スポンサーリンク

12モンキーズ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

12モンキーズ
この記事は約5分で読めます。

1995年公開のアメリカ合衆国の映画。時間旅行と全世界へのウイルス拡散のミステリーをモチーフにしたSF映画。監督はモンティ・パイソンのメンバーのテリー・ギリアム。この映画は批評家の称賛を得てリリースされ、世界中で1億6,880万ドルの収益を上げました。

12モンキーズ 映画批評・備忘録


12モンキーズ(原題:Twelve Monkeys)

脚本:38点
演技・演出:17点
撮影・美術:15点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計85点

 ある人はめちゃくちゃ面白い映画だよ。ある人はめちゃくちゃつまらなかった。またある人は意味が分からなかった。などと、いろいろ感想が分かれる映画でした。
僕の場合は、テリー・ギリアム監督の作品が好きなんで、雰囲気だけでも楽しめてしまうところがありました。初見の時は、あまり深読みしてなかったです。DVD購入してから何度か見て、各シーンのいろいろな意味合いを考えたりしました。
 エンディングの意味合いを探る考察が多いので、レビューを見たらネタバレになってしまうところがあると思います。しかしながら、今作、それを知ったところで、この映画が持つメッセージについては理解できないと思いますので、やはり最初から最後まで見る必要があります。そして見たら見たで、あれは?ん?ってことが起こるんですね。テリー・ギリアムってあえてはっきりさせないという演出するので、想像力をもって考えるしかないってところがあるんです。これは好き嫌いがあると思います。

想像力、創造力といろいろと掻き立てられる作品なので、繰り返し楽しめる作品だと思います。

amazonプライム・ビデオ

12モンキーズ あらすじ(ネタバレ)

1996年にリリースされた致命的なウイルスは、人類のほぼすべてを一掃し、生存者を地下に住まわせます。12モンキーズの軍隊として知られているグループがウイルスを放出したと考えられています。

2035年、ジェームズ・コールは、フィラデルフィアの下の地下に住む囚人です。コールは、科学者が治療法を開発するのを助けるために元のウイルスを見つけるために時間内に送り返されるように選択されています。その間、コールは足の追跡と空港での銃撃を含む夢に悩まされています。

コールは、計画どおり1996年ではなく、1990年にボルチモアに到着しました。彼はキャサリン・ライリー博士の診断で精神病院に逮捕され投獄されました。そこで彼は、環境保護論者と反コーポラティストの見解を持つ精神病患者であるジェフリー・ゴインズに出会う。コールは医師のパネルからインタビューを受け、ウイルスの発生がすでに起こっていることを説明しようとしています。

脱出の試みの後、コールは鎮静されて独房に閉じ込められましたが、彼は姿を消し、2035年に目覚めました。コールは、12モンキーズの軍隊とウイルスとの関連を主張する歪んだボイスメールメッセージを再生する科学者によって尋問されます。彼はまた、ゴインを含む、関与している疑いのある多くの人々の写真を見せられています。科学者たちはコールに彼の任務を完了し、彼を時間内に送り返す別の機会を提供します。コールは第一次世界大戦中に誤って戦場に到着し、脚を撃たれて1996年に輸送されました。

1996年、ライリーは、カサンドラコンプレックスについて科学者のグループに講演しました。講義後の本の署名で、ライリーはピーターズ博士に会いました。ピーターズ博士は、黙示録の警戒者は正気のビジョンを表していますが、人類の環境の段階的な破壊は本当の狂気です。

コールは、チラシが宣伝しているのを見て会場に到着し、ライリーが出発すると、彼女を誘拐し、フィラデルフィアに連れて行くように強制します。彼らは、ゴインが彼を探しに出発する前に、12モンキーズの軍隊の創設者であることを学びます。彼らがゴインズと対峙するとき、彼はグループへの関与を否定し、1990年にコールはゴインズのウイルス学者の父親から盗まれたウイルスで人類を一掃するという考えを生み出したと言います。

コールは2035年に輸送され、そこで科学者に彼の使命へのコミットメントを再確認します。しかし、1996年に再びライリーを見つけたとき、彼は彼女が提案したように今は自分が狂っていると信じていると彼女に言います。その間、ライリーは彼が正気であると信じて、彼女が彼に示す彼のタイムトラベルの証拠を発見しました。彼らは疫病が始まる前にフロリダキーズに向けて出発することにしました。

彼らは、12モンキーズの軍隊が流行の原因ではなかったことを学びます。このグループの主な抗議行動は、動物園から動物を解放し、ゴインズの父親を動物の檻に入れることです。空港で、コールは科学者たちに、12モンキーズの軍隊を追うのは間違った道であり、彼は戻ってこないだろうと伝えるメッセージを残します。コールは、彼自身の時代からの彼のセルメイトであるホセに直面します。ホセはコールに拳銃を与え、命令に従うように彼に指示します。

ライリーはピーターズ博士を見つけ、新聞からゴインズの父親の助手として彼を認めます。ピーターズは、ウイルスの発生場所と一致するいくつかの都市のツアーに着手しようとしています。

コールはピーターズを追跡するためにセキュリティチェックポイントを強制的に通過します。彼が与えられた銃を引いた後、コールは警察に撃たれました。コールがライリーの腕の中で死にかけていると、ライリーは突然彼女の周りの群衆を見渡し始めます。ライリーはついに小さな男の子とアイコンタクトを取りました。若いジェームズ・コールは、彼自身の死のシーンを目撃しました。これは、今後何年にもわたって彼の夢の中で再現されます。飛行機に乗ったピーターズは、将来の科学者の1人であるジョーンズの隣に座ります。ジョーンズは彼女の仕事は「保険業」であるとコメントしています。若いコールは飛行機が地面から離陸するのを見ています。

12モンキーズ スタッフ

監督:テリー・ギリアム
脚本:デヴィッド・ピープルズ,ジャネット・ピープルズ
製作:チャールズ・ローヴェン
製作総指揮:ロバート・コスバーグ,ロバート・カヴァロ,ゲイリー・レヴィンソン
音楽:ポール・バックマスター
撮影:ロジャー・プラット
編集:ミック・オーズレー
配給:ユニバーサル,松竹富士

12モンキーズ キャスト

ブルース・ウィリス
マデリーン・ストウ
ブラッド・ピット
クリストファー・プラマー
デヴィッド・モース
ジョン・セダ
H・マイケル・ウォールズ
ボブ・エイドリアン
サイモン・ジョーンズ
キャロル・フローレンス
ビル・レイモンド
フランク・ゴーシン

12モンキーズ 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ