スポンサーリンク

アオラレ|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

映画 アオラレ
この記事は約3分で読めます。

アオラレは、2020年公開のアメリカ合衆国の映画。ラッセル・クロウ主演のアクションスリラー。シングルマザーのレイチェルは、自動車で息子を学校に送り届ける途中、前のクルマを追い越したことから、その運転手の男と口論に。これをきっかけに、レイチェルは常軌を逸した男の行動に追い詰められていく……。

アオラレ 映画批評・評価・考察


アオラレ(原題:Unhinged)

脚本:27点
演技・演出:16点
撮影・美術:15点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計73点

ラッセル・クロウが60歳手前で演じるキレるおっさんの行動が見どころなんですが、日本のみならず、アメリカでも社会問題になっている煽り運転とちょっとしたことでキレてしまう大人と必要以上に反応してしまい逆恨みを買うスルーできない大人も同時に描いています。

邦題がアオラレなので煽り運転が主に描かれているように思いがちですが、キレて暴走しストーキングから当事者のみならず関係する人間を血祭りにあげていくバイオレンス映画になっています。何の罪も落ち度もない被害者の親族や関係者に最大の不幸が襲うという状況と、強気の被害者のメンタルがキレるおっさんより怖い気もしました。


今作品はAmazonプライムで見ました。
amazonプライム・ビデオ

アオラレ あらすじ

美容師として働くシングルマザーのレイチェル(カレン・ピストリアス)は、今日も朝寝坊してしまい、慌てて息子のカイル(ガブリエル・ベイトマン)を学校へ送り届けながら職場へ向かう。ところが、高速道路は大渋滞。度重なる遅刻がたたり、クビを言い渡されてしまう。最悪の気分のまま、赤信号で停止するが、青信号に変わっても前の車が発進しない。クラクションにも反応しないことにイラついたレイチェルは、思わず追い越してしまう。すると、その車を運転していた男(ラッセル・クロウ)が、“運転マナーがなっていない”とクレームをつけ、謝罪を求めてくる。それを拒否して車を出すレイチェル。話はそれで終わったかに思われたが、息子を学校に送り届けた後、立ち寄ったガソリンスタンドの売店で、その男に尾行されていることに気づく。さらに、店員から“あおり運転の常習犯”と警告を受けたレイチェルが車に戻ると、ある異変が……。だが、時すでに遅し。信じられない執念に駆り立てられた男のノンストップの“あおり運転”が、レイチェルに襲い掛かる……。

アオラレ スタッフ

監督:デリック・ボルテ
脚本:カール・エルスワース
製作:リサ・エルジー,マーク・ギル,アンドリュー・ガン
製作総指揮:ガイ・ボッサム,クリスタル・ブルボー,クリストファー・ミルバーン,アンダース・エアデン,ピーター・タッチ,ギャレス・ウェスト
音楽:デヴィッド・バックリー
撮影:ブレンダン・ガルヴィン
編集:スティーヴ・ミルコヴィッチ,ティム・ミルコヴィッチ,マイケル・マカスカー
製作会社:ブレク・フィルムズ,インジーニアス・メディア
配給:ソルスティス・スタジオズ,KADOKAWA

アオラレ キャスト

トム・クーパー:ラッセル・クロウ – 運転手。
レイチェル・フリン:カレン・ピストリアス – カイルの母親。
カイル・フリン:ガブリエル・ベイトマン – レイチェルの息子。
アンディ:ジミ・シンプソン – レイチェルの友人で離婚弁護士。
フレッド:オースティン・P・マッケンジー – レイチェルの弟。
メアリー:ジュリエンヌ・ジョイナー – フレッドの恋人。
レオ:スティーヴン・ルイス・グラッシュ – ガソリンスタンドの客でレイチェルをトムから救った男。
デボラ・ハスケル:アン・レイトン – レイチェルのクライアント。
ホーマー:マイケル・パパジョン – 警察官。
ロージー:ルーシー・ファウスト – レイチェルの隣人。
エアーズ先生:デヴィン・タイラー

アオラレ 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ