スポンサーリンク

ハリーとヘンダスン一家|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

ハリーとヘンダスン一家
この記事は約4分で読めます。

1987年制作のアメリカ合衆国のコメディ映画。ひょんな事から伝説の生物ビッグフットに遭遇、保護する事になったヘンダスン一家とその周囲で起きる騒動を描く。アメリカ人家族と伝説のビッグフットの交流を描いたハートウォーミングコメディ。

ハリーとヘンダスン一家 映画批評・備忘録


ハリーとヘンダスン一家(原題:Harry and the Hendersons)

脚本:32点
演技・演出:17点
撮影・美術:16点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計80点

ウィリアム・ディア監督は、『世にも不思議なアメージング・ストーリー』の短編『パパはミイラ』で認められ、スピルバーグに抜擢されて撮ったのが今作。UMA系の特撮映画というより、ハートフルコメディタッチで、家族全員で楽しめる心がほっこりできる映画です

ファンが多く、素晴らしい映画にも拘わらず、日本ではなぜか?DVD・ブルーレイ化されていませんでしたが、ようやくDVD化してくれました。善人と悪人を見事なほど演じ分けるジョン・リスゴーに影響を受けた日本のベテラン俳優も多く、俳優志望の方は、ジョン・リスゴーが出演している映画を見ることをお薦めします。

 

ビッグフットはリック・ベイカーがデザインし、『プレデター』、『プレデター2』でプレデターのスーツアクターを演じたケヴィン・ピーター・ホールが演じています。

特殊メイクを手掛けたリック・ベイカーは第60回アカデミーメイクアップ賞を受賞しています。また、1981年に特殊効果を手がける「シノベーション・スタジオ」を創設。マイケル・ジャクソンの『スリラー』のミュージック・ビデオで特殊メイクを手掛けたことでも知られています。若い頃にダース・ベイダーの型を創るなどハリウッドの巨匠の一人。

※映画公開後、1991年には続編のテレビドラマが製作され、3シーズン続きました。

 

ハリーとヘンダスン一家 あらすじ(ネタバレ)

ジョージは、妻のナンシー、娘のセーラ、息子のアーニーとともに森で過ごした。ワシントン州シアトルにある自宅に帰る途中、車である物をはねてしまう。何とそれは伝説の生物ビッグフットだった。死んだと思って車の屋根に積んでおいたら、死んでなかった。

夜、ビッグフットは冷蔵庫をあけて食物をあさったり、壁に飾ってある動物の剥製を本物と思い込んではがしたりと大騒ぎ。警察に通報しても、ビッグフットと聞いては相手にしてくれない。そんなビッグフットとまず仲良くなったのがアーニーだった。

ビッグフット・ハンターのラフラールが行方を追って来る。ハリーと名付けられたビッグフットを森にかえそうとするが、ハリーは姿を消してしまう。

ジョージは父の経営する銃砲店へ出勤する。ラフラールが来て強力なマグナム弾を買って行った。父から彼がビッグフット・ハンターと聞いたジョージは、ビッグフット研究の第一人者ライトウッド博士を尋ねた。住宅地でハリーの姿が目撃され、銃がとぶように売れ出す。

夜の街で、ハリーを発見したジョージは、追いかけてくる警察隊、ラフラールの手をのがれて家へつれもどす。ライトウッド博士がやってきて、ハリーを森へかえしたいというヘンダスン一家の優しい心に打たれ協力を約束する。

翌日、一家は森へ。後をラフラールが追う。しかし、ハリーのやさしい心にラフラールも感動し、ハリーは無事森の中へ消えていく。

ハリーとヘンダスン一家 スタッフ

監督:ウィリアム・ディア
脚本:ウィリアム・ディア,ウィリアム・E・マーティン,エズラ・D・ラパポート
製作:ウィリアム・ディア,リチャード・ヴェイン
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ
音楽:ブルース・ブロートン
撮影:アレン・ダヴィオー
編集:ドン・キャンバーン
配給:UIP

ハリーとヘンダスン一家 キャスト

ジョージ・ヘンダスン:ジョン・リスゴー
ナンシー・ヘンダスン:メリンダ・ディロン
サラ・ヘンダスン:マーガレット・ラングリック
アーニー・ヘンダスン:ジョシュア・ルドイ
アイリーン・モフィット:レイニー・カザン
ウォーレス・ライトウッド博士:ドン・アメチー
ジョージの父:M・エメット・ウォルシュ
ジャック・ラフラール:デヴィッド・スーシェ
マンシーニ:ビル・オンティヴェロス
ハリー(ビッグフット):ケヴィン・ピーター・ホール
リトルビッグフット:デビー・リー・キャリントン

ハリーとヘンダスン一家 予告編・無料動画