スポンサーリンク

宇宙人ポール|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

宇宙人ポール
この記事は約6分で読めます。

2011年公開の英米仏合作映画。『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』などで絶大な人気を誇る迷コンビ、サイモン・ペッグとニック・フロストが主演と脚本を務めたSFコメディー。陽気な宇宙人とオタクの青年2人が繰り広げる珍道中を、『未知との遭遇』『E.T.』など過去の傑作SFへのオマージュをちりばめて描く。

宇宙人ポール 映画批評・備忘録


宇宙人ポール(原題:Paul)

脚本:34点
演技・演出:17点
撮影・美術:15点
編集:9点
音響・音楽:7点
合計82点

スピルバーグが太鼓判を押した、SFコメディの快作。ストーリーの大まかなプロットは『未知との遭遇』を意識していますが、今作の方が面白いんですよ。SF映画愛が冴えてるんです。サイモン・ペッグとニック・フロストのコンビ映画に外れ無し。笑わせてくれます。ET、MIB、エイリアン、スタートレックなどなどSF映画のマニアックな小ネタをかましてくるんですが、それが分からない人でも雰囲気で楽しめる映画です。今作以降シガニー・ウィーバーがネタ(ラスボス)女優になっているような気がします。『キャビン』『チャッピー』などがいい例です。『アバター』以降、ラスボス役も含めて途中で死亡する役を好んでいるように思えるほどよく死んでます。

amazonプライム・ビデオ

宇宙人ポール あらすじ

コミックオタクのイギリス人のグレアム・ウィリー(サイモン・ペッグ)とクライヴ・ゴリングス(ニック・フロスト)の二人はコミコン・インターナショナルを訪れるためにキャンピングカーでアメリカ旅行をしていた。二人がネバダ州のエリア51付近を通過したところ、宇宙人のポール(声:セス・ローゲン)と出会う。

宇宙人ポール スタッフ

監督:グレッグ・モットーラ
脚本:サイモン・ペッグ,ニック・フロスト
製作:ニラ・パーク,ティム・ビーヴァン,エリック・フェルナー
製作総指揮:ナターシャ・ワートン,デブラ・ヘイワード,ロバート・グラフ,ライザ・チェイシン
音楽:デヴィッド・アーノルド
撮影:ローレンス・シャー
編集:クリス・ディケンズ
製作会社:レラティビティ・メディア,ワーキング・タイトル・フィルムズ,ビッグ・トーク・プロダクションズ
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ

宇宙人ポール キャスト

グレアム・ウィリー
演 – サイモン・ペッグ
本作の主人公。イギリス人。小説家のクライヴの作品の挿絵を描いているイラストレーター。クライヴとは幼いころからの親友で、同じSFオタク。クライヴが時々話すクリンゴン語を話せないものの理解できる。初めてポールと会ったときにクライヴは気絶してしまったが、グレアムは平気だった。物語の終盤、ムーアクロフトで追いかけてきたモーゼの流れ弾を受け、絶命してしまうが、ポールの能力で生き返った。その後、クライヴとポールを主役にした小説を出版、売れっ子の仲間入りを果たした。
クライヴ・ゴリングス
演 – ニック・フロスト
もうひとりの主人公。イギリス人。SF小説家。グレアムとは幼いころからの親友で 同じ趣味。いつも一緒にいるため、ゲイとよく間違われる。のちに旅仲間になるポールとルースを最初は快く思っていなかったが、それはグレアムが自分より先に仲良くなっていることに腹を立てているだけであり、嫌っているわけではない。冒頭では、小説家としての知名度は低かったが、終盤では、グレアムとともに売れっ子作家になった。SF好きが高じてか、スタートレックに登場する架空言語「クリンゴン語」を話せる。
ポール
声 – セス・ローゲン
物語のキーパーソン。何十年も政府に幽閉されていたグレイ(宇宙人)で、姿を消したり、絶命した生物、病気を抱えた生物の患部を自分に移し、再生する能力を持つ。地球暮らしが長いのもあってか、汚い言葉と嗜好品に寛容な陽気なおっさんのような性格で、サンダルに半ズボンのみのラフな格好をしている。長年政府に協力、「Xファイル」や「E.T.」などのポップカルチャーにも貢献してきたが、ポールの能力を得るために殺されることになったため、内通者の協力を得て脱出を図る。もともと地球へは科学的調査でやってきたが、「ポール」という名前は、UFOの墜落に巻き込まれたタラの飼い犬からもらったもの。ちなみに車の運転は、下手である。終盤、無事に帰ることができたが、グレアムとクライヴがポールを主役にした小説を出版、出世作となった。
ゾイル捜査官
演 – ジェイソン・ベイトマン
政府のエージェント。上司のビッグ・ガイや、部下のオライリーとハガードに振り回されながらもポールたちを執拗に追いかけるが、じつは彼こそがポールの内通者で、ポールから後の妻となる女性を紹介してくれたことから恩を感じている。事件後はエージェントをやめ、警備員になった。
ルース・バグス
演 – クリステン・ウィグ
家族経営のRVパークで受付嬢をしている女性。誘拐される形で旅仲間になる。キリスト教徒である父親の影響で、当初は進化論や宇宙人の存在を否定しており、ポールのことを最初は「悪魔」と思っていた。病気で左目を失明しており、片方にサングラスのレンズを入れた眼鏡をかけていたが、ポールの能力で左目を直してくれたことをきっかけに、考えを改め、宇宙人の存在を認め、今まで口にしてこなかった卑語(汚い言葉)を言うようになる。その後、グレアムと付き合い始める。
ハガード捜査官
演 – ビル・ヘイダー
ビッグ・ガイからオライリーとともにゾイルの下で動けと指示される捜査官。
タラ・ウォルトン
演 – ブライス・ダナー
ポールが最初に接触した人間(接触当時は少女)。深手を負ったポールを手当し、墜落に巻き込まれた犬の名前をポールにつけた名付け親でもある。その後、周りから変人扱いされ、老人になった今は家にこもり、自分用のマリファナ(アメリカでは州によって嗜好用、医療用で吸えるところがある)を育てながら日々を過ごしている。
オライリー捜査官
演 – ジョー・ロー・トルグリオ
ビッグ・ガイからハガードとともにゾイルの下で動けと指示される捜査官。グレアムやクライヴと同じSFオタクだが、ハガード同様、ポールの存在を知るや否や、血相を変えてポールを殺そうとする。
モーゼ・バグス
演 – ジョン・キャロル・リンチ
ルースの父親。厳しい性格でグレアムたちと話に花を咲かせるルースに「喋りすぎだ」と苦言を呈している。キリスト教徒でポールを「悪魔」とみなしている。 ルースが誘拐された後、当初はゾイル達に娘の捜索を任せるが、無線を傍受してゾイルがモーゼの陰口(本意じゃない)をたたいていたことから、ショットガンと聖書を持ち、娘を取り返さんと執拗に追いかける。終盤、追いついたモーゼはポールに銃を撃つが、その弾はグレアムに当たり、死なせてしまうが、ポールが能力でグレアムが生き返らせるとポールに対する今までの態度を翻した。
パット・スティーヴンソン
演 – ジェーン・リンチ
グレアムたちが立ち寄るダイナーの女主人。
ガス
演 – デヴィッド・ケックナー
グレアムとクライヴに難癖をつける不良。
ジェイク
演 – ジェシー・プレモンス
グレアムとクライヴに難癖をつける不良。ガスと行動を共にしている。
ビッグ・ガイ
演 – シガニー・ウィーバー
逃げたポールをゾイルを使って連れ戻そうとする政府の人間。ポールのことを「モーク」と呼ぶ(ポールはその呼び名を嫌っている)。
アダム・シャドウチャイルド
演 – ジェフリー・タンバー
グレアムとクライヴが夢中になっている大物SF作家、二人曰くかなり強烈な性格。

カメオ出演
本人の声 – スティーヴン・スピルバーグ
コーリー・ウォーカー
ロバート・カークマン
ライアン・オットレー

宇宙人ポール 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

 

コメント