スポンサーリンク

ピラニア3D|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

ピラニア3D
この記事は約6分で読めます。

2010年公開のアメリカ合衆国の映画。1978年のアメリカ映画『ピラニア』のリメイクであり、アレクサンドル・アジャが監督した。本作はポストプロダクション時に3D変換され、3D映画として公開された。

ピラニア3D 映画批評・備忘録


ピラニア3D(原題:Piranha 3D)

脚本:35点
演技・演出:17点
撮影・美術:17点
編集:10点
音響・音楽:9点
合計88点

オリジナルを超えたリメイク作品。

恐怖もエロさも会心の出来栄え!

冒頭にジョーズのリチャード・ドレイファスが登場し、早々に退場するわけですが、スタッフからの熱い要望に応える形で出演したようです。今作には、バック・トゥ・ザ・フューチャーのドク役のクリストファー・ロイドとジェニファー役のエリザベス・シュー(主演)が共演していたり、スタンド・バイ・ミーのデブ少年役だったジェリー・オコンネルが変態ポルノ映画監督役で出演しかなり濃い感じで変態役を熱演しています。

主演のエリザベス・シューの息子のジェイク役でスティーブ・マックイーンの孫であるスティーブン・R・マックイーンも出演し、おじいさんに負けず劣らずの活躍を見せています。物語中盤で退場してしまいますが、スターシップトゥルーパーズやソウに出演していたディナ・メイヤーも調査ダイバー役で出演しています。渋い強面俳優のヴィング・レイムスも熱い保安官役で熱演していますが、吹き替えは出川哲郎のため、最初は字幕の方が良いかと思います。性格が全く違う役になっています。

キャストは脇役も含めて個性派を揃えていて、適材適所で演技が皆上手い映画です。

この映画の凄さは、美女の揺れるおっぱいがあっちこっちで見れるエロさを前面に出していながら、グロさは地獄絵図の如く、恐怖の映像でありドン引きする映像がふんだんに取り入れられているところです。

この作品のグロさは、細かいところまで凄いんです!

ピラニアに喰われるだけじゃないんです!

細かいシーンで、いろんなスプラッタームービーのオマージュが見れます。そのためグロシーンを長い時間見せつけられてしまいますがどれもいい出来なんですねぇ~。DVDだとわざわざグロシーンをチェックしてしまいます。ホラー好きにはたまらん映画です。

悩殺ヒロインにケリー・ブルックを起用していることなど監督センスがいいです。

amazonプライム・ビデオ

ピラニア3D あらすじ

春の観光シーズン。アメリカ・アリゾナ州のヴィクトリア湖畔でボートを浮かべブラックバス釣りをしていたマシュー・ボイド(演:リチャード・ドレイファス)は、突如発生した地震による湖底の地割れから大量に現れたピラニアの群れに襲われる。女性保安官ジュリー・フォレスター(演:エリザベス・シュー)の息子ジェイク(演:スティーブン・R・マックイーン)は、自称映画監督のデリック・ジョーンズ(演:ジェリー・オコンネル)から、ビーチで開催される祭を収録するため周辺の案内を依頼された。
一方、浜辺にマシューの無残な遺体が上がったことから、ジュリーは海洋学者の調査団を派遣させる。ジェイクはジュリーから言いつかった妹のローラとゼインの子守りを逃れ、たまたま居合わせた幼馴染のケリー・ドリスコル(演:ジェシカ・ゾア)と共にデリックの撮影に参加。監視の目を離れたローラ達はボートで孤島へ向かい、ボートをなくして遭難する。ジュリーら調査団一行はピラニアを発見、魚類に詳しいカール・グッドマン(演:クリストファー・ロイド)に見せたところ、これがかつてコロラド川に生息していたが200万年以上前に氷河期の到来で絶滅したピラニアの祖先「パイゴセントラス・ナッテリー」がより凶暴化した危険種だと判明、ビーチを閉鎖しないと大惨事になることが示唆された。しかし、ビーチでは既に祭が始まっており、保安官の警告では湖で遊ぶ観光客たちを抑えられなくなっていた。 一方ジェイクは撮影に参加している途中、ローラたちを発見し船で救助に向かう。しかし二人を乗せた後、船が藻にひっかかり動きがとれなくなる。そのときビーチでは大量のピラニアが集まった人々に襲いかかり、惨状を呈していた。ジェイクたちの乗った船もいったんは動き始めたが、今度は岩に座礁し船底に穴があき沈み始める。ビーチでは地獄のような惨劇が繰り広げられていたが、ジェイクとローラたちの危機を知ったジュリーが救出に向かう。ジュリーは難破した船にロープをかけ、ローラとゼインを救い出すが、ジェイクは船室に閉じ込められているケリーを救うため、危険を冒して海中に潜り、船を爆発させてその隙に二人は脱出をはかる。

ピラニア3D スタッフ

監督:アレクサンドル・アジャ
脚本:ピーター・ゴールドフィンガー,ジョシュ・ストールバーグ
製作:アレクサンドル・アジャ,マーク・キャントン,グレゴリー・ルヴァスール,マーク・トベロフ
製作総指揮:スティーヴ・バーネット,スコット・フィッシャー,ルイス・G・フリードマン,J・トッド・ハリス,ライアン・カヴァノー
アンドリュー・G・ラ・マーカ,チャコ・ヴァン・リューウェン,ヴァンサン・マラヴァル,アリックス・テイラー,ボブ・ワインスタイン,ハーヴェイ・ワインスタイン
音楽:マイケル・ワンドマッチャー
撮影:ジョン・R・レオネッティ
編集:バクスター
製作会社:ワインスタイン・カンパニー
配給:ディメンション・フィルムズ,ブロードメディア・スタジオ

ピラニア3D キャスト

エリザベス・シュー
アダム・スコット
ジェリー・オコンネル
ヴィング・レイムス
ジェシカ・ゾア
スティーブン・R・マックイーン
クリストファー・ロイド
リチャード・ドレイファス
ケリー・ブルック
ブルックリン・プルー
セイジ・ライアン
イーライ・ロス
ライリー・スティール
コーディー・ロンゴ
ブライアン・クーバッハ
デブラ・コーウィン
ディナ・メイヤー

ピラニア3D 予告編・無料動画

amazonプライム・ビデオ

ピラニア 映画シリーズ

ピラニア|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
1978年公開、ニュー・ワールド・ピクチャーズ製作のアメリカ合衆国の映画。アメリカ陸軍によって改良された肉食魚ピラニアの恐怖を描いた作品。1981年には、ピラニアに飛行能力を加えた新種が登場する続編『殺人魚フライングキラー』(ジェームズ・キャメロン監督)が製作された。2010年には今作のリメイクとして『ピラニア3D』が製作された。 ピラニア 映画批評・備忘録 ピラニア(原題:Piranha) 脚本:32点 演技・演出:14点 撮影・美術:15点 編集:6点 音響・音楽:6点 合計73点 『ジョーズ』の世界的大ヒットを受けて数多く製作された生物パニック映画の一つ。監...
殺人魚フライングキラー|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
1981年公開のアメリカとイタリアとオランダの合作映画。元日活女優の筑波久子がチャコ・ヴァン・リューウェンの名でプロデュースした。空中を跳び人を襲う殺人魚の恐怖を描く。『ピラニア』の続編にあたり、低予算で製作されたいわゆるB級映画。 殺人魚フライングキラー 映画批評・備忘録 殺人魚フライングキラー (原題:Piranha II: Flying Killers) 脚本:15点 演技・演出:10点 撮影・美術:5点 編集:5点 音響・音楽:5点 合計40点 ジェームズ・キャメロンにとっては黒歴史で監督の名を外したかった作品。 作品の質としては全て中途半端な作品で...
ピラニア3D|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2010年公開のアメリカ合衆国の映画。1978年のアメリカ映画『ピラニア』のリメイクであり、アレクサンドル・アジャが監督した。本作はポストプロダクション時に3D変換され、3D映画として公開された。 ピラニア3D 映画批評・備忘録 ピラニア3D(原題:Piranha 3D) 脚本:35点 演技・演出:17点 撮影・美術:17点 編集:10点 音響・音楽:9点 合計88点 オリジナルを超えたリメイク作品。 恐怖もエロさも会心の出来栄え! 冒頭にジョーズのリチャード・ドレイファスが登場し、早々に退場するわけですが、スタッフからの熱い要望に応える形で出演したよ...
ピラニア リターンズ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2012年公開のアメリカ合衆国の映画。リゾート地の湖で浮かれ騒ぐ能天気な若者たちを、地底湖より出現した人食い魚が恐怖に陥れるパニック・ホラー『ピラニア3D』の続編。前作をしのぐ過激さと、コミカル要素やお色気をふんだんに盛り込み、オープンしたばかりのウォーター・パークを舞台にピラニアの大群が人々に猛威を振るうさまを描く。 ピラニア リターンズ 映画批評・備忘録 ピラニア リターンズ(原題: Piranha 3DD) 脚本:10点 演技・演出:10点 撮影・美術:12点 編集:6点 音響・音楽:5点 合計43点 前作の続編だと思って見たらエライ目に合う作品で、グロさも...