スポンサーリンク

マリグナント 狂暴な悪夢|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

マリグナント 狂暴な悪夢
この記事は約6分で読めます。

2021年公開のアメリカ合衆国の映画。製作・監督・原案を彼が担い、完全オリジナルストーリーを展開。謎の殺人鬼が人々を襲う“狂暴な悪夢”の正体=Gとは?!ネタバレ厳禁のストーリー展開。ジェームズ・ワン監督が放つ、想像を遥かに超える衝撃の展開。一人ではみれない、トラウマになる恐怖。“今までとは一線を画す”ジャンルを超越したジェームズ・ワン作品「今までの作品とは一線を画すような、様々な ジャンルをミックスしたオリジナル映画」と監督自身がコメント。ホラー映画のルーツとも言える80年代ホラー・スリラー作品からの影響と、これまでにない新しさが合わさって生まれた、ジャンルを超越した、新次元ホラー。ホラー史を覆す驚きの展開 【ホラー+αのジャンル】と、アクションの名手ジェームズ・ワン監督が仕掛ける圧倒的スピード感&見せ場の連続に驚愕――。

マリグナント 狂暴な悪夢 映画批評・備忘録


マリグナント 狂暴な悪夢(原題:Malignant)

脚本:37点
演技・演出:18点
撮影・美術:18点
編集:9点
音響・音楽:8点
合計90点

サスペンスの脚本については、途中で気づいてしまう簡単なものなのですが、問題はその演出が想像の上を行く内容で驚かされました。ジェームズ・ワンらしい新時代の映画という感じです。過去の王道作品を嚙み砕いて消化し、新たなものを生み出すエネルギーを感じます。素晴らしいホラー作品です。

amazonプライム・ビデオ

マリグナント 狂暴な悪夢 あらすじ(ネタバレ)

1993年、フローレンス・ウィーバー医師とその同僚のビクター・フィールズとジョン・グレゴリーは、シミオン研究所で精神病患者のガブリエルを治療しました。ガブリエルには特別な力があり、電波を制御し、スピーカーを介して彼の考えを伝えることができます。ある夜、ガブリエルは暴力的になり、施設の数人の職員を殺害した。

27年後、シアトルに住む妊婦のマディソン・レイク・ミッチェルは、妊娠により仕事で気分が悪くなった後、虐待的な夫であるデレク・ミッチェルの家に戻ります。夫婦喧嘩となりデレクはマディソンの頭を壁にぶつけ、衝撃で彼女を出血させた後、彼女は寝室に閉じ込められて眠りに落ちます。マディソンは後に目覚め、男性が家に入って激しく殺すという夢を見た後、デレクの死体を見つけました。まだ家にいる殺人者はマディソンを攻撃し、彼女を無意識にします。

翌朝、マディソンは病院で目を覚まし、妹のシドニーから、胎児が衝撃に耐えられなかったと知らされました。警察の刑事ケコア・ショーと彼のパートナーのレジーナ・モスに事情聴取された後、マディソンは家に帰ります。そこで、マディソンはシドニーに彼女が8歳で養子縁組されたことを明らかにします。殺人犯はシアトルの地下ツアーを実行している女性を誘拐します。マディソンには別のビジョンがあります。今回は殺人犯がウィーバー医師を殺害したというものです。

調査中に、ショーとモスはウィーバーの家で子供の頃のマディソンの写真を発見し、ウィーバーが子供の再建手術を専門としていることを知りました。マディソンが別のビジョンを持った後、マディソンと彼女の妹は警察に近づきます。今回は殺人犯がフィールズ医師を殺害しました。殺人者はマディソンに連絡し、マディソンの幼なじみの架空の友人であるガブリエルであることを明かします。彼女と彼女の妹は、詳細を知るために母親のジャンヌを訪ねます。マディソンは、ガブリエルが彼女の想像上の友人ではなく、彼女が子供の頃に話しかけた本当の誰かであったことに気づきます。ショーは医者とマディソンの間につながりを見つけ、それが彼をグレゴリー医師の死体を発見するように導きます。

刑事は、マディソンの記憶を解き放つことを望んで、精神科の催眠療法士の助けを借ります。マディソンは、彼女の出生名がエミリー・メイであり、ガブリエルが彼女に胎児の妹を殺してほしかったことを思い出します。彼女はそれに近づきましたが、自分自身を止めることができました。誘拐された女性が彼女の家の屋根裏部屋から落ちたとき、警察はマディソンを逮捕し、ガブリエルが彼女の家の中に住んでいたことを明らかにしました。女性はマディソンの生みの母、セレナ・メイです。シドニーは現在廃墟となったシミオン病院を訪れ、ガブリエルが寄生双生児の極端なバージョンとして彼女の体の中に住んでいるエミリーの双子の兄弟であることを発見しました、エミリーと同じ脳と脊髄を共有しています。エミリーの子供時代、ガブリエルはエミリーの背中の外を向いた半ば形の子供として現れました。ウィーバーはエミリーを手術し、脳を除くすべての腫瘍を取り除くことができました。彼は幼い頃から休眠状態でしたが、デレクが頭を壁にぶつけたときに目が覚めました。ガブリエルの顔はマディソンの頭蓋骨の後ろから現れ、彼がコントロールするときに彼女の体を後方に動かし、殺人者の不自然な動きと彼の犯罪現場での逆さまの指紋を説明します。

ロックアップで仲間の囚人に挑発されたガブリエルは、マディソンの体を完全に支配し、彼らとほぼすべての境内を超人的な力と敏捷性で虐殺し、最終的には去ります。シドニーとショーは、セレナが捕虜から回復している病院で彼を傍受します。二人はガブリエルに襲われます。シドニーはマディソンに、ガブリエルが胎児を食べていたために流産の原因であると通知しました。腹を立てたマディソンは目を覚まし、彼女の体のコントロールを取り戻し、ガブリエルと彼女自身の両方を黒い心の風景に運びます。そこで、彼女は激怒したガブリエルをバーの後ろに閉じ込め、いつか逃げることを約束した後、彼女は準備ができていると言います。

病院に戻り、彼女の体を完全に制御して、マディソンはシドニーを壁に固定している病院のベッドを持ち上げます。マディソンが養子縁組され、血縁関係もありませんが、二人は愛し合い、絆を確かめる様に二人は抱擁した。二人が抱擁する姿をセレナは喜んで見つめますが、ガブリエルの攻撃に伴う電波のハミングはかすかに聞こえます。

マリグナント 狂暴な悪夢 スタッフ

監督:ジェームズ・ワン
脚本:アケラ・クーパー
原案:ジェームズ・ワン,イングリット・ビス,アケラ・クーパー
製作:ジェームズ・ワン,マイケル・クリアー
製作総指揮:エリック・マクレオド,ジャドソン・スコット,イングリット・ビス,ピーター・ルオ,チェン・ヤン,マンディ・ユー,レイ・ハン
音楽:ジョセフ・ビシャラ
撮影:マイケル・バージェス
編集:カーク・モッリ
製作会社:ニュー・ライン・シネマ,スターライト・メディア・インク,マイ・エンターテインメント・インク,アトミック・モンスター・プロダクションズ
配給:ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ

マリグナント 狂暴な悪夢 キャスト

マディソン・ミッチェル:アナベル・ウォーリス
幼少期のマディソン:マッケナ・グレイス
シドニー・レイク(マディソンの妹):マディー・ハッソン
デレク・ミッチェル(マディソンの夫):ジェイク・アベル
ケコア・ショウ刑事:ジョージ・ヤング
レジーナ・モス刑事:ミコレ・ブリアナ・ホワイト
フローレンス・ウィーバー医師:ジャクリーン・マッケンジー
ガブリエルの声:レイ・チェイス

マリグナント 狂暴な悪夢 予告編・無料動画



amazonプライム・ビデオ