スポンサーリンク

地獄の門|ルチオ・フルチが地獄の門が開いた町・ダンウィッチで繰り広げられる凄惨な光景を描くゾンビホラー

映画 地獄の門
この記事は約6分で読めます。

地獄の門は、1980年製作のイタリア映画。神父の自殺という背徳行為により、地獄の門が開いた町・ダンウィッチで繰り広げられる凄惨な光景を描くゾンビホラー。ルチオ・フルチが『サンゲリア』に続いて発表したゾンビ映画第2弾。脳が飛び散り、口から内臓が噴き出し、頭をドリルが貫通し、ウジの大群が降り注ぎと、フルチの作品の中でも過激な残酷描写で有名である。『ビヨンド』に先立ち、「現世と死者の世界を隔てる境界が徐々に崩れて、死者が生者を襲い始める」というプロットを扱っている。登場するゾンビは半分悪霊のような存在で、突然消えたり現れたりするのが特徴。舞台となる「ダンウィッチ」は、ラヴクラフトによる『ダンウィッチの怪』などクトゥルフ神話作品に登場するアメリカの田舎町と同名である。

地獄の門 映画批評・評価・考察


地獄の門(原題:Paura nella città dei morti viventi)

脚本:9点
演技・演出:11点
撮影・美術:18点
編集:4点
音響・音楽:10点
合計52点

この世の終わりを表現しているんだと思うんですが、脚本的なストーリーは支離滅裂なところがあり、意味がわからないし、理解できないことが多々あります。しかし、ルチオ・フルチの画力というのは圧倒的な力があり、意味が分からないし、気持ち悪くて、おぞましすぎて苦しくなります。悪趣味を超えて悪魔の芸術の域に達してるんじゃないかと思えるほど、寒気がします。ほんと寿命が縮む・・・昔見た時は、映像が荒かったのですが時代は4K、グロさも美しく蘇っています。桜吹雪のようにウジ吹雪って、キャスト本気で嫌そうな顔してます。そんでもってグロさに手抜きが無いのがルチオ・フルチのやりすぎゴア描写に耐えられる人だけ見ればいい。

amazonプライム・ビデオ
今作品はU-NEXT で見ました。

地獄の門 あらすじ(ネタバレ)

ニューヨーク市で、ミディアム・テレサのアパートで行われた交霊会の間に、メアリー・ウッドハウスは、ダンウィッチと呼ばれる村の墓地で首を吊っている司祭、トーマス神父のトラウマ的なビジョンを経験した。ビジョンが彼女を圧倒すると、メアリーは床に倒れこんだ。グループはメアリーが死んでいると推定し、不正なプレーを疑う警察に電話をかけた。テレサは警察署長に差し迫った悪を警告した。ジャーナリストのピーター・ベルはメアリーの不思議な死を調査し始め、彼女が埋葬されている墓を訪れた。しかし、彼女はまだ生きていて、ピーターは彼女の叫び声を聞いた後、彼女を救いだした・・・(危うくツルハシで殺してしまうところだった)。ピーターとメアリーはテレサを訪れた。テレサは、エノク書の古代の本によると、メアリーが彼女のビジョンで目撃した出来事は、生きている死者の蘇りを私たちの世界に予言していると警告した。トーマス神父の死はの門を開いたほんの数日先の 諸聖人の日に地獄の侵略が始まる。

ダンウィッチでは、ボブという名前の若い放浪者が廃屋を訪れたが、腐った死骸を見て逃げだした。町の向こう側で、精神科医のジェリーは神経症患者のサンドラと相談しており、19歳のガールフレンドで個人秘書のエミリー・ロビンスが到着した。彼女はジェリーに、彼女が助けようとしているボブと会う途中だと言った。その夜、エミリーは遺棄されたガレージで奇妙な行動をしているボブを見た。ボブが逃げると、トーマス神父の超自然的な出現が現れ、ウジに覆われた手で怯えたエミリーを窒息死させた。翌朝、エミリーの遺体が発見された。エミリーの父親は、ボブの以前の犯罪歴のために、保安官とジェリーにボブの疑惑を伝えた。その間、ピーターとメアリーはニューヨークを離れ、ダンウィッチの町を探し始めまた。

その夜、ボブは人けのない家に戻り、そこでトーマス神父のビジョンを見た。エミリーの葬式の後、弟のジョン・ジョンは寝室の窓の外で彼女の幽霊のような画像を見た。サンドラの家では、年配の女性、ホールデン夫人の死体が彼女の台所の床に突然で現れた。サンドラはジェリーに助けを求めたが、ジェリーが到着するとすぐに体が消えた。二人は家を捜索したが、窓が割れるなど、ガラスが人の血を滴らせてしまうなど、多くの奇妙な出来事に悩まされていた。その間、ボブは地元の男性、ロス氏のガレージに避難した。ロスの10代の娘アンは彼を見つけてマリファナを提供したが、ロスは突然ボブを攻撃した。彼は娘を誘惑しようとしているのではないかと恐れていた。ロスは、ドリル旋盤で頭を突き刺してボブを殺した。

翌朝、ピーターとメアリーはメアリーが自分のビジョンで見た墓地に到着した。彼らはトーマス神父の墓を探し始め、ゲリーとサンドラに会った。彼らはジェリーの事務所に戻ってトーマス神父の死について話し合い、突然4人が明らかに超自然的な攻撃でウジを浴びせられた。ジェリーはその後、ジョン=ジョン・ロビンズから悲惨な電話を受け、彼の死んだ妹が夜中に戻ってきて両親を殺したと説明された。彼らはロビンズの家に急いで行き、保安官を探した。ジョン・ジョンを無事を確認している間に、サンドラはエミリーに殺された。エミリーはサンドラの頭皮をはぎ取った。ジョン=ジョンは町の通りを走り回り、ゲリーによって救われた。

バーで飲んでいたロスは、ボブが率いる町の生き返った死者に突然襲われた。非常事態宣言がラジオで宣言されたため、ロスと他の2人の男性が殺された。メアリー、ピーター、ジェリーは、時計が真夜中を打つと墓地に戻り、諸聖人の日が始まった。彼らはトーマス神父の家族の墓に降りて、骨格の残骸の洞窟とクモの巣状の腐敗を発見した。サンドラは突然ゾンビのように見え、ピーターを殺した。その後、ジェリーは木の槍で彼女を突き刺した。メアリーとジェリーは、アンデッドの軍隊を指揮しているトーマス神父に直面するまで続けた。彼がメアリーを殺す前に、ジェリーは木製の十字架をつかみ、トーマス神父を解き放った。司祭と他の復活した死体は炎上し、姿を消した。メアリーとジェリーはトーマス神父から出て行く 朝、墓地に墓を掘り、ジョン=ジョンと警察に会いに行きます。メアリーはジョン=ジョンが試練を乗り越えたのを見て安心しましたが、すべてが黒くなるにつれて怯えて悲鳴を上げた。

地獄の門 スタッフ

監督:ルチオ・フルチ
製作:ジョヴァンニ・マッシーニ ,ロベルト・E・ワルナー
脚本:ルチオ・フルチ,ダルダーノ・サケッティ
撮影:セルジオ・サルヴァーティ
特殊メイク:ジーノ・デ・ロッシ
音楽:ファビオ・フリッツィ
編集:ヴィンチェンツォ・トマッシ

地獄の門 キャスト

ピーター:クリストファー・ジョージ
メアリー:カトリオーナ・マッコール
サンドラ:ジャネット・アグレン
ジェリー:カルロ・デ・メイヨ
エミリー:アントネッラ・インテルレンギ
ボブ:ジョヴァンニ・ロンバルド・ラディーチェ
ローズ:ダニエラ・ドリア
ファブリツィオ・ジョヴィーネ
ジョン=ジョン:ルカ・ヴェナンティーニ
トミー:ミケーレ・ソアヴィ
ロス氏:ヴェナンティノ・ヴェナンティーニ
警察官:ルチアーノ・ロッシ

地獄の門 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ