スポンサーリンク

ドロップ・ゾーン|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

ドロップ・ゾーン
この記事は約4分で読めます。

1994年公開のアメリカ合衆国の映画。スカイダイビングを利用してハイジャックや機密強奪を企む一団に、敢然と立ち向かう連邦捜査官を描く。

ドロップ・ゾーン 映画批評・備忘録


ドロップ・ゾーン(原題:Drop Zone)

脚本:20点
演技・演出:5点
撮影・美術:5点
編集:7点
音響・音楽:6点
合計43点

スカイダイビングのチャンピオン、ガイ・マノスの発案を、『サタデー・ナイト・フィーバー』『ウォー・ゲーム』『ブルーサンダー』のジョン・バダムが監督、音楽はハンス・ジマーバックドラフト』『クリムゾン・タイド』『グラディエーター』他多数の名作曲家、ウェズリー・スナイプス主演、悪役にゲイリー・ビジーとキャスト、スタッフ共に期待できそうだ!と思いきや。。。。

肝のスカイダイビングシーンのアップショットは全て合成、すごく分かりやすい合成ブルーサンダーで伝説の市街戦を監督したジョン・バダムと思えない程、お粗末な出来栄え。
作風とハンス・ジマーの曲がなんかずれていて、安っぽいダイ・ハードみたいな感じ。スナイプスの衣装が常にダサいし、彼のキレキレのアクションもほとんど無い。
勢いのある人達を集めて、良い作品できたら良かったが、今作は寄せ集め感が漂った映画となってしまった。

amazonプライム・ビデオ

ドロップ・ゾーン あらすじ

連邦保安官のピート・ネシップとテリー・ネシップ。彼ら兄弟は任務で、ハッカーの囚人アール・リーディが証言する事で、リーディを飛行機で護送する。そのリーディを狙い、ハイジャック犯達は飛行機を乗っ取り、連れ去る。爆破で吹き飛んだドアから落ち死亡したテリーの仇を討つべく、ピートは不慣れながらスカイダイビングに挑む。

ドロップ・ゾーン スタッフ

監督:
脚本:,
原案:,,
製作:,,
製作総指揮:
音楽:
撮影:
編集:
配給:

ドロップ・ゾーン キャスト

ピート・ネシップ連邦保安官
連邦保安官。リーディを護送中にタイが率いるハイジャック犯達により弟テリーが犠牲になる。行き着いてジェシーと会い、スカイダイビングを習得してテリーの仇を討つべくハイジャック犯達に挑む。好みのタイプは優しくて物静かでトロい女。

ジェシー・クロスマン
スカイダイビング専門のスクールを経営する女性。元はチャンピオンであるジャガーと組んでいたが、そのジャガーと麻薬を運んだ事で捕まり、それ以降は捜査官を嫌い生意気な性格になっている。

タイ・モンクリーフ
ハイジャック犯のリーダー、元DEA麻薬捜査官。DEAや軍隊歴を悪用してスカイダイビングで麻薬を盗み出し、依頼者に売りさばく。リーディを連れ去る理由は、前職でも分からないDEAのコンピューターに侵入する頭が欲しいためである。FBI捜査官の1人も買収しており、ジャガーを口封じにしている。終盤でピートとの激しい乱闘の末に高層ビルから転落し、仲間の運転するトラックのフロントガラスに激突して死亡する。

アール・リーディ
囚人、ハッカー。証言することを条件にネシップ兄弟に護送してもらうが、タイ達が上空10000メートルから連れ去る(この時に一味のトルスキーが小指を食いちぎる。指を食いちぎった理由はリーディが死亡したように見せかける為である)。

セルカーク:
スウープ:
ジャガー:
テリー・ネシップ連邦保安官:
ボビー:
ウィノナ:
トルスキー:
デュピューティ・ドッグ:
カーラ:
ジュース:
トム・マックラッケン:
ボブ・コヴィングトン捜査官:
グレン・ブラックストン捜査官:
フォックス刑事:
ゴードン・メイプルズ:
マイク・ミルトン:
スティーブ・グリーバーグ(リポーター):
ジョアン:キンバリー・スコット

ドロップ・ゾーン 予告編


amazonプライム・ビデオ