スポンサーリンク

トゥルーナイト|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

トゥルーナイト
この記事は約3分で読めます。

1995年公開のアメリカ合衆国の映画。アーサー王の配下の“円卓の騎士”の長ランスロットとアーサー王妃グィネヴィアとの恋を中心に描く。アーサー王をショーン・コネリー、ランスロットをリチャード・ギアが演じている。

トゥルーナイト 映画批評・備忘録


トゥルーナイト(原題:First Knight)

脚本:25点
演技・演出:15点
撮影・美術:12点
編集:5点
音響・音楽:7点
合計64点

アーサー王(ショーン・コネリー)の配下の“円卓の騎士”の長ランスロット(リチャード・ギア)とアーサー王妃グィネヴィア(ジュリア・オーモンド)との恋を中心に描かれていておとぎ話のようなロマンチック・アドベンチャーって感じの仕上がりになっている。ショーン・コネリーは渋くてカッコいいし、リチャード・ギアはザ・ランスロットって感じで美しく強い男、ジュリア・オーモンドはいかにも気の強いお姫様で、登場人物が絵になっている。ただただ物足りない、ひねりがない、昔から読み聞かされた内容をまた見ている感覚で、好きな人は好きなんだろうけど、個人的には物足りない映画だった。

amazonプライム・ビデオ

トゥルー・ナイト [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
¥2,980(2022/05/14 16:46時点)

トゥルーナイト あらすじ

5世紀のイギリス。自由と冒険を求めてさすらう若き騎士ランスロットは、レオネス公国の王(en:Leodegrance)の娘グィネヴィアが嫁ぐ途中で公国と敵対するマラガント王子に襲われていた所を助けたことでアーサー王に高く評価され“円卓の騎士”に迎え入れられ、最も信頼の厚い“第一の騎士”(英語: First Knight)の称号も授かる。しかし、ランスロットはグィネヴィアと恋に落ちてしまい、騎士道と不義の恋の板挟みに苦しむことになる…。

トゥルーナイト スタッフ

監督:
脚本:
製作:,
製作総指揮:,,
音楽:
撮影:
編集:
配給:

トゥルーナイト キャスト

アーサー王:
中世の歴史書や騎士道物語では、アーサー王は6世紀初めにローマン・ケルトのブリトン人を率いてサクソン人の侵攻を撃退した人物とされる。

ランスロット:
アーサー王物語等に登場する伝説の人物で、円卓の騎士の成員。主君アーサー王の王妃グィネヴィアとの不義の恋と、それにより円卓の騎士の分裂の一因となった人物である。

グィネヴィア:
マラガント王子:
オスワルド:
アグラヴェイン卿:
ケイ卿:
ガヘリス卿:
ラルフ:
ピーター:

トゥルーナイト 予告編


amazonプライム・ビデオ

トゥルー・ナイト [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
¥2,980(2022/05/14 16:46時点)