことで無意識にノックされただけです。ハンスが拘束された後、サムはハンスがポーランドでの空爆中に殺された彼女の父親であることに気づき始めます。サムはさらに、ジョディの父でありサムの夫であるアダム・コーエンがベトナム戦争中に殺害されたため、ジョディは彼女の娘「ジョディ・コーエン」であると推測します。サムは出産で亡くなりましたが、ジョディは「サムの大ファンではなかった」コーエンの両親によって育てられました。子供の頃、ジョディは彼女のアルコール依存症に虐待されました彼女に傷跡を残した祖父。トムがジョディは彼の母親であると推測しているので、3人は今や4人全員が関係していることに気づきました。

サムはハンスを解放し、すべてを彼に説明することにしました。ハンスは3人を攻撃しませんが、彼は任務を遂行するためにキャビンを離れることに決めました。3人はさらに彼らの「夢」を共有します。サムはジョディを出産しようとしているという夢を持っていましたが、彼女は一人で家の中で無力でした。ジョディは、彼女が薬殺刑によって処刑されるという夢を持っていました。トムは、自殺する前に、彼を不当に扱った司祭(ヴィック・フィナルボルゴ)を殺すという夢を持っていました。サムはその後、1945年にハンスが空爆で殺された場所で、 彼らが実際にすべてウィエルンの外の森にいることを知りました。

トムは、彼らが差し迫った空爆でハンスが殺されるのを防がなければならないという仮定で結論を下します。彼らが成功した場合、彼女は両親を伴っているので、サムは彼女の出産中に一人ではありません。したがって、ジョディは虐待的な親の祖父母に養子縁組される代わりに母親と一緒に成長し、彼女が犯罪者になることを避けました。トムはその時、司祭を殺して自殺することはしませんでした。トムは外に出てハンスを追いかけ、空爆での死を避けるために彼を任務から遠ざけます。二人は戦うことになります。ジョディはトムを救おうとしますが、彼女は誤って撃たれ、重傷を負いました。トムは後にジョディが傷で死ぬとハンスの前に姿を消した。ジョディの死とトムの消去を見て激怒したサムは、空爆の前に両方を殺したとしてハンスを非難した。

最終的に、サムはハンスに彼女と一緒に避難所に入るように説得します。彼らの脱出の間に、サムは落ちて、彼女の頭が岩にぶつかります。ハンスはそれから彼女を運び、2人は時間内に避難所に入ります。避難所にいるとき、ハンスはサムの存在が完全に消える前に「オンとオフ」であることに気づきます。

シーンはコンビニエンスストアのジョディとの最初のシーンに戻りますが、現在は別の服装になっています。彼女は、1985年に食料品店にいて、前のタイムラインで強盗を犯したことに気づきました。彼女は購入代金をレジ係に支払い、前のタイムラインのボーイフレンドであるケビン・バンクスが店に入って現在のガールフレンドと一緒に店を奪う前に家に帰ります。イベントは、レジ係に「金庫」を開くように要求する女の子を含め、以前のタイムラインとまったく同じ方法で行われます。

ハンスは第二次世界大戦後、空爆を生き延び、ドイツを離れて米国に向かったことが明らかになった。その後、彼は慈善家になり、1985年に亡くなりました。サムは出産を生き延び、現在はジョディと幸せな生活を送っています。

トランス・ワールド スタッフ

監督:
製作:,
製作総指揮:,
脚本:,
撮影:
音楽:

トランス・ワールド キャスト







トランス・ワールド 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ