スポンサーリンク

フロム・ダスク・ティル・ドーン3|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

フロム・ダスク・ティル・ドーン3
この記事は約5分で読めます。

2000年製作のアメリカ合衆国の映画。『フロム・ダスク・ティル・ドーン』、『フロム・ダスク・ティル・ドーン2』に続く、バンパイアの女王“地獄のサンタニコ”の誕生を軸に描いた、傑作B級バンパイア・ホラーのシリーズ3作目。

フロム・ダスク・ティル・ドーン3 映画批評・備忘録


フロム・ダスク・ティル・ドーン3(原題:From Dusk Till Dawn 3: The Hangman’s Daughter)

脚本:28点
演技・演出:14点
撮影・美術:14点
編集:6点
音響・音楽:6点
合計68点

1作目には及ばないが、2作目よりは楽しめる3作目。1,2作目と異なり1900年代初頭が舞台になっています。また1作目と時代は違うもののストーリー構成はよく似ています。

フロム・ダスク・ティル・ドーン|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
1996年製作のアメリカ合衆国の映画。前半はロード・ムービーで後半はアクションホラー映画になる異色作。吸血鬼の巣窟に足を踏み入れてしまった二人の銀行強盗の悲劇を描いた、ロバート・ロドリゲス監督が贈るアクションホラー。特殊メイクデザイナーのロバート・カーツマンが作ったプロットを元に、クエンティン・タランティーノが脚本を書き、ロバート・ロドリゲスが監督した作品。 フロム・ダスク・ティル・ドーン 映画批評・備忘録 フロム・ダスク・ティル・ドーン(原題: From Dusk Till Dawn) 脚本:35点 演技・演出:17点 撮影・美術:16点 編集:8点 音響・音楽:7点 ...
フロム・ダスク・ティル・ドーン2|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
1999年制作のアメリカ合衆国の映画。吸血鬼を題材としたホラー・アクション映画『フロム・ダスク・ティル・ドーン』の続編。アメリカではオリジナルビデオとして制作され、日本では劇場公開された。 フロム・ダスク・ティル・ドーン2 映画批評・備忘録 フロム・ダスク・ティル・ドーン2(原題:From Dusk Till Dawn 2: Texas Blood Money) 脚本:25点 演技・演出:12点 撮影・美術:10点 編集:6点 音響・音楽:6点 合計59点 ビデオ映画での制作ということもあり、予算の都合なのか、撮影スポットは限られていてモーテルや銀行がメインで登場...

感想としては、まあまあ面白かったって感じです。ビデオ映画のため、低予算ながら良くできてる作品ともいえますし、ラテン系のノリとコメディ要素も入れてくるのは製作総指揮にタンティーノとロドリゲスがいるだけのことはあります。なんとなく、後の彼らの作品であるシン・シティやジャンゴの実験作だと思える部分がありました。

amazonプライム・ビデオ

フロム・ダスク・ティル・ドーン3 あらすじ

1900年代初頭のメキシコで、強盗団の首領であるジョニー・マドリッドの絞首刑が執行されることになる。ところが、執行の瞬間に運良く脱走できたジョニーは、冷酷非情な処刑人の娘で父親に虐待を受けているエスメラルダを救い出すかのようにさらっていく。仲間と合流したジョニーは、新婚の牧師夫妻やパンチョ・ビリャの革命軍に加わろうとしている作家でジャーナリストのアンブローズ・ビアスの乗る馬車を襲う。その後、ジョニーとエスメラルダは荒野の中の怪しげな宿場に辿り着き、そこで一夜を明かすことにする。ところが、そこは妖艶な女クイクスラが経営する売春宿であり、しかもクイクスラをはじめとする宿の人間は全て吸血鬼だったのである。そこにジョニーが襲った牧師夫妻とビアス、さらにジョニーとエスメラルダを追ってきた処刑人らもやって来て、宿の客と吸血鬼たちの凄まじい殺し合いが始まる。その中で、エスメラルダが処刑人とクイクスラとの間に生まれた娘であることが明らかになる。処刑人はエスメラルダを普通の人間として育てるつもりで厳しく躾けていたのである。クイクスラはエスメラルダを後継者とする儀式を行ない、エスメラルダは「地獄のサンタニコ」(1作目でサルマ・ハエックが演じたキャラクター)として完全に吸血鬼となってしまう。人々が次々と倒されていく中、遂に処刑人も吸血鬼となってしまうが、人間としての最後の力を振り絞って夜明けの陽の光を宿場内に入れ、クイクスラを倒す。そして吸血鬼となったエスメラルダが陽の光に遮られて外に出られなくなっているところをジョニーとビアスは閉じ込める。こうしてジョニーとビアスだけが助かり、ジョニーはビアスとともにパンチョ・ビリャの革命軍に加わることにする。エピローグとして、実はビアスが既にクイクスラに噛まれて吸血鬼になっていたことが明かされる。

フロム・ダスク・ティル・ドーン3 スタッフ

監督:P・J・ピース
脚本:アロバロ・ロドリゲス
原案:ロバート・ロドリゲス,アルバロ・ロドリゲス
製作総指揮:ロバート・ロドリゲス,クエンティン・タランティーノ,ローレンス・ベンダー
製作:マイケル・S・マーフィ,ジャンニ・ヌナリ,マイアー・テパー
音楽:ネイサン・バー
撮影:マイク・ボンヴィレイン
編集:ローレンス・A・マッドックス
製作会社:ディメンション・フィルムズ,ア・バンド・アパート,ロス・フーリガンズ
配給:ディメンジョン・ホーム・ビデオ,ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント,アミューズピクチャーズ

フロム・ダスク・ティル・ドーン3 キャスト

ジョニー・マドリッド:マルコ・レオナルディ
アンブロース・ビアス:マイケル・パークス
処刑人:テムエラ・モリソン
エスメラルダ:アラ・セリ
チャーリー:ダニー・トレホ
メアリー・ニューリー:レベッカ・ゲイハート
ジョン・ニューリー:レニー・ロフティン
クイクスラ:ソニア・ブラガ
キャサリン・リース:ジョーダナ・スパイロ

フロム・ダスク・ティル・ドーン3 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

フロム・ダスク・ティル・ドーン 映画シリーズ

フロム・ダスク・ティル・ドーン|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
1996年製作のアメリカ合衆国の映画。前半はロード・ムービーで後半はアクションホラー映画になる異色作。吸血鬼の巣窟に足を踏み入れてしまった二人の銀行強盗の悲劇を描いた、ロバート・ロドリゲス監督が贈るアクションホラー。特殊メイクデザイナーのロバート・カーツマンが作ったプロットを元に、クエンティン・タランティーノが脚本を書き、ロバート・ロドリゲスが監督した作品。 フロム・ダスク・ティル・ドーン 映画批評・備忘録 フロム・ダスク・ティル・ドーン(原題: From Dusk Till Dawn) 脚本:35点 演技・演出:17点 撮影・美術:16点 編集:8点 音響・音楽:7点 ...
フロム・ダスク・ティル・ドーン2|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
1999年制作のアメリカ合衆国の映画。吸血鬼を題材としたホラー・アクション映画『フロム・ダスク・ティル・ドーン』の続編。アメリカではオリジナルビデオとして制作され、日本では劇場公開された。 フロム・ダスク・ティル・ドーン2 映画批評・備忘録 フロム・ダスク・ティル・ドーン2(原題:From Dusk Till Dawn 2: Texas Blood Money) 脚本:25点 演技・演出:12点 撮影・美術:10点 編集:6点 音響・音楽:6点 合計59点 ビデオ映画での制作ということもあり、予算の都合なのか、撮影スポットは限られていてモーテルや銀行がメインで登場...
フロム・ダスク・ティル・ドーン3|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2000年製作のアメリカ合衆国の映画。『フロム・ダスク・ティル・ドーン』、『フロム・ダスク・ティル・ドーン2』に続く、バンパイアの女王“地獄のサンタニコ”の誕生を軸に描いた、傑作B級バンパイア・ホラーのシリーズ3作目。 フロム・ダスク・ティル・ドーン3 映画批評・備忘録 フロム・ダスク・ティル・ドーン3(原題:From Dusk Till Dawn 3: The Hangman's Daughter) 脚本:28点 演技・演出:14点 撮影・美術:14点 編集:6点 音響・音楽:6点 合計68点 1作目には及ばないが、2作目よりは楽しめる3作目。1,2作目と異なり...