スポンサーリンク

新・バブルと寝た女たち|あらすじ、キャスト、予告編・無料動画

新・バブルと寝た女たち
この記事は約2分で読めます。

1998年製作の日本映画(Vシネマ)。家田荘子の同名のノンフィクションを元にした実録ドラマ『バブルと寝た女たち』第2弾。バブル期における男女関係や、バブル経済の崩壊によって人々が天国から地獄へと陥る様子を描く。『ガメラ 2/レギオン襲来』の小松みゆきが、バブルで身を持ち崩していく女を体当たりで熱演。

新・バブルと寝た女たち 映画批評・備忘録


新・バブルと寝た女たち

脚本:18点
演技・演出:13点
撮影・美術:6点
編集:7点
音響・音楽:6点
合計50点

前作は劇場公開用のフィルム映画でしたが、今作はビデオ映画のため画質が悪く、全体的に赤みががったものとなっています。演出や構成はロマン・ポルノよりの内容となっており、前作のようなバブルの虚栄を描くこともなく、連帯保証人になったことをきっかけに借金苦から女を武器に、お金を稼ぐ生き方を選ぶようになった女性を描いています。特にバブルは関係なく現代でもよくあることです。主演の小松みゆきファンは必見の作品ですのでその抜群のプロポーションを愛でることにしましょう。今のところU-NEXTのみで配信されていて、アマプラは休止中のようです。


amazonプライム・ビデオ

今作品はU-NEXT で見ました。

新・バブルと寝た女たち あらすじ

証券会社に勤めていた麻美は同僚に騙されて借金を肩代わりすることに。到底払えない金額に困る彼女に持ち掛けられる資産家との愛人契約。その申し出を飲み、今度は不自由のない生活を送るようになる彼女だったが、高校時代の後輩だった男が現れ…。

新・バブルと寝た女たち スタッフ

監督:服部光則
脚本:友松直之,大河原ちさと
原作:家田荘子「バブルと寝た女たち」
製作:坂井洋一
音楽:義野裕明
撮影:西久保維宏
編集:菅野善雄

新・バブルと寝た女たち キャスト

清水麻美:小松みゆき
紀子:原田のり子
かおり:佐々木彩
俊介:草薙じん
たまよ:村岡英美
ともみ:孫田奈々代
蒲原:峰岸徹
武田:五代高之
森下:堀田真三
店長:土平友厚

新・バブルと寝た女たち 予告編・無料動画

amazonプライム・ビデオ