スポンサーリンク

貞子vs伽椰子|どっちの呪いが、最恐か。呪い勝つのは、どっちだ!?日本ホラーの歴史を破壊する、”最恐のラスト”!

貞子vs伽椰子
この記事は約6分で読めます。

貞子vs伽椰子は、2016年公開の日本映画。キャッチコピーは、「どっちの呪いが、最恐か。」、「呪い勝つのは、どっちだ!?」、「日本ホラーの歴史を破壊する、”最恐のラスト”!」。『リング』シリーズの山村貞子と『呪怨』シリーズの佐伯伽椰子というジャパニーズ・ホラーを代表する2大キャラクターが共演したクロスオーバー作品。

貞子vs伽椰子 映画批評・評価・考察


貞子VS伽椰子

脚本:29点
演技・演出:13点
撮影・美術:13点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計70点

白石晃士監督の手腕が光る!
パロディではなく、本格的なホラー作品に仕上がっている。テンポがとても良く最後までドキドキしながら見ることができる。
主演の山本美月の演技は棒といえば、棒なんだが、この映画に合っている。この映画を見る前に白石監督の戦慄怪奇ファイル コワすぎ!シリーズを見ているとより楽しめる。全シリーズを全部見ているので白石演出が楽しめました。

ラストの展開は、何となく予想(白石監督ならやってしまいそう)はできたものの、続編はどうなるんだろうねぇ~っていう余韻が残るものだった。

※2015年6月20日公開の『呪怨 -ザ・ファイナル』の宣伝の一画として、同年4月1日限定の「エイプリルフール企画」として本コラボレーションの情報が公開。これを見た白石晃士が「もし本当にやるなら私にやらせてもらえませんか?」との旨をツイートしたことから、彼に監督の依頼が来ることとなった。アメリカのホラー映画が好きなので日本のホラー映画はあまり見ない白石は、『リング』シリーズと『呪怨』シリーズをレンタルビデオによる後追いで、「日本産のホラーとしてどのように作られているのか」を考えながら見たという。そのうえで、本作を制作するに際して貞子と伽椰子の基本設定から余計な情報を省いて整合させたり、設定としてはすでに時代遅れとなったVHSのビデオテープを「リサイクルショップに眠っている古いビデオデッキの中に入っていたVHS」として組み込んでいる。また、一見すると似ている貞子と伽椰子の見分けがつかなくならないようにしたほか、貞子が1人なのに対して伽椰子には俊雄がいるので、1対2感が出ないようにも気をつけた。両者を目立たせながら、きっちり対決するという空気を出すことと盛り上げることには気を使ったという。
本作の裏テーマには「Jホラーをぶっ壊す」があり、「娯楽映画の構成としてバーン、バーンと見せていく映画を作ってきたい」という白石は「他にもこういう作品が出てきたら嬉しい」「潮流を変えたい」と思いながら制作した。本作がヒットすれば、「こういうのもアリなんだ」とプロデューサーたちがOKを出してくれるようになると白石は思っているが、ホラーではなくなっている『フレディVSジェイソン』については、反面教師にしたという。

amazonプライム・ビデオ

貞子 vs 伽椰子 プレミアム・エディション [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
¥6,380(2023/02/04 07:04時点)

貞子vs伽椰子 あらすじ

女子大生の倉橋有里は、親友の夏美からの両親の結婚式のビデオのダビングを頼まれ引き受けるが、そのことで偶然にも、見たらその直後に電話がかかってきて、その2日後に必ず死ぬという“呪いのビデオ”を入手してしまい、夏美はそのビデオを見てしまったことで呪いにかかった。二人は都市伝説の研究家でもある大学教授の森繁に助けを求め、徳の高い女性霊媒師に夏美を除霊してもらうことになるが、その神社での除霊の最中におぞましい惨劇が起こり呪いは消せず失敗。絶望に打ちひしがれながらも、有里は夏美を救うため、都市伝説に記されていた助かる方法に従って自らも呪いのビデオを見て呪いにかかってしまう。 一方、入ったら必ず死を遂げるというになるという“呪いの家”の向かいに引っ越してきた女子高生の高木鈴花は、その家のことがどうしても気に掛かっていた。そして、その近くで4人の小学生が行方不明になったことを聞いた鈴花はますます呪いの家のことが気になり、ある夜に自宅から行方不明になっていた小学生の一人がその家の中にいるのを目撃して遂に家の中に入ってしまう。結果、鈴花を助けようとして同じく呪いの家に入った両親が犠牲となり、命からがら逃げた鈴花もその家の呪いにかかってしまう。 そんな2人をそれぞれの呪いから救うべく、異端の霊能者・常盤経蔵とその助手の少女・珠緒は、双方の異なった呪いを激突させることで元凶の貞子と伽椰子を同時消滅させるという驚くべき秘策を実行しようとしていた。

貞子vs伽椰子 スタッフ

監督:白石晃士
脚本:白石晃士
原作:鈴木光司(世界観監修)
製作:堀内大示,桜井秀行,横澤良雄,丸田順悟,江守徹
製作総指揮:井上伸一郎,高木ジム
音楽:遠藤浩二
主題歌:聖飢魔II「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」
撮影:四宮秀俊
編集:和田剛
製作会社:KADOKAWA
配給:KADOKAWA

貞子vs伽椰子 キャスト

倉橋有里:山本美月
高木鈴花:玉城ティナ
上野夏美:佐津川愛美
常盤経蔵:安藤政信
珠緒:菊地麻衣
森繁新一:甲本雅裕
高木史子:田中美里
高木透:松島正芳
法柳:堂免一るこ
山村貞子:七海エリー
佐伯伽椰子:遠藤留奈
佐伯俊雄:芝本麟太郎
松井美津子:おぞねせいこ
松井定則:中野英樹
小林息子:清瀬やえこ
橘茜:佐藤みゆき
ケイコ:三浦透子
真来:森田想
安江:内野かずえ
拾太:中尾壮位
達也:太一
健治:酒井天満
秋彦:美濃孔之介
法柳の助手A:日野綾子
法柳の助手B:永嶋美佐子
上野昭:松井晶照
上野洋子:住松侑佳
二歳の業者:渡辺龍之介

貞子vs伽椰子 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

貞子 vs 伽椰子 プレミアム・エディション [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
¥6,380(2023/02/04 07:04時点)

リング 映画シリーズ

リング|ビデオに殺されるなんて。見た者を1週間後に呪い殺す「呪いのビデオテープ」の謎を追う、鈴木光司の同名小説『リング』を原作とする映画
リングは、1998年公開の日本映画。見た者を1週間後に呪い殺す「呪いのビデオテープ」の謎を追う、鈴木光司の同名小説『リング』を原作とする映画作品。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
らせん|公開当初、気絶者が続出と話題に。デュアル・ホラームービーを銘打ち、前作に当たる『リング』と同時上映された。
らせんは、1998年公開の日本映画。デュアル・ホラームービーを銘打ち、前作に当たる『リング』と同時上映された。かつて1995年の単発ドラマ版『リング』の脚本を担当した飯田譲治が、監督と脚本を担当している。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
リング2|国産ホラー映画の金字塔「リング」のパート2。“貞子の呪い”が再び惨劇を呼ぶ。中谷美紀、佐藤仁美、深田恭子らが競演。
リング2は、1999年公開の日本映画。映画版『リング』の続編で映画版オリジナル。『リング』には原作、映画版ともに正規の続編『らせん』が存在しますが、本作は『らせん』とは異なる展開を見せる一種のパラレルワールド的な作品です。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
リング・ウイルス|鈴木光司の小説「リング」を原作とした韓国版「リング」と「らせん」|人気女優ペ・ドゥナのデビュー作
リング・ウイルスは、1999年公開の韓国映画。鈴木光司の日本の小説「リング」を原作としたホラー映画。韓国版は原作により忠実に脚色し、『リング』と『らせん』をカバーする内容になっている。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
リング0 バースデイ|映画リングシリーズの完結編。生前の貞子の悲恋と、悲劇的な最期までを描いた物語。
リング0 バースデイは、2000年公開の日本映画。『リング』『らせん』『リング2』に続く映画リングシリーズの完結編。生前の貞子の悲恋と、悲劇的な最期までを描いた物語。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ザ・リング|Jホラーの金字塔”リング”をハリウッドでリメイク!見た者は必ず死ぬ呪いのビデオの恐怖!
ザ・リングは、2002年公開のアメリカ合衆国の映画。1998年に日本で映画化され大ヒットした鈴木光司原作の映画『リング』をアメリカでリメイクしたものである。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ザ・リング2序章 RINGS|ザ・リング』と『ザ・リング2』をつなぐ短編映画で、ザ・リング2の前日譚にあたる。
ザ・リング2序章 RINGSは、2005年製作のアメリカ合衆国の映画。『ザ・リング』と『ザ・リング2』をつなぐ短編映画で、ザ・リング2の前日譚にあたる。ザ・リング2の冒頭直前につながる構成になっている。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ザ・リング2|『ザ・リング』の続編。呪いのビデオで拡散する“サマラ”の新たな恐怖を描く。
ザ・リング2は、2005年公開のアメリカ合衆国の映画。『ザ・リング』の続編作品。中田秀夫監督がハリウッド・リメイク版に挑戦している。主演は前作に続き、ナオミ・ワッツが務める。全米初登場ナンバーワンを記録した本作はホラーの要素以外にも親子愛をテーマにし、ドラマティックな作品に仕上がっている。 ザ・リング2 映画批評・評価・考察 ザ・リング2(原題:The Ring Two) 脚本:30点 演技・演出:18点 撮影・美術:18点 編集:8点 音響・音楽:7点 合計81点 エイダン役のデヴィッド・ドーフマンが、天才子役ぶりを発揮、これ以上ないほど素晴らしい演技で今作でも...
貞子3D|“S"の復活――『リング』シリーズ完全最新作! 日本映画史上、最強の3D。貞子、ついにテレビから飛び出す!
貞子3Dは、2012年公開の日本映画。鈴木光司書き下ろし『エス』を原作とし、『リング』シリーズ完結後の約12年後に製作された。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
貞子3D2|大量増殖する貞子、そして貞子の子。人間はついに貞子に支配される― 最恐アトラクション・ホラー第2章! !
貞子3D2は、2013年公開の日本映画。前作『貞子3D』の5年後を描く続編ホラー映画。瀧本美織の映画初主演作品。脚本は『ラビット・ホラー3D』の保坂大輔と『アベックパンチ』の杉原憲明、監督は前作同様に英勉。前作公開以後すぐに製作が開始、再び3D映画として製作された。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
貞子vs伽椰子|どっちの呪いが、最恐か。呪い勝つのは、どっちだ!?日本ホラーの歴史を破壊する、"最恐のラスト"!
貞子vs伽椰子は、2016年公開の日本映画。キャッチコピーは、「どっちの呪いが、最恐か。」、「呪い勝つのは、どっちだ!?」、「日本ホラーの歴史を破壊する、"最恐のラスト"!」。『リング』シリーズの山村貞子と『呪怨』シリーズの佐伯伽椰子というジャパニーズ・ホラーを代表する2大キャラクターが共演したクロスオーバー作品。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ザ・リング/リバース|呪いを断ち切るべくその謎に立ち向かう中で味わう戦慄の恐怖を描く!
ザ・リング/リバースは、2017年公開のアメリカ合衆国の映画。ジャパニーズ・ホラーの傑作「リング」をハリウッド・リメイクした『ザ・リング』シリーズの第3作目。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
貞子|記憶を失ってしまった少女と向き合う心理カウンセラーの女性が怪現象に見舞われる。中田秀夫が再びメガホンを取り、恐怖の“原点”を描く。
貞子(さだこ)は、2019年公開の日本映画。鈴木光司のベストセラー小説「リング」シリーズの一つ「タイド」を原作にしたホラー。記憶を失ってしまった少女と向き合う心理カウンセラーの女性が怪現象に見舞われる。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。