着信アリ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

着信アリ
この記事は約3分で読めます。

2003年公開の日本映画。現代社会の必需品ともいえる携帯電話を題材にしており、死の予告電話がかかってきた人物がその予告通りに死を遂げるストーリー。米国では2008年1月4日には『ワン・ミス・コール』 (One Missed Call) というタイトルでハリウッドリメイク版が公開され、日本では2008年7月19日に角川による配給で公開された。

着信アリ 映画批評・備忘録

着信アリ

脚本:20点
演技・演出:13点
撮影・美術:15点
編集:8点
音響・音楽:8点
合計64点

 ガラケー全盛期のリアルタイムで見た人と、最近見た人では評価が大きく変わる作品だと思います。ストーリーよりも演出を重視したところがあり、テレビ中継中に惨劇が起こるというのはかなり度肝を抜かれました。惨殺される役の吹石一恵が福山雅治と結婚するとは当時は想像でもできなかったです。みんなそうだよね。

ストーリーは、ハッと思いつたんでしょうね。携帯で呪いの連鎖みたいな感じどうよ。みたいな軽いノリで作ってそうです。だから携帯、飴玉、喘息用の吸引器の音の意味合いが重要かと思いきや直接的な呪いとは関係ないんです。後付けで考えたように思えます。

繰り返し見たいホラーではありませんが、時代が変わってもけっこう面白い映画だとは思います。


今作品は Huluで見ました。

amazonプライム・ビデオ

着信アリ あらすじ

女子大生・中村由美(柴咲コウ)の友人でもある岡崎陽子や河合ケンジが、謎の死の予告電話によって次々と不可解な死亡を遂げていく。その死の予告電話の内容は、なぜか未来からの発信時刻で来ており、死ぬ瞬間の声や映像、画像が送られてきてその未来の時刻に差し掛かったとき、その通りに死んでしまうのである。

新たに死の予告電話を受けた小学校からの幼馴染みの友人・小西なつみ(吹石一恵)を救うため、由美は謎の男・山下弘(堤真一)の協力を得て事件の真相を追うが、彼女も今までと同様に予告通りにテレビの生放送中に悲惨な死を遂げてしまう。そしてその直後、遂に由美自身が「死の予告電話」を受けてしまう。

山下は取り乱す由美を励ましつつ彼女を救うために、事件の真相を懸命に追い続けた。その結果、呪いの元凶は水沼マリエという女性ではないかとの疑いが強くなっていった。彼女は娘二人を何度も病院に運び看病することで、良い母親を演じることに快感を得る代理ミュンヒハウゼン症候群という精神病を患っていたのではないかということから、この疑いが浮上した。

一方、由美も独自の調査を続け、移転前の旧加賀美病院があることを新加賀美病院から聞き出す。そして、ついにその呪いの元凶があるとされる旧加賀美病院を見つけた二人は、その真相を確かめるため、漆黒の闇に包まれた廃病院へと乗り込んでいく。

着信アリ スタッフ

監督:三池崇史
脚本:大良美波子
製作:黒井和男
音楽:遠藤浩二
主題歌:柴咲コウ「いくつかの空」
撮影:山本英夫
編集:島村泰司
配給:東宝

着信アリ キャスト

柴咲コウ
堤真一
吹石一恵
石橋蓮司
松重豊
永田杏奈
山田さくや
清水聖波
伊藤かな
竹花梓
井田篤
花木薫
筒井真理子

着信アリ 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

着信アリ DVD・ブルーレイ商品情報

 

 

コメント