スポンサーリンク

48時間PART2/帰って来たふたり|あらすじ、キャスト、予告編・無料動画

48時間PART2/帰って来たふたり
この記事は約4分で読めます。

1990年公開のアメリカ合衆国の映画。過激な捜査で免職寸前の刑事が、刑務所を出所したばかりの相棒と共に限られた時間の中で巨悪を追いつめるまでを描くポリスアクション。1982年の映画『48時間』の続編として8年ぶりに製作された。監督は前作と同じくウォルター・ヒルが務める。本作はウォルター・ヒルにとって初めての続編モノである。

本作の製作を熱望した主演のエディ・マーフィは、自身のプロダクション“エディ・マーフィ・プロダクションズ”を率いて製作にも参加し、且つ“フレッド・ブロートン”名義で原案も担当している。当時のエディ・マーフィ人気もあり、全米でNo.1ヒットを記録。1985年『ビバリーヒルズ・コップ』、86年『ゴールデン・チャイルド』、87年『ビバリーヒルズ・コップ2』、88年『星の王子 ニューヨークへ行く』、89年『ハーレム・ナイト』に続く6年連続、6本目の全米No.1ヒットとなった。

48時間PART2/帰って来たふたり 映画批評・備忘録


48時間PART2/帰って来たふたり(原題:Another 48 Hrs.)

脚本:37点
演技・演出:18点
撮影・美術:16点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計86点

前作をさらにパワーアップさせたというより、エディ・マーフィがキャリアを積んでパワーアップしている感じがする(前作がデビュー作だった)面白さと高い演技力、堅物感がさらに増しているように見えるニック・ノルティとの対比が際立っていて面白いです。前作以上にエディの口の上手さに自信とキレがあるのは、やっぱりキャリアを積んで他映画も大ヒットを飛ばしているスターになったこともあるでしょうし、そんなエディにニック・ノルティも食われてなるものかという演技してますよね。


amazonプライム・ビデオ

48時間PART2/帰って来たふたり あらすじ(ネタバレ)

サンフランシスコ。正体不明の麻薬取引の黒幕アイスマンを執念ぶかく追い続ける刑事ジャック・ケイツ(ニック・ノルティ)はレース場で怪しい2人組に発砲され、応戦するも片割れの黒人に逃げられてしまう。黒人はどうやらアイスマンの連絡係らしかった。ジャックは現場に残された写真から事件の鍵を握るのはレジー・ハモンド(エディ・マーフィ)と判断、刑務所を訪ね協力を求めるが、かつてジャックの捜査に協力して痛い目にあったレジーは預けたはずの金を返せと言うばかりでにべもない。

しかし出所の日、彼をアイスマンの差し向けたバイク集団が襲ったことから、ようやくレジーも捜査に協力することを決意する。がその頃警察内部でジャックの過激な捜査が問題となり、内務調査班のウィルソン(ケビン・タイ)によりジャックは謹慎処分を受け、バッジを取り上げられる。処分の下る査問会まであと2日。

ジャックとレジーは警察のキーホー(ブライオン・ジェームズ)の調べた情報を基に夜の街で捜査を続けるが、その行く手をバイク集団がことごとく阻み、手がかりも次々と消されてゆくことからアイスマンの仲間が警察内部にいるのではと疑い始める。ウィルソンをジャックは疑うが、レジーは否定する。行き詰まったジャックはレジーに預かった金を返し、もう捜査に協力しなくていいと言う。警察に別れを告げようとするジャック。

しかしその頃レジーと彼のムショ仲間の娘アミーはバイク集団に連れ去られていた。ジャックはその場を去った同僚クルーズを追うが、そこに待ち構えていたのは何とキーホーだった。彼こそがアイスマンなのだ。思わぬ同僚の裏切りに、怒りに燃えたジャックはキーホーを倒し、レジーとアミーを救う。救出の際にレジーは弾を受け救急車で運ばれていくが、その手にはまた新たにキーホーから得た50万ドル、そしてジャックとレジーの間には今や確かな友情があった。

48時間PART2/帰って来たふたり スタッフ

監督:ウォルター・ヒル
脚本:ラリー・グロス,ジョン・ファサーノ,ジェブ・スチュアート
製作:ローレンス・ゴードン,ロバート・D・ワックス
製作総指揮:マーク・リプスキー,ラルフ・S・シングルトン
音楽:ジェームズ・ホーナー
撮影:マシュー・F・レオネッティ
編集:ドン・アーロン,カーメル・デイヴィス,フリーマン・A・デイヴィス
配給:パラマウント映画

48時間PART2/帰って来たふたり キャスト

レジー・ハモンド:エディ・マーフィ
ジャック・ケイツ:ニック・ノルティ
ベン・キーホー:ブライオン・ジェームズ
ブレイク・ウィルソン:ケヴィン・タイ
フランク・クルーズ:エド・オロス
ウィリアム・”ウィリー”・ヒコック:デヴィッド・アンソニー・マーシャル
リチャード・”チェリー”・ギャンズ:アンドリュー・ディヴォフ
カークランド・スミス:バーニー・ケイシー
スローン・バローズ:ブレント・ジェニングス
マルコム・プライス:テッド・マークランド
ヘイデン:フランク・マクレー(クレジットなし)

48時間PART2/帰って来たふたり 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

48時間 映画シリーズ

48時間|あらすじ、キャスト、予告編・無料動画
1982年公開のアメリカ合衆国の映画。凶悪犯を追う刑事と、犯人の元相棒で服役中の囚人がコンビを組んで、48時間だけの仮釈放中に犯人を見つけ出す。エディ・マーフィとニック・ノルティ共演による刑事アクション。 48時間 映画批評・備忘録 48時間(原題:48 Hrs.)脚本:34点演技・演出:17点撮影・美術:16点編集:8点音響・音楽:7点合計82点 ストーリーはいたってシンプルな刑事系バディ映画で、二人の掛け合いを楽しむ作品です。現代映画のようなド派手な演出があるわけではありませんが、映画として必要な演出はちゃんとしている作品です。差別的な表現を含むことが最近では問題視されていますが...
48時間PART2/帰って来たふたり|あらすじ、キャスト、予告編・無料動画
1990年公開のアメリカ合衆国の映画。過激な捜査で免職寸前の刑事が、刑務所を出所したばかりの相棒と共に限られた時間の中で巨悪を追いつめるまでを描くポリスアクション。1982年の映画『48時間』の続編として8年ぶりに製作された。監督は前作と同じくウォルター・ヒルが務める。本作はウォルター・ヒルにとって初めての続編モノである。本作の製作を熱望した主演のエディ・マーフィは、自身のプロダクション“エディ・マーフィ・プロダクションズ”を率いて製作にも参加し、且つ“フレッド・ブロートン”名義で原案も担当している。当時のエディ・マーフィ人気もあり、全米でNo.1ヒットを記録。1985年『ビバリーヒルズ・...