スポンサーリンク

処刑ライダー|あらすじ、キャスト、予告編・無料動画

処刑ライダー
この記事は約4分で読めます。

1986年公開のアメリカ合衆国の映画。町の悪党に殺されたジェイク(ジェイミー)が謎の人物(処刑ライダー)として町に戻り、復讐をする様を描く。若きチャーリー・シーンを始め、ジョン・カサベテスの息子N・カサベテス、ライアン・オニールの息子G・オニールら豪華二世スターたちの競演、オジー・オズボーン、ボニー・タイラー、イアン・ハンター、ティム・フィーハンらビッグ・アーティストがこぞって参加した超強力なサントラ、150万ドルを費やして製造されたブラック・カスタム・ターボの他、コルベット、トランザム、ダッヂ・デイトナなどが広大な荒野のハイウェイで繰り広げる贅沢なカーアクション

処刑ライダー 映画批評・備忘録


処刑ライダー(原題: The Wraith)

脚本:25点
演技・演出:13点
撮影・美術:14点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計67点

迫力のあるカーアクションが見どころの今作ですが、ヒロイン女優の脱ぎっぷりが良く抜群のプロモーションが密かに?話題になった作品です。主演のチャーリー・シーンですが、今作はキャラが控えめで別に彼じゃなくても良さそうです。特に運転シーンがあるわけでもなく、セリフが多いわけでもない、もっといえば出演シーンも少ない。事実上、主役は無敵のターボ・インターセプターで、造形がかっこよく、今見ても古臭く感じません。エイリアン2やヒドゥンなどと同じくSFアクションホラーの先駆けのような作品にも思えました。転生もの要素もありますね。

amazonプライム・ビデオ

処刑ライダー あらすじ

アリゾナの町ブルックス(架空の町)では、高価な車の持ち主に一方的にイカサマのレースを強要してその車を強奪する手口を繰り返す、パッカードという悪漢が率いる暴走族がのさばっていた。その町ではかつてジェイミーという一人の青年が惨殺される事件が発生していた。

それから暫くして、町にジェイクという旅人がやって来る。同じ頃、パッカード達の前に謎の黒い車、『ターボ・インターセプター』が現れる。パッカードは例によってこのターボを奪おうとレースを挑むが、ターボは得体の知れない妖車であり、狩る側だったはずの手下達は返り討ちに遭い、次々と謎を残した事故死をさせられてしまう。

保安官のルーミスはターボを追跡捜査するが、その捜査の過程でジェイミーを殺した事件の犯人が、彼の恋人であったケリーを付け狙うパッカード達であった事がわかってくる。一方、ケリーとジェイミーの弟ビリーは、旅人のジェイクに亡きジェイミーの面影を見出して戸惑う。

そして八方塞がりに追い詰められたパッカードはターボのほうからレースを挑発され、最期のレースが始まる。

処刑ライダー スタッフ

監督:マイク・マーヴィン
脚本:マイク・マーヴィン
製作:ジョン・ケメニー
音楽:ミヒャエル・ヘーニッヒ,J・ピーター・ロビンソン
主題歌:「Where’s The Fire」ティム・フィーアン
撮影:リード・スムート
編集:スコット・コンラッド,ゲイリー・ロックレン
配給:日本ヘラルド

処刑ライダー キャスト

チャーリー・シーンジェイク・ケイシー
バイクで町にやってきた流れ者。
ニック・カサヴェテスパッカード・ウォルシュ
暴走族「ロード・パイレーツ」のリーダー。目的のためなら手段を択ばない、狡猾で時に狂気をも纏う危険な男。しかし度胸はある男で、ターボに臆することなく自ら真っ向勝負を挑む。
シェリリン・フェンケリー・ジョンソン
ジェイミーの恋人であった人物。自分にしつこく付きまとうパッカードに我慢ならない。
ランディ・クエイドルーミス
町の保安官。パッカード達とは腐れ縁。嫌いな食べ物はピクルスだが、ビリーの店でバーガーを頼む際にはピクルスを抜くようとは頼まず、自分の手でピクルスを取り除いている。
マシュー・バリービリー・ハンキンス
バーガーショップを営んでいるジェイミーの弟。ケリーやルーミス同様、パッカードを快く思っていない。
デヴィッド・シェリルスカンク(モーリス)
モホークが特徴のパッカードの仲間。少し頭が悪く、ガットと共に下っ端。工業油を飲んでハイになるのがお気に入り。
ジェイミー・ボズィアンガット
汚れた姿が特徴のパッカードの仲間で、少し頭が悪く、臆病。スカンクの相棒でいつも一緒だった。そして、ターボがアジトに突入してきたときも、一緒に犠牲になった。
グリフィン・オニールオギー
バンダナが特徴のパッカードの仲間。口より先に手が出る性格で、それが災いしてターボの最初の犠牲になる。彼の遺体は両目が失われている所を除けば傷一つないという状態だった。
クリス・ナッシュミンティー
サングラスが特徴のパッカードの仲間。ナンバー2的存在でもあり、闇取引の管理役でもあり、そしてターボの第二の犠牲者でもあった。
クリント・ハワードラグ
パッカードに雇われた使い走りのメカニックで、厳密には彼らの仲間ではない。
一味でただ一人、ジェイミー殺害に関与しなかった。そのためか劇中では最後まで命を狙われることなく生き残り、ルーミスにすべてを自供した。

処刑ライダー 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ