コメディ

コメディ

ジュニア|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1994年公開のアメリカ合衆国の映画。新薬開発のため自ら実験台となり、世界初の″妊夫″となった博士が巻き起こす騒動を描いたコメディ。監督アイヴァン・ライトマン、主演アーノルド・シュワルツェネッガー、ダニー・デヴィートの「ツインズ」のトリオが再結集。いかついシュワルツェネッガーが妊娠を契機に母性に目覚め、仕種や言動、さらには精神的にも女性らしくなるあたりの珍演が笑いを誘う。 ジュニア 映画批評・備忘録 ジュニア(原題:Junior)脚本:24点演技・演出:16点撮影・美術:15点編集:8点音響・音楽:7点合計70点 米国では、不発した映画でしたが、世界ではヒットした珍しい映画です。キリ...
コメディ

キンダガートン・コップ2|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2016年製作のアメリカ合衆国の映画。アーノルド・シュワルツェネッガー主演『キンダガートン・コップ』の続編。今作は「ユニバーサル・ソルジャー」「エクスペンダブルズ」シリーズのアクション俳優ドルフ・ラングレンが主演を務め、幼稚園に潜入捜査したFBI捜査官が園児たちに振り回されながらも奮闘する姿を描く。 キンダガートン・コップ2 映画批評・備忘録 キンダガートン・コップ2(原題:Kindergarten Cop 2)脚本:29点演技・演出:15点撮影・美術:14点編集:7点音響・音楽:7点合計72点 シュワルツェネッガーの二番煎じと言われても仕方がない題材ですが、強面アクション俳優でしか...
コメディ

キンダガートン・コップ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1990年公開のアメリカ合衆国の映画。ロサンゼルス市警最強の鬼刑事シュワルツェネッガーが史上最強手ごわい相手に遭遇!!シュワルツェネッガーと子供たちが次第に仲良くなっていく様子がほのぼのと描かれているアクション・コメディ。 キンダガートン・コップ 映画批評・備忘録 キンダガートン・コップ(原題:Kindergarten Cop)脚本:36点演技・演出:18点撮影・美術:17点編集:10点音響・音楽:10点合計91点 初見は映画館で見ました。当時、シュワルツェネッガーといえば強面アクション俳優のイメージが強く、それを逆手に取ったコメディ映画でした。そのギャップもさることながら、生き生き...
コメディ

ハード・ウェイ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1991年公開のアメリカ合衆国の映画。マイケル・J・フォックス、ジェームズ・ウッズの競演で贈る、ジョン・バダム監督のスリル満点のアクション・コメディ。刑事役のジェームズ・ウッズは役作りのため、本物の警察官に密着した。まさに、マイケル・J・フォックスが演じたニックと同じ事をした訳である。 ハード・ウェイ 映画批評・備忘録 ハード・ウェイ(原題:The Hard Way)脚本:33点演技・演出:16点撮影・美術:16点編集:9点音響・音楽:8点合計82点 マイケル・J・フォックス主演映画ですが、ジェームズ・ウッズの演技が素晴らしく当たり役と言えるものです。ニックを演じるマイケルは子供のよ...
コメディ

ビール・フェスタ 無修正版 ~世界対抗・一気飲み選手権|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2006年公開のアメリカ合衆国の映画。ビール一気のみ選手権というスーパーアングラな世界を、冷えたビールとホットでエッチなギャル満載で描いた抱腹絶倒のスーパーハイテンション・コメディ。アメリカ代表としてドイツで開催されるビール一気飲み選手権に出場した男たちの、エッチでお馬鹿な戦い振りを描く。 ビール・フェスタ 無修正版 ~世界対抗・一気飲み選手権 映画批評・備忘録 ビール・フェスタ 無修正版 ~世界対抗・一気飲み選手権(原題:Beerfest)脚本:15点演技・演出:10点撮影・美術:14点編集:6点音響・音楽:6点合計51点 いわゆるおバカ映画なのですが、無駄にカメラワークが上手だっ...
コメディ

マスク|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1994年公開のアメリカ合衆国の映画。冴えない男が偶然に不思議な緑色の木の仮面を手に入れ、超人的な力を持った黄緑色の顔の怪人・マスクに大変身する物語。ダークホースコミックスのコミック『マスク』が原作の映画。主演のジム・キャリーを一躍スターにのしあげた作品だが、ティナ役のキャメロン・ディアスも当時演技経験皆無の新人だったにもかかわらず、本作のヒロインに大抜擢され、デビュー作にしてトップスターの仲間入りを果たした。目玉や心臓が飛び出すなど漫画的なオーバーアクションを実写で表現し、『トムとジェリー』をそのまま実写にしたような雰囲気のスラップスティック・コメディ映画となっている。映像はSFXが駆使...
コメディ

ウルフ・オブ・ウォールストリート|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2013年公開のアメリカ合衆国の映画。ウォール街の証券会社に就職したジョーダン・ベルフォートは、トレーダーとしてデビューを飾る日に失業してしまう。だが一攫千金を夢見る彼はドラッグのディーラーを雇い株式会社を設立、巧みな話術でペニー株を金持ちに売りつける商法でやがて巨額の富を手にする事に…。実在した株式ブローカーの成功と破滅を描く、刺激に満ちたエンターテインメント作品。ジョーダン・ベルフォートの回想録『ウォール街狂乱日記 - 「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生』(The Wolf of Wall Street)を原作としたマーティン・スコセッシ監督作品である。脚本はテレンス・ウィンターが執筆...
コメディ

摩天楼はバラ色に|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1987年公開のアメリカ合衆国の映画。マンハッタンで成功を夢見る青年・ブラントリーの姿を軽快に描く。摩天楼で生きるならチャンスは自分でつかめ!80年代のヒット曲に乗せてマイケル・J・フォックスが等身大の若者を演じたサクセス・コメディ! 摩天楼はバラ色に 映画批評・備忘録 摩天楼はバラ色に(原題:The Secret of My Success)脚本:40点演技・演出:20点撮影・美術:20点編集:10点音響・音楽:10点合計100点 この作品、リアルタイムで見たときは自分が子供過ぎて、この作品の良さをあまり理解できずノリだけで楽しんでたところがありましたが、社会に出て仕事を始めてから...
コメディ

鉄板英雄伝説|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2007年公開のアメリカ合衆国の映画。『最'愛'絶叫計画』に続くジェイソン・フリードバーグとアーロン・セルツァーのコンビのパロディ作品。『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』、『チャーリーとチョコレート工場』『パイレーツ・オブ・カリビアン』、 『X-MEN:ラストスタンド』、『ハリーポッター』、『スネーク・フライト』etcなどが取り上げられている。邦題は『銀河英雄伝説』のもじりである。 鉄板英雄伝説 映画批評・備忘録 鉄板英雄伝説(原題:Epic Movie)脚本:5点演技・演出:3点撮影・美術:4点編集:5点音響・音楽:3点合計20点 その当時に流行っていた映画を思い出すのには...
コメディ

帰ってきたヒトラー|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2015年公開のドイツ映画。2014年のドイツに蘇ったアドルフ・ヒトラーが巻き起こす騒動を描く。ヒトラーが現代にタイムスリップし、人気芸人に!?ギャップに笑い、まっすぐな情熱に惹かれ、正気と狂気の一線を見失う、世にも危険なコメディ! 観る者のモラル、常識、価値観が試される! 現代社会に警告を鳴らす、世界中で売れまくりのベストセラー小説を映画化! ヒトラーに対する数々の肯定的な描写から物議を醸したが、ヴェルメシュ自身は、ヒトラーを単純に悪魔化するだけではその危険性を十分に指摘できないとし、リアルなヒトラー像を表現するためにあえてその優れた面も描き出したと述べている。 帰ってきたヒトラー 映...
コメディ

ゾルタン★星人|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2000年公開のアメリカ合衆国の映画。原題のDude, Where's My Car?は、おい、俺の車はどこだ?の意。宇宙の平和はおばかコンビ2人の活躍にかかっていた! おばか度1000%のギャグ満載で贈る、超ばかちんSFコメディ!? ゾルタン★星人 映画批評・備忘録 ゾルタン★星人(原題:Dude, Where's My Car?)脚本:8点演技・演出:10点撮影・美術:5点編集:3点音響・音楽:3点合計29点  B級SF映画の最高傑作とも呼び声もある?『バタフライ・エフェクト』のアシュトン・カッチャーの黒歴史とも言われる今作です。クソ映画といえども愛すべきクソ映画で、馬鹿馬鹿しく...
コメディ

イエスマン “YES”は人生のパスワード|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2008年公開のアメリカ合衆国の映画。この映画は2005年にイギリス人のダニー・ウォレスが自身の経験を元に執筆したYes Manという本に基づいている。 イエスマン "YES"は人生のパスワード 映画批評・備忘録 イエスマン "YES"は人生のパスワード(原題:Yes Man) 脚本:36点 演技・演出:16点 撮影・美術:15点 編集:9点 音響・音楽:7点 合計83点 人生に疲れてきたときに丁度いい映画。後ろ向きに生きるよりポジディブに生きよう、最初の一歩がYESってな感じで、自己啓発セミナーに見事にハマった主人公をコミカルにダイナミックに描いています。さすが...
コメディ

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2010年のカナダ・アメリカ合作によるホラーコメディ映画。2010年1月22日にサンダンス映画祭で初上映。気のいいヤツらが殺人鬼?? 抱腹絶倒!笑い死に覚悟のスプラッターおバカコメディー! タッカーとデイル 映画批評・備忘録 タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(原題:Tucker and Dale vs Evil) 脚本:25点 演技・演出:16点 撮影・美術:15点 編集:9点 音響・音楽:7点 合計72点 知る人ぞ知るアラン・テュディックがタッカー役を演じ、主人公のデイルをサポート。作品をみれば、史上最悪についてないのはタッカーやんwと思ったんですが...
コメディ

ゾンビーワールドへようこそ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2015年製作のアメリカ合衆国の映画。おバカでちょっとエッチなゾンビムービー!抱腹絶倒の“ボーイスカウト流戦術”でサバイバル!!モテないボーイスカウト3人組がゾンビハザードで大活躍!彼らのボーイスカウトの技術を駆使して大量発生したゾンビと激闘を繰り広げる!ショットガンをぶっ放すセクシー美女にも大興奮! ゾンビーワールドへようこそ 映画批評・備忘録 ゾンビーワールドへようこそ(原題:Scouts Guide to the Zombie Apocalypse) 脚本:25点 演技・演出:13点 撮影・美術:13点 編集:8点 音響・音楽:7点 合計66点 『ショーン・...
コメディ

ほぼ300|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2008年公開のアメリカ合衆国の映画。ジェイソン・フリードバーグとアーロン・セルツァーのコンビのパロディ映画である。邦題にもなっている『300 〈スリーハンドレッド〉』をベースに、『スパイダーマン3』、『シュレック』、『ハッピー フィート』、『アメリカンアイドル』などのパロディやブリトニー・スピアーズ、パリス・ヒルトンらへの弄りネタが詰め込まれている。13人のスパルタ戦士たちが約20人のペルシア軍へ戦いを挑むアクション・コメディ。 ほぼ300 映画批評・備忘録 ほぼ300(原題:Meet the Spartans) 脚本:3点 演技・演出:6点 撮影・美術:3点 編集:6点...
コメディ

ビキニ・カー・ウォッシュ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2015年製作のアメリカ合衆国の映画。ビキニ姿の美女が車を洗う洗車場で一攫千金を狙う大学生の奮闘を描いた青春エロティックコメディ。 ビキニ・カー・ウォッシュ 映画批評・備忘録 ビキニ・カー・ウォッシュ(原題:All American Bikini Car Wash) 脚本:20点 演技・演出:14点 撮影・美術:10点 編集:8点 音響・音楽:5点 合計57点 なぜ、こんな映画を見てしまったんだ。タイトルに惹かれて、ついつい。。。 高尚な恋愛映画ではないものの、エロと恋愛とコメディのさじ加減が絶妙かも。英会話の勉強によさそうなほど聞き取りやすいセリフ回しと、いち...
コメディ

ゾンビ・ガール|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2014年にアメリカ合衆国で製作されたホラー映画。本作は2008年に発表された短編映画『Burying the Ex』(アラン・トレッツァ監督)を長編映画化したものである。ウザい元カノが死んだと思ったら蘇ってきたからさぁ大変というブラックコメディ。 ゾンビ・ガール 映画批評・備忘録 ゾンビ・ガール(原題:Burying the Ex) 脚本:25点 演技・演出:13点 撮影・美術:13点 編集:8点 音響・音楽:7点 合計66点 若手の監督が撮った映画かな?と思っていたら大御所のジョー・ダンテの作品でびっくりしました。もともとユーモア溢れるホラーが得意の監督なので...
コメディ

ビートルジュース|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1988年公開のアメリカ合衆国の映画。若い幽霊2人が彼らの家へ引っ越して来た一家を追い出そうとするという喜劇。監督はアニメーター出身のティム・バートン。マイケル・マクドウェルとラリー・ウィルソンの原案を基にマクダウェルとウォーレン・スカーレンが脚本を執筆。アメリカでは1988年3月29日にプレミア上映されたのち、3月30日に公開され、週末興行成績で初登場から4週連続で1位になり、11週間トップ10内にとどまる大ヒットとなった。第61回(1988年度)アカデミー賞にてメイクアップ賞を受賞した。 ビートルジュース 映画批評・備忘録 ビートルジュース(原題:Beetlejuice) 脚...
コメディ

ショーン・オブ・ザ・デッド|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2004年にイギリスで製作されたホラー映画。ゾンビ映画の金字塔『ゾンビ』(原題: Dawn of the Dead)をパロディにした作品。突如として街に出現したゾンビの大群から恋人を救うべく立ちあがったダメ男の奮闘を描き、低予算ながらイギリスで大ヒットを記録したゾンビコメディ。ホラー映画だがコメディでもあり、ラブ・ストーリーも絡んでくるので、公開時のコピーは"Rom Zom Com"だった(Rom=Romance, Zom=Zombie, Com=Comedy)。 ショーン・オブ・ザ・デッド 映画批評・備忘録 ショーン・オブ・ザ・デッド(原題:Shaun of the Dead) ...
コメディ

T2 トレインスポッティング|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2017年公開のイギリスの映画。1996年の映画『トレインスポッティング』の21年ぶりの続編。ドラッグにはまった明日なき若者たちの日常をスタイリッシュな映像&サウンドを駆使して描き、当時、世界中の若い観客に愛された「トレインスポッティング」。大胆にも、当時は若かった登場人物たちの20年後を描いた続編が本作。 T2 トレインスポッティング 映画批評・備忘録 T2 トレインスポッティング(原題: T2 Trainspotting) 脚本:29点 演技・演出:15点 撮影・美術:15点 編集:8点 音響・音楽:8点 合計75点 キャリアを積んだスタッフとキャストがどのよ...
コメディ

ハリーとヘンダスン一家|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1987年制作のアメリカ合衆国のコメディ映画。ひょんな事から伝説の生物ビッグフットに遭遇、保護する事になったヘンダスン一家とその周囲で起きる騒動を描く。アメリカ人家族と伝説のビッグフットの交流を描いたハートウォーミングコメディ。 ハリーとヘンダスン一家 映画批評・備忘録 ハリーとヘンダスン一家(原題:Harry and the Hendersons) 脚本:32点 演技・演出:17点 撮影・美術:16点 編集:8点 音響・音楽:7点 合計80点 ウィリアム・ディア監督は、『世にも不思議なアメージング・ストーリー』の短編『パパはミイラ』で認められ、スピルバーグに抜擢...
コメディ

パリス・ヒルトン物語 小悪魔セレブの私生活|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2008年製作のカナダ映画。パリス・ヒルトンのドキュメンタリー風の実録映画。 パリス・ヒルトン物語 小悪魔セレブの私生活 映画批評・備忘録 パリス・ヒルトン物語 小悪魔セレブの私生活(原題:PAPARAZZI PRINCESS:THE PARIS HILTON STORY) 脚本:10点 演技・演出:5点 撮影・美術:10点 編集:5点 音響・音楽:5点 合計35点 魅力的なパリス役にアンバー・ヘイを起用したのが失敗。残念ながら彼女にはパリスのもつ圧倒的なセレブ感が微塵も感じられない。ニコール・リッチー役のファラ・アビバがそっくりだっただけに勿体ない。パリス・ヒル...
コメディ

ウェインズ・ワールド|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1992年公開のアメリカ合衆国の映画。人気テレビ番組『サタデー・ナイト・ライブ』の1コーナーを映画化したもので、日本では試写会にロックファンを呼んで字幕作りに参加させると言った試みも行われた。テレビでの初期は主人公の2人は高校生という設定だったが、映画版では少し年齢が上がっている。クイーンやアリス・クーパーなど、1970 - 80年代に活躍したミュージシャンの楽曲が挿入歌として使われ、ロックに関する小ネタも多いコメディ映画。 ウェインズ・ワールド 映画批評・備忘録 ウェインズ・ワールド(原題:Wayne's World) 脚本:30点 演技・演出:15点 撮影・美術:15点 ...
コメディ

アダムス・ファミリー2|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1993年公開のアメリカ合衆国の映画。1991年の映画『アダムス・ファミリー』の直接の続編で、スタッフ・キャストもほぼ同じである。 前作のラストでモーティシアが子供を授かったことを暗示させた事で、二人の子供が登場。 アダムス・ファミリー2 映画批評・備忘録 アダムス・ファミリー2(原題:Addams Family Values) 脚本:34点 演技・演出:16点 撮影・美術:16点 編集:8点 音響・音楽:8点 合計82点 今作では、生まれた赤ちゃんに兄と姉が嫉妬してしまうというのは現実でも良くある話なのだが、そこはアダムス・ファミリー、赤ちゃんを本気で殺そうと...
コメディ

アダムス・ファミリー|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

チャールズ・アダムスが創作した同名のカートゥーン『アダムス・ファミリー』を原作とした1991年のアメリカ映画。 アダムス・ファミリー 映画批評・備忘録 アダムス・ファミリー(原題:The Addams Family) 脚本:32点 演技・演出:17点 撮影・美術:18点 編集:9点 音響・音楽:9点 合計85点 これ以上はないだろうと思える素晴らしいキャスティング。 ゴメス役の名優ラウル・ジュリアの上品でありながら遊び心ある大胆な演技。 登場人物それぞれ個性豊かな演技が面白い! アニメ版、ドラマ版で人気を呼んだ『アダムス・ファミリー』の初の映画化である。監督...
コメディ

その男ヴァン・ダム|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

2008年のベルギー・ルクセンブルク・フランスの合作映画。自虐的コメディを題材とする。あえてハリウッド映画でないのがミソであり、ジャン=クロード・ヴァン・ダムが自らを演じたセルフ・パロディ映画である。自らの落ちぶれっぷりを積極的に映画のネタとして取り入れており、随所に自虐的なギャグが散りばめられている。 その男ヴァン・ダム 映画批評・備忘録 その男ヴァン・ダム(原題:JCVD) 脚本:28点 演技・演出:12点 撮影・美術:12点 編集:6点 音響・音楽:5点 合計63点 ジャン=クロード・ヴァン・ダム本人役で出演している今作。自身の自虐エピソードを笑いに変えて表...