スポンサーリンク

ザ・スイッチ|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

ザ・スイッチ 映画
この記事は約5分で読めます。

ザ・スイッチは、2020年公開のアメリカ合衆国の映画。気弱な女子高生とシリアルキラーの体が入れ替わってしまうスラッシャー・コメディ・ホラー映画。『ハッピー・デス・デイ』『パラノーマル・アクティビティ』シリーズのクリストファー・B・ランドンが監督・脚本を務め、製作はホラー映画界を牽引する『パージ』『ハロウィン』のジェイソン・ブラム。“ホラーの帝王”スティーブン・キングが自身のTwitterで「クソ素晴らしい!」と絶賛のツイート!

ザ・スイッチ 映画批評・評価・考察


ザ・スイッチ(原題:Freaky)

脚本:31点
演技・演出:13点
撮影・美術:15点
編集:9点
音響・音楽:7点
合計75点

内気なティーン・エージャーと殺人鬼が入れ替わるボディ・チェンジものの映画になります。スラッシャー映画とコメディ映画の融合なので、殺人描写はえげつないのですが、軽快なテンポと演出やジョークが冴えているので怖さより笑いが勝る感じです。ターゲットにしている観客層がはっきりしているので、コロナ化の逆風でありながら全米1位になり、興行収益も製作費の約3倍となるなど、名監督、名プロデューサーの手腕が光る作品です。有名作品のオマージュやサンプリング映画でありながら、抜群のセンスと編集技術で観客を楽します事に特化しているのもランドン監督らしさが出ているように思います。


amazonプライム・ビデオ

ザ・スイッチ あらすじ(ネタバレ)

シリアルキラーのブッチャーは男女の10代の若者らがいる邸宅に侵入し、ラドラとして知られている古代の短剣を持って去る前にすぐに彼らを殺害します。

翌日、いじめれっ子の高校生ミリー・ケスラーがブリスフィールドバレー高校のホームカミングフットボールの試合に参加し、学校のマスコットとして演じます。ミリーが空になった学校の近くで家に帰るのを待つ間、ブッチャーは彼女を攻撃します。彼はミリーをラドラで肩に刺し、同じ傷が即座に彼の肩に現れました。ミリーの姉のチャー、警察官が到着し、ブッチャーを怖がらせます。警察は証拠としてラドラを収集し、ブッチャーの捜査を開始します。

翌朝、ブッチャーとミリーは体を入れ替えたことを発見し、ブリスフィールドバレー高校に向かいます。学校で、現在ミリーを装っているブッチャーは、少女の更衣室にある凍結療法タンクに彼女を閉じ込めることによって、ミリーの主ないじめっ子のライラーを殺します。次にウッドショップの教師ベルナルディ氏をテーブルソーで半分にスライスします。現在ブッチャーの体にいるミリーは、彼女の親友であるナイラとジョシュを見つけ、学校のマスコットのダンスルーチンを実行し、一連の個人的な質問に答えることによって、彼女のアイデンティティを証明します。ナイラとジョシュはラドラを調査し、ミリーが深夜までにブッチャーを短剣で刺さなければならないことを発見しました。さもないとボディスイッチが永続的になります。

その日の午後遅く、学校の公式の帰郷がキャンセルされたので、ブッチャーは実際に彼の隠れ場所である古い工場で新しいダンスを開催することを提案します。その後、ブッチャーはミリーのクラッシュブッカーをモ​​ンスターミニゴルフに誘い込みます彼を殺すためのコースですが、ミリー、ナイラ、ジョシュは彼を救うためにちょうど間に合うように到着します。ミリーはブッチャーとブッカーの両方を無意識にノックし、彼女と彼女の友達は2人をジョシュの家に連れて行きます。ブッチャーを椅子に縛り付けた後、ミリーとナイラはブッカーに状況を説明しようとします。ブッカーは、ミリーが数週間前に匿名で彼に書いた愛の詩を引用するまで、確信が持てません。ミリー、ナイラ、ブッカーがラドラを手に入れるために警察署に車で行く間、ジョシュはブッチャーを見守っています。ナイラは駅の最後の将校であるチャーをだまして立ち去らせ、短剣を盗むことができるようにします。車の中で外で待っているブッカーは、彼がいつもミリーが好きだったことを明らかにし、ミリーはブッチャーの体にいる間に感じる新たな強さと自信をどのように楽しんでいるかを明かし、彼らはキスします。

ブッチャーは最終的にジョシュの家を脱出し、チャーはナイラがラドラを盗むのを捕まえます。まだ車の中で、ミリーはブッチャーが警察署に入って彼を追いかけているのを見るが、チャーは状況に気づかずに彼女を拘束しようとする。ミリーはチャーを圧倒し、ブッチャーがパトカーで逃げる間、彼女を独房に閉じ込めます。ブッチャーズミルでのブリスフィールドバレーハイホームカミングダンスで、ブッチャーは3人のジョックを殺します彼がミリーだと思ってレイプしようとした人と、ジョシュを襲おうとした4人目。真夜中が近づくと、ミリーはブッチャーを見つけ、ブッカーが警察を食い止めている間、ナイラとジョシュの両方が彼を押さえつけます。ミリーはラドラでブッチャーを刺し、警察がブッチャーを撃墜する前に、彼らはちょうど間に合うように自分の体に戻ります。その後、ミリーとブッカーは再会し、彼らは再びキスをします。

救急車で彼の死を偽った後、ブッチャーはミリーを家に連れて行き、彼女を攻撃し、彼女の身体的な弱さと不安をあざける。ミリー、チャー、そして彼らの母親はブッチャーを打ち負かすのに苦労しました、しかしミリーは壊れたテーブルの足で彼を突き刺すことによって最終的に彼を殺します。

ザ・スイッチ スタッフ

監督:クリストファー・B・ランドン
脚本:クリストファー・B・ランドン,マイケル・ケネディ
製作:ジェイソン・ブラム,アダム・ヘンドリックス
製作総指揮:ザック・ロック,グレッグ・ギルレス
音楽:ベアー・マクレアリー
撮影:ローリー・ローズ
編集:ベン・ボードゥイン
製作会社:ブラムハウス・プロダクションズ,ディヴァイド/コンカー
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ,東宝東和

ザ・スイッチ キャスト

ザ・ブッチャー:ヴィンス・ヴォーン
ミリー・ケスラー:キャスリン・ニュートン
コーラル・ケスラー:カティ・フィナーラン
チャー・ケスラー:ダナ・ドロリ
ナイラ:セレステ・オコナー
ジョシュ:ミシャ・オシェロヴィッチ
ブッカー:ユリア・シェルトン
ベルナルディ先生:アラン・ラック
ライラー:メリッサ・コラーゾ

ザ・スイッチ 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ