吐きだめの悪魔 -100点(マイナス)

吐きだめの悪魔

1987年公開のアメリカ合衆国の映画。マンハッタンの下町を舞台に、人間の体をドロドロに溶かしてしまう腐ったワインが巻き起こす恐怖と騒動を、グロテスクなSFXとおふざけ感覚で描いた誰得のカルトホラー映画。1987年度アヴォリアッツ国際ファンタスティック映画祭で一大センセーションを巻き起こした衝撃の問題作!

吐きだめの悪魔 映画批評・備忘録


吐きだめの悪魔(原題:STREET TRASH)

脚本:-40点
演技・演出:-20点
撮影・美術:-20点
編集:-10点
音響・音楽:-10点
合計ー100点(マイナス)


 キング・オブ・クソ映画だなと個人的に思った作品です。これほど救いようがない演出に脚本、映像から受ける不快感ときたら最低としか思えません。これを当時、テレビ番組で紹介していた時代があったんです。いったいどれだけの子供たちにトラウマを与えたことでしょう(笑)メイクや溶ける特撮がよくできていることもあり、本当に気持ち悪いんです。今作を初めて見たときからクソ映画だと思ってましたが、数多くの作品を見てきてこれを超えるクソ映画もないかなと思います。アマゾンで配信していることが驚きですが、特撮がよくできていることもありそういった需要(怖いもの見たさ)があるのかなと思います。


amazonプライム・ビデオ

吐きだめの悪魔 あらすじ

ニューヨークの下町、バワリー通り。そこは人生に敗れドロップアウトした浮浪者やホームレスで溢れかえる無秩序の街だった。
フレッドとケヴィンの若い兄弟も、この地区の自動車廃棄場に隠れ住んでいる。 ある日、酒屋の主人が地下室で発見したいわくのありげな安酒を1瓶1ドルの大特価で売り出してしまう。
だがこの安酒には恐ろしい威力があった。 ひとくち飲むだけで体に異変が起こり、ある者は全身溶解をはじめ、ある者は極限まで膨らんで爆発してしまう。
そんな事とは知らない住民たちは、金と欲に振り回されていくのだが……。

吐きだめの悪魔 スタッフ

監督 : J・マイケル・ムロ
脚本 : J・マイケル・ムロ
製作 : ロイ・フランケス
原作 : ロイ・フランケス
撮影 : デヴィッド・スパーリング
音楽 : リック・ウルフィック
配給:ヘラルド

吐きだめの悪魔 キャスト

ビル・チェピル
マイク・ラッケイ
ビック・ノート
ジェーン・アラカワ
マーク・スフェラッツァ
トニー・ダロウ
ジェームズ・ロリンズ
ミリアム・ズッカー
M・ジャンゴ・クランチ

吐きだめの悪魔 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ