着信アリFinal|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

着信アリ Final
この記事は約5分で読めます。

2006年公開の日本映画。『着信アリ』『着信アリ2』の続編にしてシリーズ完結編。チャン・グンソクの日本映画初出演作。主演は堀北真希と黒木メイサ。携帯電話が死を呼ぶツールになるという恐怖の連鎖を描いた人気ホラーシリーズ。「最終章」では、聞けば死に至る“死の着メロ”の転送をめぐり、血で血を洗うサバイバルが繰り広げられる。グンソクは、黒木のボーイフレンド役として登場。全編手話のセリフなしだが、目で語る抜群の演技力が光る!

着信アリFinal 映画批評・備忘録

着信アリFinal

脚本:22点
演技・演出:12点
撮影・美術:14点
編集:7点
音響・音楽:7点
合計62点

 それなりにおもしろい着信アリシリーズの完結編ですが、今作品もそれなりに面白いです。続編2作は酷評されることが多いですが、このシリーズに面白さで言う差は、ほとんどないと思います。むしろ、今作品はチャン・グンソクってこんなに美少年だったんだって思うほど、綺麗です。グンソクさまぁ~っと言って当時おっかけやってた人の気持ちがわらんでもないかな。。。。。それはさておき彼はとてもいい役者だと思います。一方、仮面ライダー響鬼の安達明日夢役が印象に残っている栩原 楽人(とちはら らくと)君のいじめられっ子具合がとても合っているところや、最終的にいじめっ子に復讐する時の演技の振り切れ具合は、この映画でも特に印象的です。いじめられっ子の死に方がなななななんで羽毛?というのは忘れましょう。今作品は死に方がどれもギャグかな?って思えるものが多く、初期の設定はどうなったんですか?と問いたくなりますが、そんなことは忘れてしまいましょう。呪いを転送される恐怖で携帯電話に右往左往する人間を観察をする映画だと思いましょう。

今作品は Huluで見ました。

amazonプライム・ビデオ

着信アリFinal あらすじ

安城高校2年C組は修学旅行で韓国へ出港した。フェリーの甲板で楽しそうにビデオを撮る生徒たちやはしゃぎ回る生徒たちだが、草間えみり(黒木メイサ)はどこか浮かない顔をしていた。小学校時代からの幼馴染みである親友の松田明日香(堀北真希)がイジメにあっていて、修学旅行に一人参加していなかったからである。

その夜、船室には数人の生徒が集まり、怪談話で盛り上がっていた。と、その時、ある女子生徒の携帯電話から奇妙な着メロが鳴り響く。発信元はその生徒のもので、しかも着信時刻は未来の時刻だった。さらに首を吊った自分の姿が写っていた。もちろんそんなことが出来る生徒は誰一人としていなかった。その生徒は誰かのいたずらだろうと思って奇妙な着信を放って置いた。数年前に人々を恐怖のどん底に陥れたあの「死の予告電話」だったということも知らずに。

その生徒は予告通り、かつてイジメを苦に自殺したパムと同じく首を吊り、死んでしまった。それを皮切りに、その後も次々と死の予告電話が生徒たちを襲い、着信を受けた生徒は一人、また一人と次々に不可解な死を遂げてしまう。そして、その着信を受けた生徒が、かつてパムをイジメていた生徒ばかりだったことから、「パムの呪い」と呼ばれるようになった。

一度着信を受けると決して死の予告からは逃れられないのだが、一つだけ逃れる方法があった。それは「転送スレバ死ナナイ」というものであった。もし死の着信を受けたとしても、誰かに転送すればその死の運命から逃れられるという。しかし転送を受けてしまったものは、その死の着信はもう誰にも転送できないのである。その呪いにより、楽しいはずだった修学旅行は修羅場と化した。

ある生徒は、その通り、誰かに転送して死の運命から逃れた者もいれば、転送せずにそのまま予告通りに死んだ者もいた。中には転送して助かったものの、精神がおかしくなり、入院した者や今まで自分をイジメていた者に転送して助かると同時に復讐を達成して狂喜する者もいた。2年C組は、誰に転送するかを巡りパニックに陥っていく中、えみりは心身共に疲れ果てるも韓国人のボーイフレンド、アン・ジヌ(ジャン・グンソク)とともに「死の予告電話」の元凶にせまる。

必死の元凶究明した結果、死の予告電話は、どうやら日本から発信されているらしい。しかも明日香の部屋からである。死の呪いは明日香が掛けて来ているのではないかと思われたが、アンは死の予告電話の元凶は水沼美々子という少女であると知る。アンはこのことについてある提案をえみりにぶつけた。明日香が美々子や見捨てられて死んで行った者たちに操られていて、いやその元凶達が明日香のパソコンのインターネット回線に取り付いてそれを通じて死の予告を送っているとすれば、そのパソコンに大量のメールを送り込み、フリーズさせて予告を送れないようにすれば良いのではないかというものだった。

これを聞いたえみりたち安城高校の2年C組の生徒達は最後の望みをその作戦に託し、韓国の人々に身振り、素振りで協力を呼びかける。中には韓国人に日本語で助けを求めている生徒もいた。えみりも右手に日本製の携帯、左手に韓国製の携帯を持ち、友達や家族達のアドレスなどいるだけの人々のアドレスをスクロールし、「助けて下さい。死の予告電話によって何人もの生徒が死んでいます。呪いの伝染を止めるためにパソコンをフリーズさせたいのです。このアドレスにできるだけメールを送って欲しいのです。もしあなたで止めてしまえば、大切な人に呪いの予告が来るかもしれません」と送った。同様にアンもパソコンを通し、世界中の人々のパソコンに明日香のアドレスを送った。

それらを見た人々は、「ねえ?これ、マジやばそうなんだけど?」、「おっしゃ!止めてやろうじゃないか!その死の呪いとやらを!」と送る人もいれば、「私も協力して止めます。だから諦めないで下さい!」「霊とか怨念なんかに負けないで!」という励ましのメールを明日香に送る人もいた。そして、その情報は瞬く間に世界中に広がった。そして運命の瞬間、安城高校の生徒達はパソコンを使い、いっせいに明日香のパソコンにメールを送った。

着信アリFinal スタッフ

監督:麻生学
脚本:大良美波子,真二郎
製作:黒井和男
音楽:遠藤浩二
主題歌:中孝介「思い出のすぐそばで」
撮影:田中一成
編集:川島章正
配給:東宝

着信アリFinal キャスト

堀北真希
黒木メイサ
板尾創路
チャン・グンソク
天川美穂
山根和馬
橋本真実
村上雄太
朝倉えりか
山方隆士
野田よし子
高橋あゆみ
上脇結友
矢田千夏
栩原楽人
恒吉梨絵
川本貴則
森岡龍
宇賀那健一
大島かれん
吉永毎莉奈

着信アリFinal 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

DVD・ブルーレイ商品情報

 

 

コメント