スポンサーリンク

バンディッツ|銀行強盗を繰り返す2人の男と彼らに出会った平凡な主婦が繰り広げるスリリングなクライム・コメディ

映画 バンディッツ
この記事は約3分で読めます。

バンディッツは、2001年公開のアメリカ合衆国の映画。強盗グループの逃避行をユーモラスに描いた作品。俊英バリー・レヴィンソン監督が個性派俳優たちと組んでお届けする犯罪者版『冒険者たち』とでもいった作品。ビリー・ボブ・ソーントンとケイト・ブランシェットはゴールデングローブ賞にノミネートされた。

バンディッツ 映画批評・評価・考察

バンディッツ〈特別編〉 [DVD]
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
¥48(2024/02/23 20:32時点)

バンディッツ(原題: Bandits)

脚本:31点
演技・演出:17点
撮影・美術:16点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計79点

ダーティ・ヒーローとしてマスコミで祭り上げられていく3人の逃避行と三角関係の行方をスタイリッシュに描いています。監督は『レインマン』でアカデミー賞を受賞したバリー・レヴィンソン。主演の2人には『アルマゲドン』のブルース・ウィリスとビリー・ボブ・ソーントン。一滴の血も流さずに銀行を襲うクールでロマンチックな悪党たちの運命から目が離せない展開で最後まで楽しめます。

今作品はAmazonプライムで見ました。
amazonプライム・ビデオ

バンディッツ あらすじ(ネタバレ)

オレゴン州立刑務所で知り合った、タフガイのジョー(ブルース・ウィリス)と心気症に悩まされるテリー(ビリー・ボブ・ソーントン)。正反対のタイプながら強い友情で結ばれた二人は、ジョーの従兄弟ハーヴィー(トロイ・ガリティ)を仲間に加え、華麗なテクニックで銀行強盗を続けていく。

そんなある日、彼らの前に平凡な主婦生活に飽き飽きしていたケイト(ケイト・ブランシェット)が現われ、仲間入り。マスコミに追いかけられ、一躍ヒーローに祭り上げられる中、ケイトはジョーとテリーを同時に愛してしまうようになった。

そのことで2人の友情は揺らぎはじめ、そして旅の最終地カリフォルニアに。ジョーとテリーは強盗に入った銀行で互いを撃ち合い息絶えるのだが、しかしそれは狂言。世間には死んだと思わせておいて、一味は見事高飛びを果たすのだった。

バンディッツ スタッフ

監督:バリー・レヴィンソン
脚本:ハーレイ・ペイトン
製作:バリー・レヴィンソン,アショク・アムリトラジ,ミシェル・バーク,デヴィッド・ホバーマン,マイケル・バーンバウム,アーノルド・リフキン,ポーラ・ワインスタイン
製作総指揮:パトリック・マコーミック,ハーレイ・ペイトン,デヴィッド・ウィリス
音楽:クリストファー・ヤング
撮影:ダンテ・スピノッティ
編集:ステュー・リンダー
製作会社:メトロ・ゴールドウィン・メイヤー,エプシロン・モーション・ピクチャーズ,ハイド・パーク・エンターテインメント,エンパイア・ピクチャーズ,ロータス・ピクチャーズ,ボルチモア / スプリング・クリーク・ピクチャーズ,シャイアン・エンタープライゼス
配給:MGM,20世紀フォックス映画

バンディッツ キャスト

ジョー・ブレーク:ブルース・ウィリス
テリー・コリンズ:ビリー・ボブ・ソーントン
ケイト・ウィーラー:ケイト・ブランシェット
ハーヴィー・ポラード:トロイ・ギャリティ
ダリル・ミラー:ブライアン・F・オバーン
クロエ・ミラー:ステイシー・トラヴィス
ダーレン・ヘッド:ボビー・スレイトン
クレア:ジャニュアリー・ジョーンズ
チャールズ・ウィーラー:ウィリアム・コンバース・ロバーツ
ロンサンゼルス市警マコーミック警部補:ピーター・ウィアーター
シェリー:アズーラ・スカイ
フィル:アンソニー・バーチ
エリカ・ミラー:タルーラ・ベル・ウィリス
モニカ・ミラー:スカウト・ラルー・ウィリス
ミルドレッド・クローネンベルク支店長:ペギー・ミリー
ラルフ銀行員:ジョン・エヴァンス
ワイルドウッド警官エドガー:スコット・バークホールダー
ローレンス・ファイフ支店長:リチャード・リール
サラ・ファイフ:マイコール・マーキュリオ
ビリー・サンダース:サム・レビンソン

バンディッツ 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ