スポンサーリンク

富江 replay|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報

富江 replay
この記事は約4分で読めます。

2000年公開の日本映画。同時上映は『うずまき』。キャッチコピーは「愛してくれたら、殺してあげる。」。前作のヒットを受けて全国東映系で公開されたが、興行は芳しくなかった。

富江 replay 映画批評・備忘録



富江 replay

脚本:28点
演技・演出:14点
撮影・美術:14点
編集:7点
音響・音楽:6点
合計69点

 シリーズの中でも気持ち悪い演出に特化しており、本来のホラー要素を前面に出した作品です。興行的には振るわなかった作品ですが若い頃の窪塚洋介、宝生舞、山口紗弥加、富樫真、遠藤憲一とキャストが今では豪華なものと思えます。富江役の宝生舞はとても美しいのですが、富江のイメージとはちょっと違う感じに思えました。ちょっと強すぎるというかなんというか、力強過ぎるんです。特殊メイクのピエール須田さんは、楽しんでそうなシーンが豊富にありました。僕も特撮に関してはシリーズで一番見ごたえがあったように思います。細かいメイクが微妙ですが、ダイナミックなグロシーンは面白かったです。

amazonプライム・ビデオ

富江 replay あらすじ

森田病院。腹が異常に膨れ上がった急患の緊急手術が行われた。腹からは何と生首が摘出され、「富江」と名乗った。

同病院の入院患者・佐藤文仁を見舞いに訪れた友人・武史は、院内で全裸の女性に遭遇。助けを求める彼女を家へ連れ帰った武史は、その魅力に惑わされて次第に精神に異常を来たしてゆく。武史の豹変に気付き始めた文仁は、武史が「富江」なる女性と同居している事を知る。

一方、病院では先の手術の執刀医であった院長・森田健三が失踪。手術に立ち会った者も次々に辞職しているという。健三の娘・由美は父の消息を追う内に父の手記を入手し、そこに「富江」の名を見つける。偶然にも知り合った由美と文仁は、互いの父と友人の為、共に富江の謎を追い始める。

富江 replay スタッフ

監督 – 光石冨士朗
助監督 – 荒川栄二
監督助手 – 吉見拓真平林克理
製作 – 土川勉松下順一横濱豊行
製作担当 – 杉山隆夫
脚本 – 玉城悟
脚本原案 – 尾西要一郎
プロデューサー – 清水俊尾西要一郎東康彦
協力プロデューサー – 金民基相原英雄
企画 – 武内健加藤東司三宅澄ニ平岡樹彦
撮影 – 山本英夫
撮影助手 – 金子正人伊藤潔橋本彩子工藤哲也小岩井貴子
応援撮影 – 林淳一郎佐光朗
音楽 – 遠藤浩二
美術 – 内田哲也
美術助手 – 山浦克己秋葉孝
編集 – 宮島竜治
編集助手 – 小林由加子太田友子
録音 – 武市英生
録音助手 – 岩丸恒
ネガ編集 – 山陽編集室
特殊メイク – ピエール須田
スクリプター – 外川恵美子
スチル – 中岡美樹
音響効果 – 丹雄二
整音 – 深田昇
デジタル合成 – 灰原光晴
照明 – 金沢正夫
製作主任 – 根津文紀
製作進行 – 鷲山伸人
スタイリスト – 小倉久乃
メイク – 池尾直子小菅孝(宝生舞担当)
特殊メイク助手 – 奥山哲史伊藤大介星加和子
スタントコーディネーター – 辻井啓伺
制作協力 – プラネットボノボ
製作協力 – パノラマ・コミュニケーションズ
配給 – 東映

富江 replay キャスト

森田由美 – 山口紗弥加
川上富江 – 宝生舞(吹き替え: 黒田詩織
佐藤文仁 – 窪塚洋介
森田健三 – 菅田俊
森田陽子 – 金久美子
立花 – 遠藤憲一
木下敦子 – 冨樫真
鈴木裕美 – 石井亜希子
武史 – 松尾政寿
西村サユリ – 北村実友希
サユリの父 – モロ師岡
サユリの母 – 由良宣子
看護婦 – 木村明子
受付の女 – 小出華津
同級生 – 蒼和歌子
クラブの若い男 – 村田和也
僧侶 – 藏内秀樹
ガッポリ建設 – 小堀敏夫星野春彦室田稔梛野素子
奏谷ひろみ
戸川暁子
諸岡雪絵
吉岡麻由子
美彩都円
つぶらまひる
伊藤潤二

富江 replay 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

富江シリーズ

富江|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
1999年公開の日本映画。人気ホラー漫画家・伊藤潤二の代表作『富江』を映画化。キャッチコピーは「悪夢は増殖する。」 富江 映画批評・備忘録 富江(とみえ)脚本:18点演技・演出:14点撮影・美術:15点編集:5点音響・音楽:6点合計58点  原作のイメージからすると、細かい所が気になってしまう実写化映画です。例えば、富江の髪がストレートではなく傷んでいるのがなんか嫌なんですよ。それに菅野美穂ってツルツル美白な感じなのに、それを消すような映像になっていることなど、ところどころにある演出が富江らしくないんです。昔の映画とはいえ医者が患者の前でたばこを吸うシーンも”ん?”なんですよね。いち...
富江 アナザフェイス|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
1999年製作の日本映画。ビデオ映画。3つのVシネマエピソードで構成されるテレビシリーズでしたが、後に長編映画に編集された作品です。 富江 アナザフェイス 映画批評・備忘録 富江 アナザフェイス脚本:22点演技・演出:12点撮影・美術:10点編集:7点音響・音楽:6点合計57点 テレビシリーズを長編映画化した作品ですが、編集は良くできていますし、ストーリーも映画『富江』よりも分かりやすい内容です。こちらの方が原作に近い印象ですが、あくまでも印象で富江役の永井流奈の演技がどうにかならなかったのかなと思います。映画版は女優陣の演技力に対して男優の演技不足がひどかったのですが、今作は逆です...
富江 replay|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2000年公開の日本映画。同時上映は『うずまき』。キャッチコピーは「愛してくれたら、殺してあげる。」。前作のヒットを受けて全国東映系で公開されたが、興行は芳しくなかった。 富江 replay 映画批評・備忘録 富江 replay脚本:28点演技・演出:14点撮影・美術:14点編集:7点音響・音楽:6点合計69点  シリーズの中でも気持ち悪い演出に特化しており、本来のホラー要素を前面に出した作品です。興行的には振るわなかった作品ですが若い頃の窪塚洋介、宝生舞、山口紗弥加、富樫真、遠藤憲一とキャストが今では豪華なものと思えます。富江役の宝生舞はとても美しいのですが、富江のイメージとはちょ...
富江 re-birth|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2001年公開の日本映画。原作の「滝壺」「画家」「毛髪」などをアレンジしている。富江の人物像は前2作(富江アナザフェイスを除く)と異なり、無邪気さと大人びた部分を併せ持つ。死と再生と増殖を繰り返す美しき怪物・富江の恐怖を描くホラー・シリーズの劇場公開版第3弾。 富江 re-birth 映画批評・備忘録 富江 re-birth脚本:25点演技・演出:15点撮影・美術:15点編集:6点音響・音楽:6点合計67点  シリーズ最高傑作とも最低だとも評価が大きく分かれる作品になります。まぁ、富江シリーズは全作品微妙なシリーズではあります。監督は呪怨シリーズの清水崇で、序盤から中盤までは彼らしい...
富江 最終章 -禁断の果実-|評価・考察・あらすじ(ネタバレ)詳細情報
2002年公開の日本映画。タイトルに「最終章」とあるが、シリーズは完結しておらず、後述の通り作品は継続して制作されている。ロリータとレズビアンをテーマとしており、富江と登美恵の絡みを強調している。人間関係の描写に注力しているため、他の作品よりもホラー性は薄くなっている。 富江 最終章 -禁断の果実- 映画批評・備忘録 富江 最終章 -禁断の果実-脚本:30点演技・演出:15点撮影・美術:15点編集:7点音響・音楽:6点合計73点  富江シリーズで一番面白いと思ったのが今作です。ホラー性が低いという紹介のされ方をしていますが、『帝都大戦』のオマージュのようなシーンもあり、かなりグロい(...