1986年

1986年公開映画を紹介。

アクション映画

ゴリラ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1986年公開のアメリカ合衆国の映画。今はしがない田舎の町の警官に甘んずるシュワツェネッガー扮する元FBI捜査官が、かつての上司の頼みで暗黒街の組織に潜入する。潜入捜査官シュワルツェネッガーがマフィアと戦うアクション映画!シュワルツェネッガーが初めて衣裳として普通の背広を着た映画でもある。 ゴリラ 映画批評・備忘録 ゴリラ(原題: Raw Deal)脚本:20点演技・演出:14点撮影・美術:13点編集:7点音響・音楽:6点合計60点 1984年『ターミネーター』1985年『コマンドー』、1987年『バトルランナー』『プレデター』とシュワちゃんの映画の中でも強烈なインパクトを残した作品...
戦争

プラトーン|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1986年公開のアメリカ合衆国の映画。ベトナム帰還兵であるオリバー・ストーンが、アメリカ陸軍の偵察隊員であった頃の実体験に基づき、アメリカ軍による無抵抗のベトナム民間人に対する虐待・放火、虐殺や強姦、米兵たちの間で広がる麻薬汚染、仲間内での殺人、誤爆、同士討ち、敵兵に対する死体損壊など、現実のベトナム戦争を描く。タイトルの「プラトーン」は、軍隊の編成単位の一つで、30名から60名程度で構成される小隊の意味である(本来の発音に近い表記はプラトゥーンである)。 プラトーン 映画批評・備忘録 プラトーン(原題:Platoon)脚本:38点演技・演出:18点撮影・美術:18点編集:8点音響・音...
アクション映画

トップガン|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1986年公開のアメリカ合衆国の映画。トム・クルーズの出世作となったスカイアクション。米海軍が設立した「トップガン」と呼ばれるエリート・パイロット養成訓練所に、トップレベルの男たちが集結した。厳しい訓練に明け暮れる彼らは、飛行技術を競い合う良きライバル同士になっていく。監督はトニー・スコット、製作はドン・シンプソンとジェリー・ブラッカイマー、脚本はジム・キャッシュとジャック・エップス・ジュニアが務め、3年前に『カリフォルニア』誌に掲載された「Top Guns」という記事に着想を得ている。 トップガン 映画批評・備忘録 トップガン(原題: Top Gun)脚本:40点演技・演出:20点撮...
ロマンス

彼のオートバイ、彼女の島|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1986年公開の日本映画。片岡義男の同名小説の映画化。大林宣彦監督が竹内力、原田貴和子主演で映画化した青春ラブロマンス。初夏の信州をオートバイでひとり旅をする青年・橋本巧と、旅先で出会った白石美代子は、次第に絆を深めていくが…。本作がデビューとなる竹内力は映画初主演。それまで大阪で三和銀行の社員をしていたが、役者になりたいと一念発起してオートバイで東京に出て来た。この話をオーディションで聞いた大林が竹内をすっかり気に入って「この映画に出るのはキミの運命だ」と主役に抜擢した。 彼のオートバイ、彼女の島 映画批評・備忘録 彼のオートバイ、彼女の島脚本:28点演技・演出:14点撮影・美術:1...
SFコメディ

ハワード・ザ・ダック 暗黒魔王の陰謀|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1986年公開のアメリカ合衆国の映画。マーベル・コミックの同名漫画『ハワード・ザ・ダック』を映画化。アヒルのハワードの活躍をコミカルに描いたSFアドベンチャー。全米では大コケした映画にも関わらず、日本ではジョージ・ルーカス製作総指揮の作品としてプロモーションを展開し大ヒットさせている。史上最悪の映画とされてきた一方でカルト的人気を持った映画でもある。 ハワード・ザ・ダック 暗黒魔王の陰謀 映画批評・備忘録 ハワード・ザ・ダック 暗黒魔王の陰謀(原題:Howard the Duck)脚本:24点演技・演出:11点撮影・美術:18点編集:7点音響・音楽:9点合計69点 ワイヤーアクション...
アドベンチャー映画

ゴールデン・チャイルド|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1986年公開のアメリカ合衆国の映画。謎の邪教集団に誘拐された神の子「ゴールデン・チャイルド」の奪還に奔走することになった探偵を描いたコミカルな冒険アクション映画。監督は「がんばれ!ベアーズ」のマイケル・リッチー、脚本はデニス・フェルドマン、撮影はドナルド・ソーリン、音楽はミシェル・コロンビエが担当。 ゴールデン・チャイルド 映画批評・備忘録 ゴールデン・チャイルド(原題:The Golden Child)脚本:30点演技・演出:14点撮影・美術:12点編集:8点音響・音楽:7点合計71点 ファンタジー・ホラーの世界にエディ・マーフィがやってきた感のある不思議でおもしろい映画です。悪...
香港・台湾・中国映画

阿羅漢|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1986年公開の香港映画。「少林寺三十六房」シリーズのラウ・カーリョンが監督し、中国全土でロケーションを敢行した大ヒット作!カンフー・アクション映画『少林寺』『少林寺2』シリーズ三部作の最終作で、リー・リンチェイ(ジェット・リー)を始めとする中国武術家が総出演している。 阿羅漢 映画批評・備忘録 阿羅漢(あらはん 原題:南北少林 / Martial Arts of Shaolin)脚本:25点演技・演出:16点撮影・美術:15点編集:6点音響・音楽:7点合計69点 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』の原点のようにも思える壮大なストーリーと武術の共演になっています。出演俳優...
香港・台湾・中国映画

霊幻道士2 キョンシーの息子たち!|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1986年公開の香港映画。20世紀末香港を舞台にしたチャイニーズアクションホラーコメディ。霊幻道士シリーズと呼ばれる一連の作品の2作目。前作と違い本作は子供をターゲットに製作された。ベビー・キョンシー役はオーディションで1200人の候補者の中から選ばれたホー・キンウェイが演じている。 霊幻道士2 キョンシーの息子たち! 映画批評・備忘録 霊幻道士2 キョンシーの息子たち!(英題:Mr.Vampire II)脚本:29点演技・演出:14点撮影・美術:13点編集:8点音響・音楽:6点合計70点 前作の続編というわけではなく、キョンシーを題材にした全くの別映画となります。今作は舞台が現代と...
SFアクション

処刑ライダー|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1986年公開のアメリカ合衆国の映画。町の悪党に殺されたジェイク(ジェイミー)が謎の人物(処刑ライダー)として町に戻り、復讐をする様を描く。若きチャーリー・シーンを始め、ジョン・カサベテスの息子N・カサベテス、ライアン・オニールの息子G・オニールら豪華二世スターたちの競演、オジー・オズボーン、ボニー・タイラー、イアン・ハンター、ティム・フィーハンらビッグ・アーティストがこぞって参加した超強力なサントラ、150万ドルを費やして製造されたブラック・カスタム・ターボの他、コルベット、トランザム、ダッヂ・デイトナなどが広大な荒野のハイウェイで繰り広げる贅沢なカーアクション 処刑ライダー 映画批評...
SFアドベンチャー

ナビゲイター|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1986年公開のアメリカ合衆国の映画。8年間の行方不明のすえ、成長しないままの姿で発見された少年と、時を同じくしてアメリカ航空宇宙局(NASA)で調査されていた謎のUFOを巡るSFファンタジー。 ナビゲイター 映画批評・備忘録 ナビゲイター(原題:Flight of the Navigator)脚本:33点演技・演出:14点撮影・美術:16点編集:7点音響・音楽:8点合計78点 80年代、少年・少女が主人公の映画は数多くの名作が誕生しましたが、今作もファンタジーもアドベンチャーもあるので子供心を掴むには十分な作品でした。今見ても素晴らしいと思えるUFOのデザイン、描き方次第では宇宙人...
任侠・ヤクザ・実録ドラマ映画

極道の妻たち|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1986年公開の日本映画。任侠映画の世界では脇役であった'極道の妻'に焦点をあて、'強い女'を描く異色の作品。家田荘子の原作ルポルタージュをベースにした大ヒットシリーズ'極妻'の記念すべき第1作である。五社英雄監督がヤクザ社会の裏側で生きる妻たちの泣き笑い、生き様をリアルに描く。 極道の妻たち 映画批評・備忘録 極道の妻たち(ごくどうのおんなたち)脚本:23点演技・演出:14点撮影・美術:17点編集:7点音響・音楽:7点合計68点  極道の妻を描くということは、こういうことだと言わんばかりの脚本でしたが、演出がもはやギャグだと思えるくらいハードボイルドでした。それに脇役たちがビーバッ...
洋画・年代別・興行収入ランキング

1980年代 洋画興行収入ランキング

1980年代 洋画興行収入ランキング 1980年 洋画興行収入ランキング 順位 作品名 配給収入 1位 スター・ウォーズ 帝国の逆襲 32.0億円 2位 007/ムーンレイカー 22.8億円 3位 地獄の黙示録 22.5億円 4位 クレイマー、クレイマー 16.0億円 5位 スター・トレック 11.0億円 6位 マッドマックス 10.8億円 7位 1941 8.6億円 8位 カリギュラ 6.0億円 9位 青い珊瑚礁 5.5億円 10位 バ...
邦画・年代別・興行収入ランキング

1980年代 邦画興行収入ランキング

1980年代 邦画興行収入ランキング 1980年 邦画興行収入ランキング 順位 作品名 配給収入 1位 影武者 26.8億円 2位 復活の日 23.7億円 3位 二百三高地 17.9億円 4位 ドラえもん のび太の恐竜 15.5億円 5位 戦国自衛隊 13.5億円 6位 ヤマトよ永遠に 13.5億円 7位 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 12.5億円 8位 男はつらいよ 寅次郎春の夢 12.2億円 9位 天平の甍 11.5億円 10位...
スポーツドラマ

シンデレラ・ボーイ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1986年公開のアメリカ合衆国の映画。空手を題材としたアクション映画。アクションスターとしてブレイクする前のジャン=クロード・ヴァン・ダムが悪役で出演しているほか、ブルース・リーのものまね俳優として知られるタン・ロンことキム・ダイ・チョンが“ブルース・リーの霊”役で出演している。原題の意味は「退却なし、降参なし」。 シンデレラ・ボーイ 映画批評・備忘録 シンデレラ・ボーイ(原題:No Retreat, No Surrender)脚本:10点演技・演出:14点撮影・美術:12点編集:7点音響・音楽:7点合計50点  僕が中学生の頃でした。修学旅行先で見ていた金曜ロードショーが今作です。...
ホラー映画

13日の金曜日 PART6 ジェイソンは生きていた!|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1986年公開のアメリカ合衆国の映画。前作「新」は、ジェイソンに代わる新たな殺人鬼誕生の物語であったのだが、興行収入が期待したほどではなかったため、今作では強引な形で殺人鬼ジェイソンの復活のストーリー展開がなされた。本作は「新・13日の金曜日」の直後の話であるが、「新」の一番最後の場面(シリーズ得意の最後の最後のショックシーン)とはストーリーが繋がらず、その直前の場面からの続きとなっている。劇中でトミーが病院から脱走し、捜索願が出ているというセリフがある。なお、トミーの出番は今作で最後である。予告編はジェイソンの墓石に落雷し、棺桶がせり上がって蓋が開き、ジェイソンの骸骨が露になるというもので、...
ヒューマンドラマ

スタンド・バイ・ミー|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1986年公開のアメリカ合衆国の映画。原作はモダン・ホラーの大家スティーヴン・キングの非ホラー短編集で『恐怖の四季』の中に収められた秋の物語『THE BODY』(『死体』)である。1950年代末のオレゴン州の小さな町キャッスルロックに住む4人の少年たちが好奇心から、線路づたいに“死体探し”の旅に出るという、ひと夏の冒険を描いている。兄弟間の葛藤において生じるカインコンプレックスについても描かれた。
ロマンス

化身|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1986年公開の日本映画。黒木瞳の映画主演デビュー作で、全裸も披露、また阿木燿子も大胆なベッドシーンを演じた。小説も発表時に話題を呼んだが、映画化、テレビドラマ化によっていっそうの話題を呼んだ。 秋葉大三郎役には、前年1985年に『ひとひらの雪』で中年の男を演じた津川雅彦が最初に候補に挙がっていたが、監督の東陽一が過去に2作品で仕事をしている津川とは別のタイプがいいと希望し、数人の候補の中から藤竜也を選んだ。藤はそれまでのアクションスターのイメージとは違い三枚目的な役を演じて評価された。 黒木瞳は宝塚退団後最初の映画出演で主演デビュー。岡田東映社長が黒木と面談し主役抜擢を決めた。黒木は銀座...
ホラー映画

悪魔のいけにえ2|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1986年公開のアメリカ合衆国の映画。1974年のホラー映画『悪魔のいけにえ』の続編。登場人物や世界観から本作のみが正統的続編と言え、製作にとどまるつもりであったトビー・フーパーが再び監督を務めています。 悪魔のいけにえ2 映画批評・備忘録 悪魔のいけにえ2(原題:The Texas Chainsaw Massacre Part 2) 脚本:28点 演技・演出:12点 撮影・美術:14点 編集:7点 音響・音楽:7点 合計68点 マニアックなホラー映画をハリウッド化すると、全体的に大味になってしまい、前作の恐怖感は感じられなくなってしまいましたが、トム・サヴィーニ...
アクション映画

コブラ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1986年公開のアメリカ合衆国の映画。ポーラ・ゴズリングの小説『逃げるアヒル』を原作にしており、連続殺人事件を追う型破りな刑事の活躍を描いたアクション映画。 コブラ 映画批評・備忘録 コブラ(原題:Cobra) 脚本:27点 演技・演出:15点 撮影・美術:15点 編集:8点 音響・音楽:7点 合計72点 シルヴェスター・スタローンの魅力たっぷりのハードボイルド・アクション映画で、当時ライバル関係になりつつあったアーノルド・シュワルツェネッガーの『ターミネーター』を意識したポスターにしている。映画の内容はビジュアルとしては面白いものの脚本は単純明快なもので、凶悪な...
ホラー映画

デモンズ2|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1986年公開のイタリア映画。閉鎖された映画館で悪魔と戦う人々を描いた『デモンズ』の続編である。プロデューサーはダリオ・アルジェント、監督は前作と同じランベルト・バーヴァ。 デモンズ2 映画批評・備忘録 デモンズ2(原題:Demoni 2: L'incubo ritorna) 脚本:34点 演技・演出:16点 撮影・美術:16点 編集:8点 音響・音楽:7点 合計81点 前作は劇場で上映されている映画から起こる惨劇が、テレビで放送されている映画から起こる惨劇に変わっている。テレビから飛び出してくるシーンは、「リング」よりこの映画の方が早かった。 リングの演出はポ...
SFホラー

エイリアン2|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1986年公開のアメリカ合衆国の映画。SFホラーとして制作された前作『エイリアン』から作風を一変し、当時『ターミネーター』で一躍名を馳せたキャメロンを脚本・監督に迎え、原題通り無数に繁殖したエイリアンと未来兵器に身を固めた兵士との戦いを描くアクション映画として製作された。 ※1986年のアカデミー賞では視覚効果賞、音響効果編集賞を受賞。 ※2009年にイギリスのエンパイア誌が「史上最高の続編映画」を発表し本作が1位となった。また全米でも一般人を対象にした同様のアンケートが行われた際も、1位に選ばれている。 エイリアン2 映画批評・備忘録 エイリアン2(原題:Aliens) 脚...
SFホラー

ザ・フライ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1986年公開のアメリカ合衆国の映画。物質移動と遺伝子組みかえを研究している科学者が実験ミスによって蝿男になるまでをリアルに描くホラー映画。1958年に公開された同名の映画(邦題は『ハエ男の恐怖』)のリメイク作品で、主演ジェフ・ゴールドブラムの出世作。1989年には続編『ザ・フライ2 二世誕生』が公開された。 ザ・フライ 映画批評・備忘録 ザ・フライ (原題:The Fly) 脚本:38点 演技・演出:18点 撮影・美術:19点 編集:10点 音響・音楽:8点 合計93点 監督のクローネンバーグはスキャナーズで全世界に信者ともいえる熱烈なファンを獲得しており、公開...
アクション映画

ハイランダー 悪魔の戦士|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

1986年のアメリカ・イギリス合作映画。グレゴリー・ワイデンの原作をもとにラッセル・マルケイが監督したファンタジー・アクション映画。 現代と過去を行き来しながら繰り広げられるファンタジー・アクションで、ビデオ・クリップ出身のラッセル・マルケイ監督は至るところにVP的演出をほどこしているのが特徴。主人公に運命を説くマスターの役でショーン・コネリーがゲスト出演。 ハイランダー 悪魔の戦士 映画批評・備忘録 ハイランダー 悪魔の戦士(原題: Highlander) 脚本:35点 演技・演出:13点 撮影・美術:12点 編集:6点 音響・音楽:6点 合計72点 B級映画臭...