スポンサーリンク

グラスハウス|思春期の少女特有の不安と恐怖感が絶妙にミックスされ、全米週末興行成績に3週連続トップ10入りした。

グラスハウス
この記事は約3分で読めます。

グラスハウスは、2001年公開のアメリカ合衆国の映画。ダイアン・レインとリリー・ソビエスキー共演による、突然の両親の交通事故死で知り合いの夫妻に引き取られた姉弟が、度重なる夫妻の不審な行動に疑惑を深め命の危険を感じていく恐怖を描いたサスペンス・スリラー。思春期の少女特有の不安と恐怖感が絶妙にミックスされ、全米週末興行成績に3週連続トップ10入りした。2006年には『グラスハウス2』(Glass House: The Good Mother )が製作され米国で公開(日本では劇場未公開)されている。

グラスハウス 映画批評・評価・考察

グラスハウス [DVD]
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
¥1,200(2024/05/28 15:53時点)

グラスハウス(原題:The Glass House)

脚本:25点
演技・演出:17点
撮影・美術:16点
編集:6点
音響・音楽:7点
合計68点

リーリー・ソビエスキーの美しさ以外に観るところがあまりないというか、良い意味で普通のサスペンス・ドラマです。絶世の美女だったダイアン・レインがこういう役を演じるようになったかとも思いました。起承転結がはっきりしたストーリーですが、途中で読めてしまうところはあります。


今作品はAmazonプライムで見ました。
amazonプライム・ビデオ

グラスハウス あらすじ

幸福な生活を送っていた女子高生ルビーは、突然の両親の事故死で弟とふたりきりになってしまう。姉弟には400万ドルの遺産があり、両親の遺言に従って、昔の隣人のグラス夫妻が養父母となるようとのことだった。住み慣れた家を離れ、ふたりは美しいマリブ・ビーチのグラス邸に迎えられる。何不自由のない新生活、優しい養父母。グラス家は姉弟が求めているもの全てを備えていた。だが、ルビーはどこか胸騒ぎを覚える……。
友人への電話を盗聴されているのではないか、誰かに覗き見されているのではないか…。
気がつけば常に感じる養父母テリーとエリンの怪しい視線。弁護士や福祉局にも相談するが取り合ってもらえない。彼等の目的は何なのか?、全ては自分の妄想に過ぎないのか?
やがて、ルビーが抱いた疑惑が現実となり、想像を絶する恐怖へと変わっていく…。

グラスハウス スタッフ

監督:ダニエル・サックハイム
脚本:ウェズリー・ストリック
製作:ニール・H・モリッツ
製作総指揮:マイケル・I・ラックミル
音楽:クリストファー・ヤング
撮影:アラー・キヴィロ
編集:ハワード・E・スミス
製作会社:オリジナル・フィルム
配給:コロンビア ピクチャーズ,ソニー・ピクチャーズ

グラスハウス キャスト

ルビー・ベイカー:リーリー・ソビエスキー
エリン・グラス:ダイアン・レイン
テリー・グラス:ステラン・スカルスガルド
アルビン・ベグレイター:ブルース・ダーン
ナンシー・ライアン:キャシー・ベイカー
レット・ベイカー:トレヴァー・モーガン
ジャック叔父さん:クリス・ノース
ドン:ヴィト・ルギニス
ワイテイ:ギャヴィン・オコナー
キム先生:マイケル・ポール・チャン
ターシャ:カーリー・ポープ
デビッド(デイヴ)・A・ベイカー:マイケル・オキーフ
グレイス・エイヴリー=ベイカー:リタ・ウィルソン(クレジットなし)
自動車学校の教官:ジョン・ビリングズリー

グラスハウス 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

グラスハウス [DVD]
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
¥1,200(2024/05/28 15:53時点)