スポンサーリンク

Z Inc. ゼット・インク|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

Z Inc. ゼット・インク
この記事は約6分で読めます。

2017年公開のアメリカ合衆国の映画。感染すると凶暴化するウィルスが蔓延した高層オフィスビルを舞台に繰り広げられるアクション・ホラー・コメディ。主演は大ヒットテレビシリーズ「ウォーキング・デッド」グレン・リー役のスティーヴン・ユァン。

Z Inc. ゼット・インク 映画批評・備忘録


Z Inc. ゼット・インク(原題:Mayhem)

脚本:28点
演技・演出:15点
撮影・美術:14点
編集:8点
音響・音楽:6点
合計71点

ウォーキング・デッドのグレン役で有名なスティーヴン・ユァンですが、今作も似た空気感の役どころとなっています。一応、スプラッター描写を伴うホラー映画ですが、コミカルなタッチで描いていることもありブラック・コメディ映画としての印象が残る映画でした。テンポが良いので苦がなく見てられます。怖さを求める方には合わないかもしれませんが、嫌な上司達をぶっ○していく映画なので、日頃のストレス解消になるかもしれません。基本的にそれを描いている作品のようにも思えます。残酷なホラーを求めるなら、『ヘッドハント』の方かな。

ヘッドハント|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2012年公開のオーストラリアの映画。閉鎖されたオフィスで自由を奪われた6人の男女が体験する恐怖を描くシチュエーションスリラー。 ヘッドハント 映画批評・備忘録 ヘッドハント(原題:Redd Inc. , Inhuman Resources) 脚本:34点 演技・演出:15点 撮影・美術:14点 編集:8点 音響・音楽:6点 合計77点 ホラー映画好きなら、笑いながら見れるような個性的なデスシーンが楽しめる作品で、脚本というかアイデアが良くてキャストがいまいちでも十分楽しめる内容になっています。 クライマックスもしてやったりの内容でありきたりのホラー作品と差...

今作品はU-NEXT で見ました。

Z Inc. ゼット・インク あらすじ(ネタバレ)

デレク・チョーは、世界中に蔓延しているID-7「赤目」ウイルスについて聴衆に話します。それは致命的ではありませんが、神経経路に感染し、すべての抑制と道徳的完全性を取り除き、殺人を含む可能性のある最も暗い衝動を実行する人々をもたらします。ネビル・リードは、ID-7によって引き起こされた最初の既知の殺人事件を犯しましたが、ウイルスの影響により、彼は責任を負わないと見なされました。タワー&スマイル・コンサルティング(TSC)の弁護士であるデレクは、リードの訴訟に勝った抜け穴を見つけ、彼にコーナーオフィスを与えました。デレクは楽観的な見方で仕事を始めましたが、家族を無視して、企業のはしごを登る道徳的な羅針盤をすぐに失いました。

ある朝、デレクは仕事に就き、ローンにもっと時間を必要とする絶望的なクライアントであるメラニー・クロスと会います。デレクは彼が助けることができないと思い、彼女に警備員を呼びます。デレクは、大企業のバンダコープの訴訟が彼の上司のカラ・パウエル(会社長のジョン・タワーズの耳を持っているので「サイレン」)によって彼に固定されていることを発見した後、彼女に立ち向かいます。彼らは、デレクの解雇を命じるタワーズに彼らの事件を訴えます。人事部長のレスター「死神」マギルは、デレクが責任を主張する見返りに、多額の退職金を提供します。デレクは、禁止されて訴えられることを恐れて、これを拒否したので、警備員がデレクを護衛し始めました。

ちょうどその時、換気システムでID-7ウイルスが検出されたため、建物は検疫下に置かれました。中和剤が建物に放出され、ウイルスが駆除されるまでに推定8時間かかりました。しかし、その間に建物内の全員が感染し、混乱、暴力、性別が発生します。

デレクはエレベーターを2階に持って行き、タワーズと取締役会に彼の仕事を取り戻すことに抗議しようとします。タワーズは代わりにデレクを地下室に送り、タワーズの執行者であるコルテン「ザ・ブル」シュナイダーに殴打された。デレクの友人であるエワンが助けにやって来たが、彼は誤ってブルに殺され、デレクをさらに激怒させた。

デレクは、セキュリティに抵抗していたメラニーと一緒に閉じ込められています。彼らは喧嘩しますが、最終的には一緒に働くことにします。デレクはバンダコープに電話し、誤って取り扱われた事件で彼の無実を保証し、TSCにバンダコープからの支払いを請求しました。デレクとメラニーは彼らの行動に責任を負わないことに気づき、武器を手に取り、最上階の人々にそれぞれの悪い状況の責任を負わせるつもりですが、そこに到達するにはリーパーとカラのキーカードが必要です。デレクは彼らを攻撃するために送られた2人の警備員を連れ出します。

死神に向かう途中で、デレクはさらに2人の警備員を無力化します。死神は彼らを攻撃します。メラニーはパワーソーで彼を殺します。デレクとメラニーは彼のカードを使ってカラのオフィスに行きます。彼らはカラの同僚の5人を決闘して残忍にします。カラは彼女の安全のために彼女のカードを提供します、しかし彼女の長い間苦しんでいるアシスタントメグはすでにそれを破壊しました。メグはサイレンの舌を切り取り、彼女を殺します。タワーズは、エワンの死体に排尿することでデレクを罵倒します。メラニーはデレクを慰め、彼らはセックスをします。

2階に上がるための別の方法が必要なため、デレクとメラニーは、会社の1人のITワーカーに、アイリーン・スマイスのコンピューターをハッキングして、彼女を降ろすように説得しました。彼らは彼女のカードと引き換えにスマイスのファイルを提供し、メラニーのローン延長の彼女の最初の拒否の取り消しを提供します。スマイスは、この期間中に署名された契約はウイルスを理由に無効になる可能性があると述べて拒否します。メラニーはスマイスのファイルを破棄します。ブルはデレクを攻撃しますが、ドライバーで殺されます。スマイスはメラニーへの復讐と引き換えにデレクの最上階へのアクセスを提供しています。デレクは受け入れますが、メラニーの拘束を妨害します。メラニーは逃げ出し、ハンマーでスマイスを殺します。

最上階では、タワーズはデレクに完全なパートナーシップを提供していますが、デレクは拒否します。デレクはタワーズの助手をかわし、タワーズと戦います。TSCの理事会は彼にタワーを殺す許可を与えたので、検疫が解除されるのと同じように、デレクは彼を建物から殴り殺しました。

デレクは、タワーズの仕事に関する取締役会の申し出を受け入れます。彼はメラニーのローンを延長し、すぐに会社を辞め、後にメラニーと一緒に絵を描いているのが見られます。彼は観客に手遅れになる前に自分たちの生活をコントロールするようにアドバイスし、タワーが地面にぶつかるショットを添えます。

Z Inc. ゼット・インク スタッフ

監督:ジョー・リンチ
製作:メルダッド・エリー,ローレンス・マティス,マット・スミス,ショーン・ソーレンセン,パリサ・キャビアニ
製作総指揮:スティーブン・ユァン,バディ・エンライト
脚本:マティアス・カルーソ
音楽:スティーブ・ムーア
撮影:スティーブ・ゲイナー
編集:ジョシュ・イーザー

Z Inc. ゼット・インク キャスト

スティーヴン・ユァン
サマラ・ウィーヴィング
キャロライン・チケジー
スティーブン・ブランド
ダラス・ロバーツ
ケリー・フォックス
クレア・デラマール
ルーシー・チャペル
ニコラ・ケント
アナマリア・セルダ
ニーナ・セニカー
マーク・フロスト

Z Inc. ゼット・インク 予告編・無料動画