スポンサーリンク

パラサイト|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

パラサイト(TheFaculty)
この記事は約10分で読めます。

1998年公開のアメリカ合衆国の映画。ジャック・フィニイの『盗まれた街』(映画ボディ・スナッチャー/恐怖の街の原作)をベースにしたSF映画。異星生物に寄生された教師たちと、平凡な高校生たちとの戦いを描いたSFホラー。イライジャ・ウッド、ジョシュ・ハートネット、ジョーダナ・ブリュースター、アッシャー、クレア・デュバルほか豪華キャストが多数出演。

パラサイト 映画批評・備忘録


パラサイト(原題:The Faculty)

脚本:30点
演技・演出:13点
撮影・美術:15点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計73点

将来有望な若手俳優の競演だけでなく、脇を固める俳優陣もB級映画とは思えない有名どころとなっています。子役時代から売れっ子のイライジャ・ウッドはもちろん、ジョシュ・ハートネットジョーダナ・ブリュースターは人気俳優の地位を確立、またアッシャーは歌手として大成功を収めることになります。クレア・デュヴァルショーン・ハトシーもこの作品以後も確実にキャリアを積み、映画やテレビドラマの俳優として活躍しています。

また、サルマ・ハエック、ファムケ・ヤンセン、ロバート・パトリック、ジョン・スチュワート、ビビ・ニューワースなど主役級が脇役で出演しています。

キャストだけで見たらSSS級の映画です。

監督がロバート・ロドリゲスで脚本がケヴィン・ウィリアムソンなのでB級ホラー映画風なのは意図した撮り方だと思えるますし、僕のツボを押えている映画です。

パラサイト あらすじ(ネタバレ)

オハイオ州のヘリントン高校でのある夜、学校の予算について話し合った後、数人の教師とドレイク校長が去りました。ドレイクが鍵を取りに戻ると、ウィリスコーチはますます不安定になり、ドレイクが去ろうとしたときに鉛筆をドレイクの手に刺します。演劇の先生であるオルソン夫人は、学校から逃げるドレイクをハサミで無表情に刺します。

翌朝、学校新聞の熱心でありながら常に嫌がらせを受けている写真家、ケーシー・コナーを含む生徒たちが到着します。ケーシーは、論文の編集長兼ヘッドチアリーダーである意地悪なデライラ・プロフィットの評価されていないアシスタントです。デライラのボーイフレンドのスタン・ロサドは、勉強するためにサッカーチームを辞めることを考えています。ジーク・タイラーは、知的でありながら反抗的な学生であり、留年しています。ジークは、他の違法なアイテムの中でも、粉状のエクスタシーを販売しています。 彼は彼の違法行為について彼に懸念を表明する教師エリザベス・バークに直面している。ナイーブな転校生のメアリーベス・ルイーズ・ハッチンソンは、スタンに恋をしているにもかかわらず、彼女がレズビアンであるという噂を故意に広めた、自称の追放者ストークリー・ミッチェルと友達になりました。メアリーベスはジークに恋をした。

ケーシーはフットボール競技場で奇妙な生き物に気づき、それを中生動物と呼ばれる頭足類特有の寄生虫の新種であると信じている理科教師のファーロング先生に持っていきます。デライラとケーシーは、特ダネを見つけるために教師のラウンジに隠れます。彼らは、ウィリスコーチとオルソン先生が生き物の1人を養護教諭のハーパー先生の耳に押し込むのを目撃しました。彼らはまた、別の教師、ブランメル先生の遺体を見つけます。ケーシーとデライラは逃げ、ケーシーは警察に通報します。ドレイク校長は何も悪いことはないと主張し、ケーシーは注意を求めています。

翌日、ケーシーはデライラ、スタン、ストークリーに、教師はエイリアンに支配されていると信じていると語った。ジークとメアリーベスが彼らの理論について彼らをからかった後、ファーロング先生は彼らを襲います。ファーロング先生は痙攣し、寄生虫が溢れ出てきました。そしてそれらに寄生させようとします。ジークはファーロング先生の指を切り落とし(寄生虫は殺せない)、彼の自家製の薬をファーロング先生の目に突き刺し、殺害しました。ジークは5人を自宅に連れて行き、ケーシーが回収した標本を実験します。彼はそれが生き残るために水を必要とし、彼の薬によって殺されることができることを発見します。ジークは、彼らが寄生していない人間であることを証明するために、誰もが彼の薬を服用させます。デライラは寄生していることが明らかになり、逃げる前にジークの研究室と彼の麻薬供給のほとんどを破壊しました。

エイリアンの女王を殺すと全員が通常の状態に戻るというストークリーの憶測に基づいて、グループは学校に戻り、そこでフットボールチームが対戦相手のプレーヤーに寄生させます。ドレイク校長が女王であると信じて、彼らはジムで彼女を孤立させ、致命的に彼女を撃ちます。スタンは、計画が機能したかどうかを確認するためにコーチとチームに立ち向かいますが、寄生されてしまいます。ジークとケイシーは、彼の車からジークの薬をさらに回収します。ケーシーは、駐車場でミス・バークに遭遇し、逃げている間に彼女を殺したように見えるジークから寄生した学生を遠ざけます。

ジムで、ストークリーは、自分ではないふりをすることについての会話中に、メアリーベスを疑うようになります。メアリーベスはその後、自分がエイリアンの女王であることを明かします。以前、彼女は薬を服用しているように見せかけました。ケーシーとストークリーはプールに逃げ、そこでストークリーは怪我をして寄生されます。ジークとケーシーはロッカールームに隠れ、そこでメアリーベスは人間の姿に戻ります。彼女は自分の惑星が死にかけているので地球を乗っ取っていると説明します。メアリーベスは元の姿に戻り、ジークを部屋の向こう側に投げつけてロッカーに入れ、ノックアウトします。ケーシーは麻薬をつかみ、女王をだまして引き込みの観覧席に連れて行き、彼女を閉じ込めます。彼は薬を女王の目に刺します。女王はケイシーに息を切らして寄生させますが、彼は彼女の死後すぐに正常に戻ります。

1か月後、全員が正常に戻りました。暗いの女の子のイメージを捨てたスタンとストークリーは現在付き合っており、ジークはスタンの代わりにフットボールチームに参加しました(バーク先生は彼の練習を愛情を込めて見守っています)。FBIがそれを否定しているとしても、さまざまな新聞がエイリアンの侵略の試みが今や公に知られていることを明らかにしています。デライラは、地元の英雄と見なされているケーシーと付き合っています。

パラサイト スタッフ

監督:ロバート・ロドリゲス
脚本:ケヴィン・ウィリアムソン
原案:デヴィッド・ウェクター,ブルース・キンメル
製作:エリザベス・アヴェラン,ロバート・ロドリゲス
製作総指揮:ハーヴェイ・ワインスタイン,ボブ・ワインスタイン
音楽:マルコ・ベルトラミ
撮影:エンリケ・シャディアック
編集:ロバート・ロドリゲス
配給:ギャガ=ヒューマックス

パラサイト キャスト

ケイシー・コナーイライジャ・ウッド
いじめられっ子の優等生。ある日、パラサイトの死骸を見つけて先生たちの異変を察知し、ジークら仲間5人と共にパラサイトの親玉を倒すことを決意する。仲間が次々とパラサイトに寄生されていく中、その1人・メアリーベスこそが親玉だったことを知り、ストークリーと共に更衣室に逃げ込むが、彼女まで寄生されたうえにジークも瀕死の重傷を負ってしまう。最後は自らも寄生されかける捨て身の行動でメアリーベスを倒してヒーローと称えられ、デライラら新聞部や地元の新聞社が殺到する。

ジーク・タイラージョシュ・ハートネット
博識な不良の留年生。校内で偽造免許や薬を販売しているが、後者に含まれるカフェインの脱水作用が、後にパラサイトへの強力な対抗手段となる。ケイシーら5人と共に自宅へ逃げ込み、パラサイトに寄生されたデライラに薬の製造機を破壊されて窮地に追い込まれるが、捨て身の作戦で薬のストックを取りに行くことに成功する。メアリーベスを不審に思い、親玉であることを知った後に対決するが、返り討ちで重傷を負ってしまう。決戦後はフットボールチームのメンバーになった。

デライラ・プロフィットジョーダナ・ブリュースター
新聞部部長兼チアリーダー。良くも悪くも社交的で、世間体や身だしなみに気を使うタイプ。ある日、教師たちの異変をいち早く察知し、他の5人と共にジークの家に逃げ込むが、ファーロングの襲撃の際にパラサイトに寄生されてしまう。メアリーベスを倒したケイシーによって解放された後、彼の活躍を新聞に掲載した。

ストークリー・ミッチェルクレア・デュヴァル
SF小説オタクのゴス。孤独を愛するアウトサイダーと嘯いているが実際には他人とのコミュニケーションを恐れており、周囲にはレズビアンと吹聴することで他人を遠ざけている。他の仲間がパラサイトに寄生されていく中、口振りからメアリーベスが親玉であることを知り、ケイシーと共に逃げるもメアリーベスに捕まって寄生されてしまう。しかし、最終的にはメアリーベスを倒したケイシーによって解放された。

メアリーベスローラ・ハリス
孤児の転校生。正体はカフェインを弱点とするパラサイトの親玉であり、ジークの薬を使ったテストでは、パラサイトで鼻孔を塞いで薬を吸ったように見せかけて床に捨てることで回避し、終盤に正体を披露した。人間から変化した当初の体格は人間よりやや大きいだけだったが、その後はプールの水を吸収して数倍になっている。ストークリーに寄生し、ジークに重傷を負わせたうえでケイシーに寄生していくが、その直前に薬を打ち込まれていたため、自滅した。

スタン・ロサドショーン・ハトシー
フットボールチームのキャプテン。優秀な選手として持て囃されるあまり、フットボール以外のことまで過大評価されることに嫌気が差してチームを辞めようとしていた。ドレイク校長の死後はフットボールチームのもとへ向かうが、パラサイトに寄生されてしまう。メアリーベスを倒したケイシーによって解放され、決戦後は正式にフットボールを辞めた模様。

ゲイブ・サントラアッシャー・レイモンド
フットボールチームのメンバーでスタンのチームメイト。メアリーベスがこの学校に転校した後は経緯が不明のままパラサイトに寄生されるが、メアリーベスを倒したケイシーによって解放された模様。

ジョー・ウィリス先生ロバート・パトリック
短気な性格の持ち主であるフットボールコーチ。謎の人物によって寄生されてしまう。ケイシーによって解放された決戦後は寄生された影響で性格が丸くなった。

エリザベス・バーク先生ファムケ・ヤンセン
ジークのことを気に掛ける内気な教師。パラサイトに寄生されたことで凶暴な性格に一変。その後性格が丸くなり、ジークを襲ったが、首と胴体を真っ二つにされてしまう。しかし、ジークはカフェインでできた薬を打ち込まず恐怖に怯え逃げ込んだ事と、その直後に結合したことで、ケイシーによって解放された決戦後に健全な姿を見せることができた。

ローザ・ハーパー先生サルマ・ハエック
保健師。ウィリスとオルゾンの異変を察知し、逃げようとしたが、オルゾンによって寄生されてしまう。メアリーベスを倒したケイシーによって解放された模様。

エドワード・ファーロング先生ジョン・スチュワート
生物教師。パラサイトの事を生徒達に見せたが、その直後に寄生されてしまい。ケイシー達を襲ったが、ジークに指を切断された上、カフェインでできた薬を目に打ち込まれ脱水症状を起こし死亡したと思われたが、エンドロール中に目に眼帯を付け、指に包帯を巻いた姿で現れた状態で生存していたことが判明する。

カレン・オルソン先生パイパー・ローリー
ウィリスがドレイク校長を襲った際にパラサイトに寄生されてしまう。メアリーベスを倒したケイシーによって解放された模様。

ジョン・テイト先生ダニエル・フォン・バーゲン
歴史教師。ゲイブ同様メアリーベスがこの学校に転校した後は経緯が不明のままパラサイトに寄生されるが、メアリーベスを倒したケイシーによって解放された模様。

ジェシカ・ブランメル先生スーザン・ウィリス
最初の犠牲者。高齢のため水分が不足し、水を求めシャワー室で水浴びようとするが死亡した。

ヴァレリー・ドレイク校長ビビ・ニューワース
ハリントン高校校長。ウィリスの襲撃の際にすでに寄生されたオルゾンに殺害されてしまい、その後パラサイトに寄生されてしまう。ケイシーらにカフェインでできた薬を吸うように強要されたが、拒否してしまった為、ジークに殺害される。その直後、パラサイトが大量発生し、それを見たメアリーベスに薬をかけられ溶けてしまった。エンドロールで生存が判明したファーロングを除くと本作で死亡したのは、老教師のブランメルに続いて2人目となった。

パラサイト 予告編・無料動画