スポンサーリンク

悪魔の毒々モンスター|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

悪魔の毒々モンスター
この記事は約6分で読めます。

1984年にトロマ・エンターテインメントによって制作されたアメリカ合衆国の映画。『悪魔の毒々モンスター』シリーズ第1作。トロマ・エンターテインメントはB級映画を専門的に製作している。洗練されたストーリー、究極的な美への追求から「美しき映像」と称されることも多い。設立当初から低予算のインディペンデンス映画を製作しているトロマ・エンターテインメント社の作品の一つ。設立者の一人であるロイド・カウフマンが監督した本作がカルト的な人気を獲得し、その後「毒々モンスター」シリーズや「毒々ハイスクール」シリーズなどを次々に世に送り出した。突き抜けたくだらなさと、ある種の映像美に日本国内にも熱狂的なファンを獲得。「悪魔の毒々モンスター 東京に行く!」や、「カブキマン」など、日本を意識した作品も製作されている。「悪魔の毒々モンスター 東京に行く!」では、トロマ社のファンを公言する関根勤や、日本を代表する漫画家の永井豪までが出演した。本作は基本的には勧善懲悪のスプラッターコメディで、醜悪なモンスターと化した主人公がモップを片手に悪人たちを退治していく物語。
2019年にレジェンダリー・エンターテインメントが映画のリブートを制作することが発表されました。オリジナルのクリエイターである、トロマ・エンターテインメントのロイド・カウフマンとマイケル・ハーツがプロデューサーを務め、メイコン・ブレアが脚本家兼監督を務めます。2021年の最新情報によると悪役にケヴィン・ベーコンが決定したようです。

悪魔の毒々モンスター 映画批評・備忘録


悪魔の毒々モンスター(原題:The Toxic Avenger)

脚本:30点
演技・演出:15点
撮影・美術:12点
編集:5点
音響・音楽:6点
合計68点

よくこんな脚本やキャラクターを思いついたなー!!と思うのが今作。

B級映画として完成度が高く、個人的にはこの作品がエログロ最高峰の位置づけ。スケベシーンを惜しげもなく披露し、それでいてアクションや特撮も見応えがある内容です。

いじめられっ子のメルヴィン役俳優の演技がめちゃめちゃ上手いんですよ。なんというかまさにソレな感じの空気感を醸し出しています。ビッチに騙されてフラミンゴの衣装を着てからのわぁーってなって窓ガラスを突き破って、化学薬品のドラム缶に飛び込むまでのシーンは神がかってます。いやほんとに。クソ映画でこのリアルを表現しているのはすごいです。

車で人をひき殺して遊ぶゲームをしている悪党たちは、映画『デスレース2000年』の影響を受けている設定で、実際にそれをやって遊ぶという鬼畜ぶりです。レストランの強盗シーンでは強盗達が盲目の女性をレイプしようするなど、この映画に出てくる悪党の鬼畜ぶりがすごいんですが、外道鬼畜どもを豪快にメルヴィンがぶっ殺していくシーンが爽快に感じてしまうほどです。(-_-;) ミキサーやフライヤーで殺害するのは、後の映画作品でもオマージュされています。

悪魔の毒々モンスター あらすじ(ネタバレ)

メルビンは、ニュージャージー州トロマビルの架空の町にあるフィットネスクラブで管理人として働いている98ポンドの弱虫です。、特にボゾ、スラグ、ワンダ、ジュリーのクラブ会員は、彼に絶えず嫌がらせをしています。彼ら拷問者はより暴力的になり、自転車で少年を車で故意に殺し、その後大虐殺の写真を撮りました。ある日、彼らはメルビンをだましてピンクのチュチュを着させ、羊を好色に抱きしめました。彼はフィットネスクラブの周りを追いかけられ、2階の窓から飛び出しました。彼は有毒な廃棄物のドラムに落ち、それが彼を火にかけます。炎の玉で通りを駆け下りた後、メルビンは浴槽の中で炎を消します。化学物質は彼を恐ろしく変形した突然変異体に変えさせます、しかし彼はまた超人的なサイズと強さを持っています。

犯罪者のシガーフェイスが率いる麻薬の売人のグループは、オクランシーという名前の警察官に嫌がらせをして、彼を買収しようとしています。彼がお金を受け入れることを拒否すると、シガーフェイスと彼のギャングは彼を去勢する準備をします。メルビンはどこからともなく現れ、犯罪者を激しく殺し、コールサインとして彼らの顔にモップを残します。シガーフェイスはなんとか逃げ出し、復讐のために戻ることを約束しました。メルビンはそれから家に帰ろうとします、しかし彼の母親は彼を恐れて、彼を家に入れさせません。そのため、公に「モンスターヒーロー」(「トキシックアベンジャー」または「トキシー」としても知られる)と呼ばれ、ヒーローとして歓迎されたメルビンは、廃品置き場に仮設住宅を建てます。

トロマビルの他の場所では、3人の男性のギャングがメキシコ料理のレストランを構え、サラ(アンドリー・マランダ)という視覚障害者の女性を攻撃しています。彼らは彼女の盲導犬を殺し、彼女をレイプしようとしますが、彼らに血なまぐさい復讐をもたらすメルビンによって止められます。トキシーはサラを彼女の家に連れ戻し、そこで彼らはお互いを知り始め、その後ロマンチックに関わるようになります。メルビンは、麻薬の売人や未成年の売春婦のための売春斡旋業者など、犯罪と戦い続けています、そしてまた彼の変容を引き起こした4人の拷問者に復讐します。最初に、彼はヘルスクラブのサウナでワンダを攻撃し、ヒーターで彼女の裏側を燃やします。彼は後にクラブに戻り、ジュリーを地下室に追い込み、彼女の髪を切り落とします。彼はその後、ボゾとスラグが残酷に車を盗んだ後、スラグが移動中の車から投げ出され、ボゾが崖の脇を走り去って彼を殺した後、直面します。

メルビンが市内の人々を支援しているとき、トロマビルの広範な犯罪リングのリーダーであるベルグッディ市長は、彼の手先達に何が起こっているのかを恐れています。シガーフェイスが率いる男性のグループがメルビンを銃で囲んでいます。彼らが彼に発砲する直前に、彼は非常階段に跳ね上がり、彼らがお互いを撃ち合うことになります。

メルビンがドライクリーニング店で一見無邪気な老婆を殺したとき(彼女は実際には地下の人身売買リングのリーダーです)、ベルグッディはこの機会を利用して米国州兵を呼びます。廃品置き場に戻ったメルビンは、自分がどうなったかを恐れ、街から離れて近くの森にテントを張ることにしました。彼らは最終的に発見され、市長と州兵が彼を殺すためにやって来ますが、トロマビルの人々はそれを持っておらず、メルビンの母親が来て、彼の息子が突然変異していることを確認します。市長の邪悪な道が明らかになり、メルビンはベルグッディの臓器を引き裂き、彼が「根性」を持っているかどうかを確認します。

悪魔の毒々モンスター スタッフ

監督:,
脚本:,
製作:,
音楽:
撮影:
編集:
製作会社:
配給:

悪魔の毒々モンスター キャスト






悪魔の毒々モンスター 予告編・無料動画


コメント