スポンサーリンク

ゴーストバスターズ/アフターライフ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

ゴーストバスターズ/アフターライフ
この記事は約5分で読めます。

2021年公開のアメリカ合衆国の映画。日本国内では2022年2月4日に公開された。『ゴーストバスターズ』(1984年)、『ゴーストバスターズ2』(1989年)の続編であり、「ゴーストバスターズ」フランチャイズでは第4作目となる。監督は、シリーズ第1作目と第2作目の監督を務めたアイヴァン・ライトマンの息子であるジェイソン・ライトマン、脚本はライトマンとギル・ケナンが務める。出演は、キャリー・クーン、フィン・ウルフハード、マッケナ・グレイス、ポール・ラッドらで、ビル・マーレイ、ダン・エイクロイド、アーニー・ハドソン、シガニー・ウィーバー、アニー・ポッツがオリジナル作品からの再出演となる。

ゴーストバスターズ/アフターライフ 映画批評・備忘録



ゴーストバスターズ/アフターライフ(原題:Ghostbusters: Afterlife)

脚本:36点
演技・演出:16点
撮影・美術:18点
編集:8点
音響・音楽:8点
合計86点

子役達の輝きがやばい。この映画のファミリー感が心地よいし、ゴーストバスターズのベースに『グーニーズ』、『スタンド・バイ・ミー』や『インターステラー』(ちょっと意味合いは違うけど)などの王道スパイスを振りかけているのがまた良い。これはアイヴァン・ライトマンではなく、息子のジェイソン・ライトマンならではの感覚だと思います。この映画、単体でも面白いのですが、やはり過去作を見ている方がより楽しめるところがあります。特に1作目、2作目です。2016年度版はリメイクなので続編的なつながりはありません。事実上、今作がゴーストバスターズ3になります。幻の3作目は今作の祖父役であるハロルド・ライミスが死去したことで、アイヴァン・ライトマン監督が製作を断念し降板した経緯があります。その思いを継いでるのが今作なので、熱い思いが沸いてきます。

amazonプライム・ビデオ

ゴーストバスターズ/アフターライフ あらすじ

都会での生活が苦しくなったフィービー(マッケナ・グレイス)と母と兄(フィン・ウルフハード)の一家は、田舎町へと引っ越す。地殻プレートや断層、採掘場やライブハウスさえもないにも関わらず、この街では30年間にわたり原因不明の地震が頻発していた。荒れ果てた小麦畑に祖父が遺した古びた屋敷で暮らし始めたフィービーは、リビングの床に奇妙な仕掛けが施されているのに気づく。パズルのように床をスライドさせると、床下に謎の装置が隠されていた。さらにフィービーが屋敷を探っていくと、祖父の地下研究室で見たことのないハイテク装備の数々を目にする。そして、ゴーストを捕獲するための装置・プロトンパックを見つける。祖父が、かつてゴーストだらけだったニューヨークを救ったゴーストバスターズの一員だったことを知ったフィービーは、床下で見つけたゴーストトラップと呼ばれる装置を誤って開封してしまう。すると、不気味な緑色の光が解き放たれ、それをきっかけに、街ではさらなる異変が起こり始める……。
街では、かつてオカルティストで建築家のイヴォ・シャンドアが所有していた古い鉱山を中心として、「1984年マンハッタン次元亀裂事件」に関係した超常現象が頻発し始めかつて倒された邪神ゴーザの眷属である門の神と鍵の神が復活を遂げ、世界的な危機が迫っていた。フィービー、トレヴァーと友人たちは、ゴーストバスターズの装備を使って、世界を救うために立ち上がる。

ゴーストバスターズ/アフターライフ スタッフ

監督:ジェイソン・ライトマン
脚本:ジェイソン・ライトマン,ギル・キーナン
製作:アイヴァン・ライトマン
音楽:ロブ・シモンセン
撮影:エリック・スティールバーグ
編集:デイナ・E・グローバーマン
製作会社:コロンビア ピクチャーズ,ゴースト・コープ
配給:ソニー・ピクチャーズ リリーシング

ゴーストバスターズ/アフターライフ キャスト

フィービーマッケナ・グレイス
キャリーの娘。イゴン・スペングラー博士の孫。
トレヴァーフィン・ウルフハード
キャリーの息子でフィービーの兄。イゴン・スペングラー博士の孫。
キャリーキャリー・クーン
シングルマザー。イゴン・スペングラー博士の娘。
グルーバーソン先生ポール・ラッド
地震学者でサマースクールの講師。
ポッドキャストローガン・キム
フィービーのクラスメイト。
ラッキーセレステ・オコナー
トレヴァーのアルバイト仲間。
ピーター・ヴェンクマン博士ビル・マーレイ
ゴーストバスターズの創設者の一人。
レイモンド・スタンツ博士ダン・エイクロイド
ゴーストバスターズの創設者の一人。
イゴン・スペングラー博士ハロルド・ライミス(CG映像)ボブ・ガントン/アイヴァン・ライトマン(演)
ゴーストバスターズの創設者の一人であり、フィービーの亡き祖父。
ウィンストン・ゼドモアアーニー・ハドソン
ゴーストバスターズのメンバー。
ディナ・バレットシガニー・ウィーバー
ジャニーン・メルニッツアニー・ポッツ
ゴーストバスターズの元受付嬢。
エルトンオリヴァー・クーパー
ドミンゴ保安官ボキーム・ウッドバイン
ジャックトレイシー・レッツ
イヴォ・シャンドアJ・K・シモンズ
オカルティストで建築家の故人。サマーヴィルの鉱山で採掘したセレニウムを使い、ニューヨークに1984年の事件が起きたビルを建築した。
ゴーザオリヴィア・ワイルドエマ・ポートナー
ヒッタイトの破壊の神。かつてゴーストバスターズに倒されたが…。
マンチャージョシュ・ギャッド(声)
今作新登場のゴースト。外形はスライマーに似ているが、6本の腕を持ち、鉄を食べる。
ローラー婆ちゃんダニエル・ケネディ

ゴーストバスターズ/アフターライフ 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

ゴーストバスターズ 映画シリーズ

ゴーストバスターズ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
1984年公開のアメリカ合衆国の映画。幽霊退治屋「ゴーストバスターズ」を始めた3人の科学者の周囲で次々に起こる幽霊騒動と、ゴーストバスターズの活躍をSFX満載で描いた娯楽作。監督・製作はアイヴァン・ライトマン、脚本はダン・エイクロイドとハロルド・レイミスが務め、ビル・マーレイ、エイクロイド、ハロルド・ライミス、シガニー・ウィーバー、リック・モラニスらが出演する。コメディー、アクション、ホラーを融合させたこの作品は好評を博し、マーレイの演技はしばしば称賛された。レイ・パーカー・Jr.による主題歌もヒットした。 ゴーストバスターズ 映画批評・備忘録 ゴーストバスターズ(原題:Ghostbu...
ゴーストバスターズ2|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
1989年公開のアメリカ合衆国の映画。1984年公開の『ゴーストバスターズ』の続編。史上最強! ?の男たち《ゴーストバスターズ》が帰ってきた! !ニューヨークを大王ビーゴから救え! ! ゴーストバスターズ2 映画批評・備忘録 ゴーストバスターズ2(原題:Ghost Busters II)脚本:34点演技・演出:16点撮影・美術:17点編集:8点音響・音楽:8点合計83点 前作と負けず劣らずのおもしろさなんですが、なぜか前作ほどの印象が残らない作品です。どう考えても前作以上の予算とスケールの大きさなんですが、やはり敵役が普通の悪い奴になってしまったことが大きいように思います。マシュマロ...
ゴーストバスターズ(2016年)|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2016年公開のアメリカ合衆国の映画。1984年の映画『ゴーストバスターズ』のリブート作品である。元々は『ゴーストバスターズ2』に続くシリーズ第3作として、前作の出演者たちを再登場させ女性を含む新しい出演者に物語を継承させる脚本で予定されていたが、オリジナルメンバーであるイゴン・スペングラー博士役のハロルド・ライミスが死去したことなどにより、前2作で監督を務めたアイヴァン・ライトマンが降板。のちに監督として就任したポール・フェイグの提案により、リブート作品となった。監督を降板したライトマンは本作では製作として参加、オリジナルメンバーのレイモンド・スタンツ博士役を演じたダン・エイクロイドは製...
ゴーストバスターズ/アフターライフ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2021年公開のアメリカ合衆国の映画。日本国内では2022年2月4日に公開された。『ゴーストバスターズ』(1984年)、『ゴーストバスターズ2』(1989年)の続編であり、「ゴーストバスターズ」フランチャイズでは第4作目となる。監督は、シリーズ第1作目と第2作目の監督を務めたアイヴァン・ライトマンの息子であるジェイソン・ライトマン、脚本はライトマンとギル・ケナンが務める。出演は、キャリー・クーン、フィン・ウルフハード、マッケナ・グレイス、ポール・ラッドらで、ビル・マーレイ、ダン・エイクロイド、アーニー・ハドソン、シガニー・ウィーバー、アニー・ポッツがオリジナル作品からの再出演となる。 ゴ...