スポンサーリンク

グリーン・ランタン|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

グリーン・ランタン
この記事は約6分で読めます。

2011年公開のアメリカ合衆国の映画。宇宙の平和を守る宇宙警察機構“グリーン・ランタン”の一員となった男(ライアン・レイノルズ)の戦いを壮大なスケールで描いたSFアクション映画。スーパーヒーローが活躍する人気アメコミ「グリーン・ランタン」、待望の映画化。ブレイク・ライブリー(「ゴシップ・ガール」)、
ピーター・サースガード(『エスター』)、マーク・ストロング(『シャーロック・ホームズ』)、アカデミー賞ノミネートのアンジェラ・バセットとアカデミー賞(R)受賞のティム・ロビンスが共演。

グリーン・ランタン 映画批評・備忘録


グリーン・ランタン(原題: Green Lantern)

脚本:5点
演技・演出:5点
撮影・美術:13点
編集:5点
音響・音楽:5点
合計33点

DCコミックを代表するスーパーマンやバットマンに次ぐヒーローで、非常に期待された作品だったものの、ビジュアルがはっきりいってダサいし、ストーリーも盛り上がりに欠けてしまい、映像やセリフなんかは悪くないものの、特段に抜けているこれというものが無い。ヒーローものにしては非常に寂しい作品となってしまった。

主演のライアン・レイノルズの黒歴史であり、最愛の女性ブレイクを得た人生の転機となった作品でもある。続編の企画はなくなったものの、本来なら夫婦対決になる予定だった。(※本作のヒロインが続編では悪役になる予定だった。)

デッドプールやLEGOバットマン ザ・ムービーなどいじられキャラとなってしまったグリーン・ランタン。今作品を見てないと良く分からないと思うので是非見てもらいたい映画です。

amazonプライム・ビデオ

グリーン・ランタン あらすじ

全銀河を守護する宇宙警察機構「グリーン・ランタン」の最大の敵である恐怖の化身パララックスが、閉じ込められていた惑星を脱出して再び活動を始めた。パララックスの襲撃を受けて重傷を負ったグリーン・ランタンの戦士アビン・サーは、自らの代わりとなる新たな戦士を探すために地球に不時着する。グリーン・ランタンの力の源であるリング(指輪)が選んだのは、ハル・ジョーダンという青年だった。ハルは、息を引き取る直前のアビン・サーからリングとリングの動力源となるランタンを託され、グリーン・ランタンとなる。

一方、ハルが埋葬したアビン・サーの遺体は政府に回収され、生物学者のヘクター・ハモンド博士によって秘密裏に調べられていた。ヘクターは遺体に残っていた恐怖の力「イエロー・パワー」を帯びたパララックスの細胞に感染し、異能力を得ると同時に心身に異常をきたしていく。

グリーン・ランタン スタッフ

監督:マーティン・キャンベル
脚本:グレッグ・バーランティ,マイケル・グリーン,マーク・グッゲンハイム,マイケル・ゴールデンバーグ
原案:グレッグ・バーランティ,マイケル・グリーン,マーク・グッゲンハイム
製作:グレッグ・バーランティ,ドナルド・デ・ライン
製作総指揮:ハーブ・ゲインズ,アンドリュー・ハース
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影:ディオン・ビーブ
編集:スチュアート・ベアード
製作会社:ワーナー・ブラザース,DCエンターテインメント,デ・ライン・ピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザース

グリーン・ランタン キャスト

ハル・ジョーダン / グリーンランタンライアン・レイノルズ
主人公。元は空軍に所属し、現在はフェリス航空のテストパイロットを務める。無人機の性能テスト中に交戦ルール違反の危険な操縦をした上、父親の飛行機事故がフラッシュバックしたことで操縦不能に陥った結果、自機F-35を墜落させてしまい、会社に莫大な損害を与える。アビン・サーの遺志に従ってグリーン・ランタンとなるが、なぜ自分がリングに選ばれたのか疑問を抱いている。

キャロル・フェリスブレイク・ライヴリー
ハルの幼馴染で元恋人。フェリス航空の社長の娘で次期経営者候補であり、ハルの相棒のテストパイロットでもある。ハルの墜落の原因が機械の故障ではなく精神的な問題だと直感し、彼の精神面を気にかける。グリーン・ランタンに変身したハルに命を救われた翌日、グリーン・ランタンとして現れたハルの正体をあっさり見抜いた。

ヘクター・ハモンド博士ピーター・サースガード
生物学者。ハルとキャロルとは子供の頃からの知り合いで、長年キャロルへの想いを胸に秘めていた。アビン・サーの遺体の調査中にパララックスの細胞に感染し、人の心の声を聴く力や物を動かす力などを得るが、その一方で精神も肉体も変調をきたしていく。

アマンダ・ウォラー博士アンジェラ・バセット
研究者。ヘクターとともにアビン・サーの遺体の調査を行う。

ロバート・ハモンド上院議員ティム・ロビンス
ヘクターの父。自らのコネでヘクターをアビン・サーの遺体の調査に抜擢させる。表面上は善き父親であるが、その心の声を聴いたヘクターは、父親が内心ではヘクターを無能な一族の恥と考えていることを知る。

トーマス・カルマクタイカ・ワイティティ
フェリス航空の社員でハルの友人。ハルから連絡を受けて宇宙船の不時着現場まで迎えに来たため、ハルがグリーン・ランタンに選ばれたことを当初から知る。

カール・フェリス社長ジェイ・O・サンダース
キャロルの父。フェリス航空社長。

マーティン・ジョーダンジョン・テニー
ハルの父。ハルと同様にパイロットだったが、幼いハルの眼前で自らが操縦し故障墜落した飛行機の爆発に巻き込まれて死亡する。

グリーン・ランタン

惑星オアを拠点とし、全銀河を3,600のセクターに分けて守護する宇宙警察機構。グリーンの意志の力を帯びたリング(指輪)がセクターごとに1名を選び出し、選び出された3,600名が「グリーン・ランタン・コァ」と呼ばれる戦士となる。リングに選ばれる条件は”恐れを知らぬ者”であること。
シネストロマーク・ストロング
グリーン・ランタンのトップの戦士。アビン・サーの弟子で友人でもある。意志の力が弱く恐怖心を持つハルを戦士として認めようとしなかったが、後に考えを改める。本作のエンドロールでは、彼が恐怖の力を帯びた「イエロー・リング」を身につける姿が描かれる。
アビン・サーテムエラ・モリソン
グリーン・ランタンの伝説の戦士。かつての戦いでパララックスを無人の惑星に閉じ込めた。地球の位置するセクター2814の守護を担当している。惑星ライウットの封印から逃れたパララックスに襲われ左胸に致命傷を受けてしまう。地球に不時着しリングに選ばれたハルに宇宙船から救出されたがリングとランタンをハルに託す為に説明をしている途中に絶命した。
トマ・レージェフリー・ラッシュ<声>
グリーン・ランタン・コァの一人。惑星オアに来たハルの案内役を務める。
キロウォグマイケル・クラーク・ダンカン<声>
グリーン・ランタン・コァの一人。ハルの訓練を担当する。

パララックスクランシー・ブラウン<声>
グリーン・ランタンの最大の敵と呼ばれる、恐怖の力「イエロー・パワー」を操る恐怖の化身。アビン・サーの手で荒廃した無人の惑星ライウットに閉じ込められていたが、惑星に不時着した探査隊から生命エネルギーを吸い取って力を増し、グリーン・ランタンへの復讐のために動き始める。かつてはガーディアンズの一員であったが、恐怖の力に呑みこまれて怪物と化した。地球に襲来して町を破壊し人々の生命エネルギーを奪う、ハルの恐怖を克服した命がけの闘いによって太陽に燃やし尽くされる。

グリーン・ランタン 予告編


amazonプライム・ビデオ