スウィートホーム 76点

映画 スウィートホーム
この記事は約7分で読めます。

1989年公開の日本映画。番組撮影の為、故人である画家の住んでいた山奥のとある洋館を訪れたTVクルーたちに襲いかかる恐怖を描いたホラー。監督は伊丹十三に抜擢され、本作品によりメジャーデビューを果した黒沢清。映画公開後、東宝よりレンタルビデオ用のビデオカセットおよびLDが発売されたが、このビデオを巡って監督の黒沢が伊丹プロと東宝を提訴した。ビデオ販売にともなう監督への追加報酬が合意されたか否か、ビデオ化およびテレビ放映に際してなされた編集が監督の著作者人格権を侵害しないか否かなどが争点となったが、黒沢の敗訴が確定している。
判決自体は伊丹プロらのビデオ化を是認するものであったが、現在本作品のビデオは絶版、DVD化もされていない。

スウィートホーム 映画批評・備忘録


スウィートホーム

脚本:30点
演技・演出:12点
撮影・美術:18点
編集:8点
音響・音楽:8点
合計76点

 今作を見たのは当時中学生で地元の映画館で鑑賞しました。予想外に観客が多く、立ち見になっていたので、空き椅子を見つけて移動しようとしたちょうどその時、黒田福美に斧が落ちてくるシーンのタイミングでどすーんと転んでしまい場内に観客の悲鳴が轟きました。ちょっと恥ずかしかったのでトイレに行くとビーバップハイスクールに出てきそうな強面のお兄さん達に絡まれるということがありました。その時、強く頭をぶつけてたせいで目の焦点があってなかったのか、お兄さん達にジロジロ見られてこいつちょっとおかしいみたいな感じで何事もなくスルーされました。そんな胸がいっぱいになる個人的に思い出深い今作なのですが、DVD化されず残念に思っています。
 
 古舘伊知郎の下半身がドロドロに溶ける、伊丹十三がドロドロに溶ける、ドロドロシーンが秀逸で、今見ても見応え十分の特撮です。エクソシストやゴッドファーザーのメイクキャップで高名なディック・スミスをSFX総指揮に招いていることや、現在の日本の特撮を支えているディメンションズの江川悦子や白組の山崎貴がスタッフに加わっていることを考えますと、今作品が日本映画界で新しい作品づくりへの一歩を踏み出したように思えます。ラストシーンの特撮は、『ポルターガイスト』をほぼそのままオマージュしているので、迫力はあっても新しさは感じられませんでした。

スウィートホーム あらすじ

プロデューサーの和夫、ディレクターの秋子、カメラマンの田口、レポーターのアスカ、そして夏休みの勉強を兼ねてついてきた和夫の娘エミの5人からなるテレビ取材班は、フレスコ画家、間宮一郎の作品が遺されている無人の屋敷に取材目的で入り込み、壁面から発見された壁画の全容を解き明かそうとする。着々と取材を進める一行だが、次々と怪奇現象が起こり始める。やむなく和夫と秋子は取材を断念して、引き上げる準備を始めるが、その最中、田口とアスカが怪奇現象によって命を落としてしまう。そこへ一行が屋敷に入り込んできたことを知った山村と名乗る老人が現れ、供養塔を壊したのはお前たちかと和夫たちを問い詰めてきた。この館ではかつて、間宮一郎の妻が誤って我が子を死なせてしまい、そのショックから精神に異常をきたして子供たちを次々にさらっては殺害した末に自らの命を絶つという凄惨な事件が起きていた。その事件の犠牲者や間宮夫人らの霊を鎮めるために供養塔が作られていたのだが、屋敷に入る時に田口がそうとも知らずに供養塔を壊してしまっていたため、間宮夫人の霊が目を覚まし、悪霊となって蘇ってしまったのだという。やがて間宮夫人の魔の手は生き残った和夫たちにも迫り、和夫の娘・エミが夫人の霊にさらわれてしまった。和夫と秋子は山村老人の助力を得てエミの救出に向かう。

間宮夫人が潜む部屋の奥へ単身入り込んだ山村老人はエミを救い出すことに成功するが、間宮夫人の操る超高熱の影に侵され、3人の眼前で跡形もなく溶解して死亡してしまう。間宮夫人の魔の手は容赦なく襲い掛かり、屋敷からの脱出寸前に再びエミが捕らわれ、和夫は秋子に戻らなかったら逃げろと言い残して単身、屋敷に引き返していってしまう。独り残され途方にくれていた秋子は、エミを救い出すべく気力を振り絞って立ち上がる。独身であった秋子は、子を亡くした苦悩を抱える母親であるがゆえにひときわ強力な力を有する夫人に対抗するべく、子を持つ母親の気持ちを理解するためにエミが持ち歩いていた彼女の母親の形見の服を身につけ、間宮夫人子供の遺体が入った棺を手に、単身間宮夫人が潜む屋敷の地下へと向かう。そして間宮夫人の魔力を切り抜けた末、悲劇の発端となった焼却炉の中にエミが捕らわれているのを見つけ、山村老人から教わった心の力で間宮夫人が見せ付ける炎の幻影を乗り越えて見事にエミを救い出した。

喜びもつかの間、2人の前についに悪霊と化した間宮夫人が姿を現し、醜悪な異形の姿に変貌して襲い掛かってきた。容赦ない攻撃に秋子が倒れ絶体絶命に追い込まれた時、秋子が持ってきた棺を見て何をなすべきかに気づいたエミは、棺に納められていた間宮夫人の子供の遺体を取り出して、間宮夫人に差し出した。その途端に間宮夫人は大人しくなり、亡くした我が子をその手に取り戻した喜びと共に全ての苦しみから解き放たれ、昇天していった。

全てが終わり、ようやく脱出を果たしながらも仲間たちを失った悲しみに暮れていた2人の前に、消息を絶ったと思われた和夫が姿を現した。山村老人が残していったお守りの力により悪霊から守られ、命からがら逃げてきたのであった。

再会を喜び一行が屋敷を後にした後、長きに渡る怨念と呪縛から解き放たれたかのように、間宮邸は独りでに崩壊していった。

スウィートホーム スタッフ

監督:黒沢清
脚本:黒沢清
製作:玉置泰
製作総指揮:伊丹十三
音楽:松浦雅也
撮影:前田米造
SFX総指揮 : ディック・スミス
SFXコーディネーター:江川悦子
SFXスーパーバイザー:トム・カルナン
イメージデザイン:島村達雄
音楽プロデューサー:立川直樹
グラフィック・デザイン:佐村憲一
SFXメイクアップディメンションズ:江川悦子,トム・カルナン,エディ・ヤン,マイク・ホッシュ,スティーブ・ダナン,グレッグ・ケイトン,大池しおり,島崎恭一,佐和一弘,ピエール須田,南泉雅昭,寺田高士,久保秀美,磯金秀樹
スペシャルビジュアル白組:粟飯原君江,山崎貴,滋沢雅人
編集:鈴木晄
配給:東宝

スウィートホーム キャスト

テレビ取材班
早川秋子(はやかわ あきこ)
演 – 宮本信子
本作の主人公。テレビ番組のディレクター。きびきびとしたしっかり者のキャリアウーマンで独身。星野和夫と付き合っており愛し合っているが、彼の優柔不断な面に不満も持っている。和夫の娘のエミをわが子のように可愛がっている。子供を失った反動で母親を亡くしたエミをさらった間宮夫人からエミを救うべく立ち向かう。
星野和夫(ほしの かずお)
演 – 山城新伍
プロデューサー。エミの父。陽気で明るい人物だが反面、優柔不断な面がある(エミ曰く、「気が弱い。すぐ相手に調子合わせる」)。秋子を愛しているが、なかなか結婚を言い出せないでいる。
星野エミ(ほしの エミ)
演 – NOKKO
和夫の娘。明るく活発な少女だが内心には幼い頃に亡くした母への思慕の念を抱いており、姉のように慕う秋子に母になって欲しいと願っている。夏休みであるため父に勉強を兼ねて同行している。
母を亡くすという生い立ちゆえに、我が子を亡くして苦しむ間宮夫人の悪霊と引き付けあいさらわれてしまう。
母親の服を形見として持ち歩いており、このことが後に秋子の力の源となる。
田口 亮(たぐち りょう)
演 – 古舘伊知郎
カメラマン。カメラマンとしては優秀だが浅慮で無神経な一面のあるトラブルメーカー。発電機室に入るために供養塔を壊し、クルーに悲劇をもたらした張本人。
「影」に捕まって下半身を溶かされ半狂乱状態でアスカにすがるが、錯乱したアスカにスパナで殴られて死亡する。
アスカ
演 – 黒田福美
番組のレポーター。神秘的な雰囲気を持つ若い女性。芸術に造詣があるらしく、間宮邸の壁に描かれたフレスコ画の修復作業も担当する。
霊感が強く間宮邸の怪異に真っ先に反応し、何者かに取り憑かれたかのように奇行を見せるようになる。
影に下半身を溶かされて半狂乱状態ですがりついてきた田口をパニックの末に撲殺した直後、田口が勝手に持ち出して壁に立てかけていた斧に足を引っかけてしまい、頭に倒れてきた斧の直撃を受けて即死。さらに死体を間宮夫人の影の超高熱で跡形もなく溶かされ無残な姿で発見された。

間宮家に関わる人物
山村健一(やまむら けんいち)
演 – 伊丹十三
間宮邸から一番近いガソリンスタンドの主人。気骨のある老人で間宮家の過去の悲劇を知る人物だが、その素性は謎。「心の力」と称する不思議な力を操ることができ、エミを失って途方にくれる和夫たちを叱咤しつつ導く。影に囚われたエミを救出した後に全身を溶かされ死亡。
間宮一郎(まみや いちろう)
フレスコ画家で間宮邸の主。故人。生前に間宮家の日々を描いた巨大なフレスコ画を残している。
間宮夫人(まみや ふじん)
演 – 渡辺まち子
間宮一郎の妻。かつては優しい心の持ち主であり、誰もが羨む美人であった。まさに「スゥイートホーム」と呼べるほどの幸せな家庭のひと時を一郎と過ごしていたが、子供を不慮の事故で亡くしたために精神を病み、付近の家の子供をさらって焼き殺すという凶行を繰り返した末、自ら焼却炉に身を投げて命を絶った。
供養塔によって魂を鎮められていたが、田口が供養塔をうっかり壊したのが原因で憎悪の念と共に悪霊と化し一行に襲い掛かる。本体は屋敷の地下に潜み、影を自在に操って影に接触したものを超高熱で焼き殺すという凶行を繰り返す。
母親を亡くすという、自分とは逆の境遇に置かれたエミと惹きつけ合い、彼女を自分の子供にしようと目論む。
役場
若い上役
演 – 益岡徹
中年の役人
演 – 三谷昇
間宮邸の鍵を預かる役場の職員。間宮邸に怪異が現れるらしいことを知りながらもテレビ取材班一行に鍵を渡す。

スウィートホーム 予告編・無料動画


コメント