スポンサーリンク

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者|地球を支配するのは人類か恐竜か、それとも共存の道を選ぶのか ─ 映画の歴史を変えた大ヒットシリーズ、ついに完結

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者
この記事は約8分で読めます。

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者は、2022年公開のアメリカ合衆国の映画。前作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』で恐竜が解放されて4年。恐竜は全世界に分布を広げ、中生代を彷彿とさせる光景が広がっていた。オーウェンたちは絶滅を免れた恐竜の保護を目指すが、人類への影響や既存の生態系の破壊を巡る葛藤が描写される。『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018年)の続編で、「ジュラシック・パーク」フランチャイズの第6作目であり、「ジュラシック・ワールド」三部作の第3作目であり、完結編である。

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者 映画批評・評価・考察

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者

ジュラシック・ワールド/新たなる支配(原題: Jurassic World: Dominion)

脚本:29点
演技・演出:15点
撮影・美術:20点
編集:9点
音響・音楽:9点
合計82点

『ジュラシック・パーク』と『ジュラシック・ワールド』の総集編のような名シーンと恐竜たちが見られます。それを良しとするかオリジナリティの欠如と見るかは、あなた次第。

圧巻の映像と抜群のカメラワーク、調和のとれた娯楽性は家族で楽しめる作品です。シリーズ最終章は1作目に及ばないというのは、今作にも当てはまると思います。スピルバーグへのリスペクトを感じるし、シリーズを代表するキャストが勢揃いするのもシリーズを楽しんできたものからすると、とても嬉しい反面、このパターン見飽きたというのもあります。バイオシン社がバイオハザードのアンブレラ社みたいになってるのが(-_-;)

シリーズ通して、恐竜映画でありながら、博愛や家族愛を描いているのも今作の特徴でもあり、それが主軸になってるのはとても良いなと思いました。なんたって、ファミリー映画であり映画館で体験できるアドベンチャーですしね。

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者 あらすじ(ネタバレ)

ロックウッド・エステート事件とイスラヌブラル島での大変動の火山噴火から4年後、絶滅した恐竜が自由に地球を歩き回り、生態学的災害と致命的な動物の攻撃を引き起こした。侵入種を制御する世界的な取り組みの中で、バイオシン社はイタリアのドロミテ山脈に恐竜保護区を設立し、そこでゲノミクス研究を実施し、表面上は画期的な薬理学的および農学的応用を模索していた。

クレア・ディアリング、ジア・ロドリゲス、フランクリン・ウェッブはまだ恐竜保護グループに所属しており、違法な恐竜の繁殖地を調査していた。クレアのパートナーであるオーウェンはラングラーとして働き、迷子の恐竜の移動を支援していた。クレアとオーウェンは、シエラネバダ山脈の離れた小屋で、ベンジャミン・ロックウッドのクローン人間である孫娘14歳のメイジー・ロックウッドを密かに育て、邪悪な計画のために彼女のDNAを研究する遺伝子研究会社から彼女を守っていた。オーウェンの訓練を受けたヴェロキラプトル、ブルーが無性生殖された孵化したばかりの子ガメを連れて突然現れたとき 、メイジーはそれをベータと名付けた。隔離された生活でますますイライラするようになったメイジーは、バイオシン社の工作員が彼女を見つけたことに気づかずに、クレアとオーウェンからこっそり離れた。彼らは彼女を誘拐し、ベータを捕らえた。

他の場所では、以前は絶滅した巨大なイナゴが、不可解にも大規模な群れの中に再び現れ、作物を一掃した。古植物 学者のエリー・サトラー博士は、バイオシン社の種子を使用した企業で栽培された作物は食べられないままであり、イナゴを作った災害を引き起こしていると訴えた。エリーは白亜紀にまで遡る可能性があると信じ、元パートナーで古生物学者 のアラン・グラント博士に助けを求めた。現在CIAの恐竜ユニットに所属しているフランクリンは、クレアとオーウェンに、メイジーとベータがマルタに連れて行かれた可能性があると語った。彼らは恐竜の闇市場に潜入した。当局が襲撃を開始すると、捕食者の恐竜が解き放たれ、大混乱を引き起こした。秘密裏に働いているジュラシック・ワールドの元同僚バリーは、クレアとオーウェンに、メイジーとベータがバイオシン社の人里離れたイタリアの研究施設に移送されていることを伝えた。親切な貨物パイロットのケイラ・ワッツがクレアとオーウェンを乗せて飛び立った

現在バイオシン社で働いているカオス理論家のイアン・マルコム博士は、バイオシン社の広報部長ラムジー・コールに発言をひっくり返された後、 CEOのルイス・ドジスン博士の違法行為を暴露するためにエリーに助けを求めた。会社の遺伝学者、ヘンリー・ウー博士が世界の食糧供給を制御する手段として、バイオシン社の作物を避けるようにイナゴを遺伝子操作していた。ウーは今、この計画を非難し、イナゴが抑制されずに広がるにつれて、それが世界的な飢饉を引き起こすだろうと述べた。ウーはメイジーに会い、ベンジャミン・ロックウッドの亡くなった娘でウーの元同僚であるシャーロット・ロックウッド博士が、彼女自身のDNAを使用して、遺伝的に同一のメイジーを無性妊娠し、出産したと説明した。彼女はメイジーのDNAを変更して、彼女が持っていた致命的な病気を受け継ぐのを防いだ。ウーは、メイジーとベータの無性の概念は、それらのDNAとともに、イナゴの発生を止めることができる 病原体を作成するための鍵であると信じていた。

ケツァルコアトルスがバイオシン社の空域でケイラの飛行機を攻撃し、墜落させた。テリジノサウルスとピロラプトルとの別々の出会いに続いて、3人は再編成した。バイオシン社の内部では、エリーとアランは制限されたラボにアクセスし、イナゴのサンプルを盗みだした。彼らは彼らと一緒に去るメイジーに遭遇した。違反を発見したドジスンは、証拠を破壊するためにイナゴを焼却したが、多くは逃げ出し、山火事を引き起こし、施設全体の避難を余儀なくされた。

アラン、エリー、メイジーはかろうじて脱出し、イアン、オーウェン、クレア、ケイラと再会した。ドジスンはハイパーループを介して恐竜の胚を持って逃げたが、トンネルに閉じ込められ、その後3匹のディロフォサウルスに殺された。電子インプラントは恐竜を召喚して火から保護し、オーウェンはベータを見つけて落ち着かせた。ギガノトサウルスはグループを脅かしますが、テリジノサウルスと最初の公園のベテランティラノサウルスレックスによって致命的な攻撃を受けた。グループはバイオシン社のヘリコプターでウーと一緒に脱出した。エリーとアランは、イアンとラムゼイと一緒にバイオシン社に対して証言する前に、彼らの関係を再燃させた。オーウェン、クレア、メイジーが帰国し、ベータとブルーを再会させた。ウーはイナゴを根絶するために病原体を製造して放出した。世界中で、恐竜は人間や現代の動物との新しい共存に適応し、国連はバイオシン・バレーを恐竜の聖域と宣言した。

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者 スタッフ

監督:コリン・トレヴォロウ
脚本:コリン・トレヴォロウ,エミリー・カーマイケル
原案:コリン・トレヴォロウ,デレク・コノリー
原作:キャラクター創造 マイケル・クライトン
製作:フランク・マーシャル,パトリック・クローリー
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ,コリン・トレヴォロウ
音楽:マイケル・ジアッチーノ
撮影:ジョン・シュワルツマン
編集:マーク・サンガー
製作会社:アンブリン・エンターテインメント,パーフェクト・ワールド・ピクチャーズ
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ,東宝東和

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者 キャスト

オーウェン・グレイディ:クリス・プラット
主人公。ジュラシック・ワールドの元恐竜監視員。

クレア・ディアリング:ブライス・ダラス・ハワード
ジュラシック・ワールドの元管理責任者。

アラン・グラント:サム・ニール
古生物学者。かつてのイスラ・ヌブラル島事件の当事者の一人で、後にカービー一家に巻き込まれてイスラ・ソルナ島でもサバイバルを経験した。

エリー・サトラー:ローラ・ダーン
古植物学者。かつてのイスラ・ヌブラル島事件の当事者の一人。

イアン・マルコム:ジェフ・ゴールドブラム
数学者で、カオス理論の専門家。かつてのイスラ・ヌブラル島事件の当事者の一人で、サンディエゴ事件の当事者でもある。

フランクリン・ウェブ:ジャスティス・スミス
前作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』に登場したDPGのITエンジニア。

ジア・ロドリゲス:ダニエラ・ピネダ
前作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』に登場したDPGの獣医師。

バリー・センベーヌ:オマール・シー
オーウェンの友人。ジュラシック・ワールドでは、オーウェンと共にヴェロキラプトルの訓練を担当していた。

メイジー・ロックウッド:イザベラ・サーモン
ベンジャミン・ロックウッドの孫娘であり、クローン人間。恐竜たちを人間の世界へと開放した張本人。

ヘンリー・ウー:B・D・ウォン
かつてジュラシック・ワールドの研究チームのリーダーを務めていた遺伝学者。
現在はバイオシン社に雇われている。

ルイス・ドジスン:キャンベル・スコット
インジェン社のライバル会社バイオシン社のCEOを務める遺伝学者。『ジュラシック・パーク』では、キャメロン・ソアが演じていた。

ケイラ・ワッツ:ディワンダ・ワイズ
オーウェンとクレアの任務を支援する元空軍パイロット。現在は密輸業に加担している。

シャーロット・ロックウッド:エルヴァ・トリル
ベンジャミン・ロックウッドの娘で、メイジーのオリジナルとされる人物。故人。

ラムジー・コール:ママドゥ・アティエ
バイオシン社の広報部長。

ソヨナ・サントス:ディーチェン・ラックマン
恐竜密売の闇市場を牛耳る謎の女。バイオシン社と内通している。

レイン・デラコート:スコット・ヘイズ
ワイアット・ハントリー:クリストファー・ポラーハ
ゲンマ:ジャスミン・チウ

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者 予告編・無料動画


特別映像・クリップ集

ジュラシック・パーク/ワールド 映画シリーズ

ジュラシック・パーク|映画予告編・ポスター・キャスト・あらすじ(ネタバレ)批評・考察
1993年公開のアメリカ合衆国の映画。最新のバイオ・テクノロジーによって現代に甦った恐竜たちを小さな島で放し飼いにしているテーマ・パークが、完全制御の不備によりおちいるパニックを描くSFドラマ。1990年に発表されたマイケル・クライトンの同名の小説を原作とし、スティーヴン・スピルバーグが監督、クライトンとデヴィッド・コープが脚本、キャスリーン・ケネディとジェラルド・R・モーレンが製作を務める。米国では1993年6月11日に公開され、全世界での興行収入は9億1,200万ドルを超え、1993年の最高興行収入を記録するとともに、1997年の『タイタニック』まで続く当時の史上最高興行収入を記録した...
ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク|映画予告編・ポスター・キャスト・あらすじ(ネタバレ)批評・考察
1997年公開のアメリカ合衆国の映画。現代に甦った恐竜と人間たちの戦いを描く冒険SF映画。歴代興収記録第1位の記録を打ち立てた「ジュラシック・パーク」(1993)の続編。CGI技術の発達で前作を上回るリアルさとスピード感、さらに数も大幅に増えた恐竜たちの表現と迫力が見もの。ショック演出は前作以上。前作同様、マイケル・クライトンの小説『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク2』を、スティーヴン・スピルバーグ監督で映画化。 ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク 映画批評・備忘録 ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(原題:The Lost World: Jurassic Park)脚本...
ジュラシック・パークIII|映画予告編・ポスター・キャスト・あらすじ(ネタバレ)批評・考察
2001年公開のアメリカ合衆国の映画。最新バイオテクノロジーで現代に甦った恐竜たちの住む島を描く人気シリーズの第3弾。監督はジョー・ジョンストン。『ジュラシック・パーク』『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』に続くシリーズ第3作である。シリーズの前2作が「マイケル・クライトンによるSF小説の映画化」という形をとっていたのに対し、この作品では基本的に映画独自のストーリーが展開されている。 ジュラシック・パークIII 映画批評・備忘録 ジュラシック・パークIII(原題:Jurassic Park III)脚本:27点演技・演出:15点撮影・美術:17点編集:7点音響・音楽:8点合計74...
ジュラシック・ワールド|映画予告編・ポスター・キャスト・あらすじ(ネタバレ)批評・考察
2015年公開のアメリカ合衆国の映画。太古の昔に絶滅した恐竜たちを蘇らせたテーマパークを舞台にしたSFアドベンチャーシリーズ第4弾。新たにオープンしたテーマパーク“ジュラシック・ワールド”で巻き起こる事件を描く。「ジュラシック・パーク」シリーズの第4作目であり、「ジュラシック・ワールド」三部作の第1作目である。 ジュラシック・ワールド 映画批評・備忘録 ジュラシック・ワールド(原題:Jurassic World)脚本:29点演技・演出:15点撮影・美術:20点編集:9点音響・音楽:9点合計82点 旧シリーズの映像技術も凄いものでしたが、今作はさらに進化した素晴らしい映像技術により躍動...
ジュラシック・ワールド/炎の王国|映画予告編・ポスター・キャスト・あらすじ(ネタバレ)批評・考察
2018年公開のアメリカ合衆国の映画。恐竜たちが生息するテーマパークを舞台にした人気アドベンチャー第5弾。“ジュラシック・ワールド”が存在する島で、火山大噴火の予兆が検出される。恐竜行動学のエキスパート、オーウェンは、元運営責任者のクレアと共に、恐竜たちの救出に向かうが……。『ジュラシック・ワールド』の続編で、映画「ジュラシック・パーク」シリーズの第5作目である。 ジュラシック・ワールド/炎の王国 映画批評・備忘録 ジュラシック・ワールド/炎の王国(原題:Jurassic World: Fallen Kingdom)脚本:29点演技・演出:15点撮影・美術:20点編集:9点音響・音楽:...
ジュラシック・ワールド/新たなる支配者|地球を支配するのは人類か恐竜か、それとも共存の道を選ぶのか ─ 映画の歴史を変えた大ヒットシリーズ、ついに完結
ジュラシック・ワールド/新たなる支配者は、2022年公開のアメリカ合衆国の映画。前作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』で恐竜が解放されて4年。恐竜は全世界に分布を広げ、中生代を彷彿とさせる光景が広がっていた。オーウェンたちは絶滅を免れた恐竜の保護を目指すが、人類への影響や既存の生態系の破壊を巡る葛藤が描写される。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。