スポンサーリンク

劇場版 『猫侍 南の島へ行く』|あらすじ、キャスト、予告編・無料動画

劇場版 『猫侍 南の島へ行く』
この記事は約2分で読めます。

2015年公開の日本映画。こわもて浪人と白猫コンビが評判を呼んだ『猫侍』の続編。自身の運命を変えた猫を伴い家族のもとに戻った主人公が、仕官の口を求めて一路南国土佐を目指す姿を笑いを交えて描く。

劇場版 『猫侍 南の島へ行く』 映画批評・備忘録


劇場版 『猫侍 南の島へ行く』

脚本:3点
演技・演出:9点
撮影・美術:10点
編集:3点
音響・音楽:5点
合計30点

ちょっと~なんですか~。玉之丞は可愛いですよ。でも班目久太郎のギャップ萌えが無く、ただの腰抜け侍になっちゃってるじゃないですか。前作以上に茶番劇になってしまって、ゆるいコメディドラマになってしまいました。南の島に行くことは別に良いのですが、コスプレキャラの島民や猫と侍(剣豪)というコア・コンセプトが崩れているので、猫好きじゃなくても面白かった前作やドラマと違ってダメな脚本を映画にしてしまった感じです。

amazonプライム・ビデオ

劇場版 『猫侍 南の島へ行く』 あらすじ

土佐藩で仕官の口を世話してもらった久太郎、玉之丞と共に土佐へと向かうが、途中で離縁を企むタエの差し向けた忍者の襲撃に遭い荷物を奪われてしまう。それでも何とか小舟を調達して一路四国へ向かうが、途中で台風に巻き込まれ漂流。九死に一生を得て久太郎と玉之丞がたどり着いたのは謎の島。原住民に投獄され、さらに海賊にも襲われ、死ぬか生きるかのサバイバル生活が始まる。一方、玉之丞は部族の黒猫「ヤムヤム」と恋に落ちていく。

劇場版 『猫侍 南の島へ行く』 スタッフ

製作総指揮:吉田尚剛
プロデュース:永森裕二
原案、脚本:北村一輝
脚本:永森裕二黒木久勝池谷雅夫
音楽監督:遠藤浩二
撮影:神田創
照明 : 丸山和志
編集:難波智佳子
主題歌:松崎しげる「愛のメモリー 猫侍バージョン」
企画、配給:AMGエンタテインメント
製作:「続・猫侍」製作委員会
監督:渡辺武
制作プロダクション: ラインバック

劇場版 『猫侍 南の島へ行く』 キャスト

班目久太郎 – 北村一輝
玉之丞 – あなご・さくら
お蓮(女海賊) – LiLiCo
青海玄信 – 高山善廣
忍者 – 木下ほうか
船頭 – 酒井敏也
港の男 – 緋田義人
ヤムヤム(黒猫)- ジャック
タエ – 木野花
お静 – 横山めぐみ
原住民 – グレース・ヌワエメ(子役)、副島淳望月ムサシ蟹江アサドノサコウレジ松崎しげる(特別出演)

劇場版 『猫侍 南の島へ行く』 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ