極道の妻(おんな)たち 三代目姐 66点

極道の妻(おんな)たち 三代目姐

1989年公開の日本映画。主演に三田佳子を迎えた「極道の妻たち」シリーズの第三作目にあたる。権力、愛にまみれた極道界を生き抜く極妻を描く。

極道の妻たち 三代目姐 映画批評・備忘録


極道の妻(おんな)たち 三代目姐

脚本:25点
演技・演出:13点
撮影・美術:14点
編集:7点
音響・音楽:7点
合計66点


 シリーズ3作目は、仁義なき戦いを感じる脚本と萩原健一の圧倒的存在感が全面に出た作品です。今作品の主人公三田佳子の演技力は絶品ですが、微妙な脚本が足を引っ張っているように思えました。演出面もショーケンが出過ぎてるようにも見えるので、主役を食っているところがあります。三田佳子が死んだショーケンの目を閉じようとしても決して目を閉じないシーンはインパクト抜群でしたし、合わせて演技をする三田佳子も役者だなと思えました。
 若手枠で出演している爽やかな坂上忍なんですが、現在よりもこのころの方が演技上手です。坂上忍は年齢とともに錆びていく俳優も珍しいです。コニタンこと小西博之の演技がヤクザに見えないところやこれまでに比べると控えめなかたせ梨乃の演技が残念です。ショーケンとの絡みが独特だった吉川十和子のヌードはシリーズでも一番とも思える印象に残るシーンでした。


amazonプライム・ビデオ

極道の妻たち 三代目姐 あらすじ

関西のヤクザ、坂西組の三代目組長・坂西武雄が倒れて入院、妻の葉月が一万五千人余の組員を抱えて切り盛りしていた。組長代行の舎弟頭・寺田は組の企業化を進めて四代目を狙っている。そんな時、坂西のためなら命もいとわない子飼いの若頭補佐・赤松が出所してきた。赤松には権力志向はないが、一部の幹部に推す者がおり、三代目の死をきっかけに主導権争いが起こった。また、赤松をめぐって葉月とクラブ“ローズタトウ”のママ、野方操は激しく女の情念の火花を散らす。赤松は瀬戸にある坂西の生家に葉月を訪ね、寺田が入れ札で四代目組長に決まったことを報告した。葉月は赤松に3億円を渡し「寺田との戦争に勝て!」と言い放つ。赤松は寺田の知恵袋・木曽を射殺して宣戦布告、アリバイ工作のために清美という女を利用するが、健気に生きる姿に惚れていった。寺田は赤松を破門するが、葉月から三代目の遺書があることを聞かされ、焦りから赤松と清美を射殺した。しかし、遺書には寺田を四代目組長に、赤松を組長補佐に指名していた。葉月はその遺書を破り、坂西組を自らの肩に負うことを決心したのだった。

極道の妻たち 三代目姐 スタッフ

監督:降旗康男
脚本:高田宏治
原作:家田荘子
企画:日下部五朗
企画協力:湯山雄介
プロデューサー:奈村協,妹尾啓太
撮影:木村大作
美術:井川徳道
音楽:三枝成彰
録音:伊藤宏一
照明:増田悦章
助監督:長岡鉦司
スチール:中山健司
配給:東映

極道の妻たち 三代目姐 キャスト

坂西葉月:三田佳子
野方操:かたせ梨乃
荒木太:坂上忍
松江勝巳:田中隆三
明神孝弘:小西博之
晶子:芦川よしみ
松江清美:吉川十和子
花井美里:財前直見
光江:速水典子
良美:春やすこ
坂西武雄:丹波哲郎
児島貫一:上田耕一
大宅謙吉:本間優二
本橋市兵ヱ:藤岡重慶
木曽忠久:浜田晃
野方淳之助:小松政夫
阿波隆行:綿引勝彦
結城弁護士:大門正明
漆畑青舟:内田朝雄
花井由利子:加茂さくら
寺田歌絵:新藤恵美
阿波友見:西川峰子
寺田竜吉:成田三樹夫
赤松徹郎:萩原健一

極道の妻たち 三代目姐 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ