スポンサーリンク

パッセンジャー57|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

パッセンジャー57
この記事は約6分で読めます。

1992年公開のアメリカ合衆国の映画。テロリストとテロ対策のスペシャリストとの戦いを描いたハード・アクション映画。この映画は興行収入で成功し、スナイプスを人気のアクションヒーローアイコンにしました。

パッセンジャー57 映画批評・備忘録


パッセンジャー57(原題:Passenger 57)

脚本:33点
演技・演出:16点
撮影・美術:16点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計80点

ウェズリー・スナイプスの本格的アクションがキレキレで、ブラジリアン格闘術カポエラが話題になった作品。よくあるシンプルなヒーロー物ですが、黒人の主人公でここまでの格闘術を駆使したアクション映画は初だと思います。テロリストにハイジャックされた飛行機に乗っていた57番目の客が、無双の格闘術を使える男だった!っていう展開は、スティーブン・セガールの沈黙シリーズに通づるものがありますし、本格的なアクション俳優でもありコメディもこなせるウェズリー・スナイプスの方が演技幅が広いように思う。
また、どうでもいいかもしれませんが、ブレイク・ライヴリーの父親アーニー・ライヴリーが署長役で出演しているほか、オースティン・パワーズシリーズにも出演している絶世の美女として評判だったエリザベス・ハーレイが出演しています。

amazonプライム・ビデオ

パッセンジャー57 あらすじ(ネタバレ)

メディアによって「テロリスト・レーン」と呼ばれている英国の国際テロリスト、チャールズ・レーン(ブルース・ペイン)は、法を回避するために整形手術を受けようとしているちょうどその時、FBIとマイアミの地方自治体によって逮捕されました。執行。FBIは、ロッキードL-1011トライスター旅客機に乗って、レーンをロサンゼルスに返還し、裁判にかける計画を立てています。

未亡人の元警察官、装飾された兵士、そして引退した米国シークレットサービスのエージェントであるジョンカッター(ウェズリー・スナイプス)は、コンビニエンスストアの強盗で妻が亡くなった記憶に常に悩まされており、客室乗務員の護身術のトレーニングに特化したコースを開始しました。あるクラスの後、カッターは旧友のスライ・デルヴェッキオ(トム・サイズモア)から連絡を受けました。スライ・デルヴェッキオは、彼の会社であるアトランティック・インターナショナル・エアラインズの新しいテロ対策ユニットの副社長をカッターに提供します。カッターは気が進まないが、デルヴェッキオと会社の社長であるスチュアート・ラムジー(ブルース・グリーンウッド)は彼に申し出を受け入れるように説得した。

カッターは、ロサンゼルスへの大西洋国際線の57人目の乗客として搭乗します。ロサンゼルスでは、彼の学生の1人であるマルティ・スレイトン(ダッチャー)が客室乗務員の1人です。レーンと彼の2人のFBIの護衛も乗っています。フライトが離陸した後、客室乗務員と乗客を装って、レーンの雇い主の何人かのヘンチパーソンが、FBI捜査官を殺し、レーンを解放し、機長も殺して飛行機を確保します。当時の洗面所にいたカッターは、飛行機の機内電話を使ってデルヴェッキオに状況を警告しましたが、カッターはすぐにレーンの子分によって発見されました。

カッターはヘンチマンを圧倒し、彼の武器を取ります。その後、彼はエージェントをシールドとして使用して、レーンと対峙します。無関心なレーンは、冷血で人質に取られた乗客を容赦なく殺害した後、彼自身のヘンチマンの1人を殺害することで、彼の冷酷さを示しています。カッターは彼が他の追随を許さないことに気づき、マルティと一緒に飛行機の貨物倉に逃げ込み、仕出し屋に変装した別のレーンの部下、ヴィンセントを派遣した。

カッターは飛行機の燃料を捨て、レーンに生き残ったパイロットに小さなルイジアナ飛行場に着陸するように命じさせます。カッターとマルティが着陸時に飛行機から飛び降りる準備をしていると、マルティはフォーゲットに捕まり、カッターを飛行機から追い出します。地元の保安官、レナード・ビッグス(アーニー・ライヴリー)は、彼がテロリストだと思ってカッターを逮捕し、空港の建物に連れて行きます。

レーンはフィールドの塔に接触し、給油を要求します。そのため、乗客の半分が解放されると約束します。抵抗または優柔不断の5分ごとに、レーンは5人の乗客に処刑を命じます。レーンはまた、カッターは彼に背を向けた彼自身の部下の1人であると主張しています。ビッグスは給油の許可を与え、乗客が解放されると、レーンと彼の部下は飛行機から脱出し、彼らの計画が妨害された場合、残りの人質を殺すようにまだ搭乗している人々に命令した。カッターは乗客の解放を迂回として認識し、保安官から脱出し、レーンと彼の部下を地元の郡の見本市に追いかけます。FBI捜査官が到着し、カッターのビッグスに対する正体を確認します。カッターはレーンの部下の1人を殺すことができ、警察が到着して彼を捕まえる前にレーンと戦います。

タワーに戻ると、レーンは飛行機に連絡せずに飛行許可を与えない場合、搭乗している部下は残りの人質を殺すように指示されたと発表しました。FBI捜査官は、2人の捜査官に付き添われて、レーンを飛行機に戻すよう手配し、狙撃兵にレーンを撃墜させ、人質を救うために飛行機を襲撃させる計画を立てました。しかし、狙撃兵は護衛を殺すヴィンセントですが、カッターに撃ち殺され、レーンは無事に中に入れます。Raneはパイロットに離陸を命じ、カッターはビッグスの助けを借りて、離陸する前に車からスピード違反の飛行機に飛び乗ることに成功しました。

内部では、カッターはレーンとの戦いに入る前に、レーンの共犯者の多くを扱います。彼らの戦いは飛行機の窓の1つを吹き飛ばし、キャビンはその空気圧を失い、ドアが吹き飛ばされます。カッターはなんとかレーンを開いたドアに近づけ、飛行機から追い出します。レーンは恐怖で叫びながら夜空に送り出され、そこで35,000フィート(6.6マイル)落下して死にます。飛行機はすぐに飛行場に戻り、そこでFBI捜査官は、レーンの唯一の残りのエージェントであるサブリナ・リッチーを確保し、残りの人質は解放されます。おめでとうとお祝いの中で、マルティとカッターは手をつないで遠くに静かに逃げます。

パッセンジャー57 スタッフ

監督:ケヴィン・フックス
製作:リー・リッチ,ダン・ポールソン,ディラン・セラーズ
共同製作:ロバート・J・アンダーソン
製作総指揮:ジョナサン・シャインバーグ
原案:スチュワート・ラフィル,ダン・ゴードン
脚本:デヴィッド・ローヘリー,ダン・ゴードン
撮影:マーク・アーウィン
音楽:スタンリー・クラーク
配給:ワーナー・ブラザース

パッセンジャー57 キャスト

ウェズリー・スナイプス
ブルース・ペイン
トム・サイズモア
アレックス・ダッチャー
ブルース・グリーンウッド
エリザベス・ハーレイ
アーニー・ライヴリー
ロバート・フックス
マイケル・ホース
マーク・マコーレイ
ブレット・ライス
デニス・レッツ
トム・ノーウィッキー
ザカリー・マクレモア
レサ・サーマン
マイケル・H・モス

パッセンジャー57 予告編


amazonプライム・ビデオ