スポンサーリンク

ピラニア|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

ピラニア
この記事は約3分で読めます。

1978年公開、ニュー・ワールド・ピクチャーズ製作のアメリカ合衆国の映画。アメリカ陸軍によって改良された肉食魚ピラニアの恐怖を描いた作品。1981年には、ピラニアに飛行能力を加えた新種が登場する続編『殺人魚フライングキラー』(ジェームズ・キャメロン監督)が製作された。2010年には今作のリメイクとして『ピラニア3D』が製作された。

ピラニア 映画批評・備忘録


ピラニア(原題:Piranha)

脚本:32点
演技・演出:14点
撮影・美術:15点
編集:6点
音響・音楽:6点
合計73点

ジョーズ』の世界的大ヒットを受けて数多く製作された生物パニック映画の一つ。監督ジョー・ダンテ、脚本ジョン・セイルズの出世作となった。パッケージのデザインもジョーズのパクリ感が凄く出ている。ジョーズとの違いは、群れで襲ってくる魚なのと嫌な音を響かせながらパクパク人を食い散らかすシーンが多く、老若男女関係なく喰われてしまいます。ジョーズはエロい描写がほとんどありませんが、安心してください今作はB級映画の帝王ロジャー・コーマン製作総指揮で、エロ描写が満載です。
続編はジェームズ・キャメロンの黒歴史とも言われる殺人魚フライングキラーと史上最高(エロとグロに振り切れた)と言われるリメイク作のピラニア3Dがあります。

殺人魚フライングキラー|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
1981年公開のアメリカとイタリアとオランダの合作映画。元日活女優の筑波久子がチャコ・ヴァン・リューウェンの名でプロデュースした。 空中を跳び人を襲う殺人魚の恐怖を描く。『ピラニア』の続編にあたり、低予算で製作されたいわゆるB級映画。 殺人魚フライングキラー 映画批評・備忘録 殺人魚フライングキラー (原題:Piranha II: Flying Killers) 脚本:15点 演技・演出:10点 撮影・美術:5点 編集:5点 音響・音楽:5点 合計40点 ジェームズ・キャメロンにとっては黒歴史で監督の名を外したかった作品。 作品の質としては全て中途半端な作...
ピラニア3D|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2010年公開のアメリカ合衆国の映画。1978年のアメリカ映画『ピラニア』のリメイクであり、アレクサンドル・アジャが監督した。本作はポストプロダクション時に3D変換され、3D映画として公開された。 ピラニア3D 映画批評・備忘録 ピラニア3D(原題:Piranha 3D) 脚本:35点 演技・演出:17点 撮影・美術:17点 編集:10点 音響・音楽:9点 合計88点 オリジナルを超えたリメイク作品。 恐怖もエロさも会心の出来栄え! 冒頭にジョーズのリチャード・ドレイファスが登場し、早々に退場するわけですが、スタッフからの熱い要望に応える形で出演したよ...

ピラニア あらすじ

夜の山中をハイキング中、偶然見つけた施設に入り込んだカップルが、施設内のプールで何かに襲われた。数日後、行方不明となった二人を探すため現地にやって来た女性調査員マギーは、酔いどれガイドのグローガンを雇って足取りを追い、施設へたどり着く。そこは陸軍の極秘施設であり、プールには兵器として品種改良されたピラニアが飼育されていた。プールの中を確認しようとマギーが水を抜いたことにより、獰猛な群れは河川に放たれ、殺戮を繰り返しながら下流のキャンプ場に迫る。

ピラニア スタッフ

監督:ジョー・ダンテ
脚本:ジョン・セイルズ
製作:チャコ・ヴァン・リューウェン, ジョン・デイヴィソン
製作総指揮:ロジャー・コーマン, ジェフ・シェクトマン
音楽:ピノ・ドナッジオ
撮影:ジェイミー・アンダーソン
編集:ジョー・ダンテ,マーク・ゴールドブラット
製作会社:ニュー・ワールド・ピクチャーズ

ピラニア キャスト

ブラッドフォード・ディルマン
ヘザー・メンジース
ケヴィン・マッカーシー
キーナン・ウィン
ディック・ミラー
バーバラ・スティール
ポール・バーテル
ブルース・ゴードン
ベリンダ・バラスキー
メロディ・トーマス・スコット
シャノン・コリンズ
リチャード・ディーコン
ロジャー・リッチマン
ジェイニー・スクアイア
エリック・ヘンショー
バリー・ブラウン

ピラニア 予告編・無料動画