スポンサーリンク

ハード・ウェイ|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

ハード・ウェイ
この記事は約5分で読めます。

1991年公開のアメリカ合衆国の映画。マイケル・J・フォックス、ジェームズ・ウッズの競演で贈る、ジョン・バダム監督のスリル満点のアクション・コメディ。刑事役のジェームズ・ウッズは役作りのため、本物の警察官に密着した。まさに、マイケル・J・フォックスが演じたニックと同じ事をした訳である。

ハード・ウェイ 映画批評・備忘録


ハード・ウェイ(原題:The Hard Way)

脚本:33点
演技・演出:16点
撮影・美術:16点
編集:9点
音響・音楽:8点
合計82点

マイケル・J・フォックス主演映画ですが、ジェームズ・ウッズの演技が素晴らしく当たり役と言えるものです。ニックを演じるマイケルは子供のように無邪気で、陽気なキャラクターなのですが、ジェームズ・ウッズはずっと苦虫を嚙み潰したような表情を浮かべています。バディもので明確にキャラクターが異なった二人が嚙み合わないけどコンビを組まざるを得ないのがコメディとしてうまい具合に効果を発揮しています。またリアリティのあるジェームズ・ウッズがいることでアクション映画としても引き締まって見えるところもなかなか上手い演出じゃないかと思えました。

ハード・ウェイ あらすじ(ネタバレ)

「パーティークラッシャー」として知られている連続殺人犯-自警行為者は警察に電話をかけ、彼がナイトクラブで他の人を殺そうとしていることを彼らに通知し、彼らに彼を止めることを敢えてします。警察はナイトクラブに集結しますが、冷笑的なニューヨーク市警のジョン・モス刑事を含む警官は殺人を止めることができません。パーティークラッシャーはその後の混乱の中で逃げ出し、モスはキラーを止めようとしている間に車から投げ出されます。モスは怪我をしがちですが、マスコミにわいせつなコメントをしています。

ハリウッドでは、ニック・ラングは甘やかされて気まぐれな映画スターであり、人気の高い一連のアクション映画のインディ・ジョーンズのようなタイトルキャラクターである「スモーキングガン」ジョー・ガンとして最もよく知られています。俳優としてより真剣に受け止められるために、彼は警官ドラマ『ブラッド』の主役を争っています。それは彼がより現実的な役割になると信じています。ニックは、ニューヨーク市警の他のメンバーと実際の警察官として行動することを試みることによって、その役割の「準備」をすることを誓います。テレビでモスの爆発を見た後、ニックはニューヨーク市長のデイビッド・ディンキンスとひもを引っ張るモスの新しいパートナーとして割り当てられます。モスは契約の一部を望んでいませんが、ニック・ラングのファンである彼の上司によって従わざるを得ません。さらに悪いことに、ニックの世話をするということは、モスをパーティークラッシャー事件から外すことを意味します。

モスは調査を続け、ニックを捨てようと繰り返し試みることで命令に逆らいます。ニックは絶え間ない質問をし、モスの動きを模倣しようと試み、モスを激怒させます。ニックは警官であることがどんな感じか知りたがっていますが、モスはこれが映画ではないことを常に彼に思い出させます。一方、モスはシングルマザーのスーザンと新しいロマンスを成就させようとしています。離婚したモスは彼女とコミュニケーションをとることも開くこともできず、ニックは女性との交流の仕方について彼にアドバイスを提供します。レイ・カサノフとしてニックがピザ屋に現れ、モスを嫌うスーザンの娘ボニーにヒットしたとき、モスはさらに恥ずかしい思いをします。

モスはニックを暗い建物に連れて行き、パープを捕まえ、彼に置かれたままでいるように命じ、緊急の場合に彼に本物の銃を与えます。しかし、ニックは建物に入り、モスを追いかけている犯罪者であると彼が信じている男を撃ちます。その男は傍観者であることが明らかになり、ニックを怖がらせた。モスはその行為を隠蔽することに同意し、ニックにすぐに町を離れるように促します。ニックは空港から警察署に戻って告白しますが、「死んだ男」が実際には警官であることがわかります。モスは、ニックを町から追い出すためにスタントを用意し、ニックのパニック、自己不信、罪悪感、怒りはすべて「本物の」警官であることの一部であると述べました。

ニックはモスを追跡し、モスとパーティークラッシャーの対立に遭遇します。その間、彼はモスの命を救います。パーティークラッシャーは負傷しましたが、彼は数人を殺して逃げます。モスがスーザンから警官としての彼の不安定な生活は彼らが関係を持つことを決して許さないと言われた後、彼はニックによって訪問されます。ニックは、パーティークラッシャーがストーリーテリングのプロトコルに従い、ストーリーの第3幕でモスの愛する人を一緒に探すと予測しています。ニックは正しかった、そしてスーザンは誘拐されます。モスとニックは看板でパーティークラッシャーと対峙し、ニックの最新映画「スモーキングガンII 」を宣伝します。そして乱闘が続きます。ニックが介入して胸を撃たれた後、スーザンは救われる。モスはパーティークラッシャーを屋根から突き落とし殺害しました。モスはニックを慰めようとし、警官であることについて印象的なスピーチをします。

数ヶ月後、ニックは回復し、グッド、バッジ、アグリーを撮影しました。現在スーザンと結婚しているモスは、他の部署と一緒に映画のプレミアに出席し、映画の中でニックの最高のセリフが元々彼から来ていることを発見するのにイライラしています。

ハード・ウェイ スタッフ

監督:ジョン・バダム
脚本:ダニエル・パイン,レム・ドブス
原案:レム・ドブス,マイケル・コゾル
製作:ロブ・コーエン,ウィリアム・サックハイム
音楽:アーサー・B・ルビンスタイン
撮影:ドン・マカルパイン,ロバート・プライムス
編集:フランク・モリス,トニー・ロンバード
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ

ハード・ウェイ キャスト

ニック・ラング:マイケル・J・フォックス
ジョン・モス刑事:ジェームズ・ウッズ
パーティ・クラッシャー:スティーヴン・ラング
スーザン:アナベラ・シオラ
グレイニー刑事:ジョン・カポダイス
ベニー刑事:ルイス・ガスマン
ビリー刑事:LL・クール・J
チャイナ刑事:メアリー・マーラ
ブリックス署長:デルロイ・リンドー
アンジー:ペニー・マーシャル
ボニー:クリスティーナ・リッチ
ラングの彼女:キャシー・ナジミー
ウィザースプーン:コンラッド・ロバーツ

ハード・ウェイ 予告編・無料動画