スポンサーリンク

アメイジング・スパイダーマン2|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

アメイジング・スパイダーマン2
この記事は約6分で読めます。

2014年公開のアメリカ合衆国の映画。『アメイジング・スパイダーマン』の続編。また、マーベルコミック原作の『スパイダーマン』の実写映画化作品としては第5作目となる。

アメイジング・スパイダーマン2 映画批評・備忘録


アメイジング・スパイダーマン2(原題:The Amazing Spider-Man 2)

脚本:29点
演技・演出:18点
撮影・美術:18点
編集:6点
音響・音楽:7点
合計78点

前作に比べて、すごく見劣る完成度で、CGもアクションもスケールアップしているものの、正直途中で眠たくなる作品。脚本がいまいちで、敵キャラがきっと冴えないからだろう。2作目にしてサム・ライミとの差が大きく出てしまった感は否めない。

amazonプライム・ビデオ

アメイジング・スパイダーマン2 あらすじ

オズコープの科学者であるリチャード・パーカー(演:キャンベル・スコット)は失踪理由をビデオメッセージに記録する。リチャードと妻のメアリー(演:エンベス・デイヴィッツ)が乗ったプライベートジェットは暗殺者にハイジャックされ飛行機は墜落し、リチャードとメアリーは死んでしまう。
リチャードの息子であるピーター・パーカー(演:アンドリュー・ガーフィールド)はスパイダーマンとしてニューヨークの犯罪と戦い続けていた。スパイダーマンはトラックで暴走するアレクセイ・シツェビッチ(演:ポール・ジアマッティ)を逮捕し、そのまま恋人グウェン・ステイシー(演:エマ・ストーン)が待つ高校の卒業式へ向かう。ピーターは彼女の亡き父ジョージと交わした「彼女を危険に巻き込まないために別れる」という約束を果たせず苦しんでいた。その頃、ピーターの旧友ハリー・オズボーン(演:デイン・デハーン)がマンハッタンに戻ってくる。ハリーはオズコープのCEOノーマン・オズボーンの息子であり、父の死後、ハリーはオズコープの新CEOに就任する。
オズコープで働くマックス・ディロン(演:ジェイミー・フォックス)は、街の送電システムを設計した優秀な電気技師だったが、その冴えない風貌と性格から誰からも好かれず、自身の命を助けてくれたスパイダーマンに異常な執着を見せていた。ある夜、彼は作業中の事故で電気人間(エレクトロ)になってしまい、その力をコントロールできずタイムズスクエアを停電させ破壊してしまう。これを止めに来たスパイダーマンに名前を覚えられていなかったことや、自分とは違い人々から愛されている姿に嫉妬しさらに暴走するが、エレクトロは捕縛され、カフカ博士(演:マートン・チョーカシュ)がいるレイブンクロフト刑務所へ収容される。ディロンは自らエレクトロと名乗りスパイダーマンの命を狙うようになってしまう。
一方、ハリーは父ノーマンと同様に不治の病に侵されており、その症状が現れ始めていた。ハリーは父ノーマンが残した過去の研究データから、治療するにはスパイダーマンの血液が必要だという結論に達する。しかしピーターはコナーズ博士の経緯から輸血の影響を危険と考え、スパイダーマンとしても血液の提供を拒否する。これによりハリーはスパイダーマンに強い憎しみを抱くようになる。
オズコープ副社長のドナルド・メンケンを含む役員達はエレクトロがディロンであることを隠蔽し、ハリーをCEOから失脚させ、オズコープを支配しようとしていた。ハリーはCEO補佐に任命されたフェリシア・ハーディから助けになる「装置」の存在を教えられ、エレクトロをオズコープへ連れ戻す。その「装置」とはノーマンが作り出した様々な兵器だった。ハリーはグリーン・ゴブリンになり、エレクトロと共謀してスパイダーマンの抹殺に動き出す。
ピーターは父リチャードが残した情報から破棄された地下鉄の隠し研究室を突き止め、そこに残されていたビデオメッセージから失踪した理由を知る。その直後エレクトロが再び街中の電気を吸い取り、ニューヨーク一帯を停電させてしまう。スパイダーマンとグウェンは協力して発電所を再起動させ過電流を浴びせてエレクトロを倒す。安堵するのも束の間グリーン・ゴブリンが現れる。連れ去られたグウェンは時計塔の頂上から突き落とされ、スパイダーマンが間一髪で掴み取ったものの、頭を打ち付け即死する。ピーターはグウェンの死のショックから自警活動を止めてしまう。
アレクセイ・シツェビッチは脱獄し、ノーマンが作り出した兵器を身に着けライノとして暴れ出す。ピーターはグウェンの卒業スピーチで自信を取り戻し、スパイダーマンとして再びライノの前に現れる。

アメイジング・スパイダーマン2 スタッフ

監督:マーク・ウェブ
脚本:アレックス・カーツマン,ロベルト・オーチー,ジェフ・ピンクナー
原案:ジェームズ・ヴァンダービルト
製作:アヴィ・アラッド,マシュー・トルマック
製作総指揮:アレックス・カーツマン,ロベルト・オーチー
音楽:ハンス・ジマー,The Magnificent Six
主題歌:アリシア・キーズ feat. ケンドリック・ラマー 『イッツ・オン・アゲイン』,挿入歌= フィリップ・フィリップス(英語版) 『ゴーン、ゴーン、ゴーン(英語版)』,中島美嘉×加藤ミリヤ 『Fighter』(日本語吹き替え版テーマソング)
撮影:ダニエル・ミンデル
編集:ピエトロ・スカリア,エリオット・グレアム
製作会社:マーベル・エンターテインメント
配給:コロンビア映画

アメイジング・スパイダーマン2 キャスト

アンドリュー・ガーフィールド
エマ・ストーン
ジェイミー・フォックス
デイン・デハーン
コルム・フィオール
フェリシティ・ジョーンズ
ポール・ジアマッティ
サリー・フィールド
エンベス・デイヴィッツ
キャンベル・スコット
マートン・チョーカシュ
ルイス・キャンセルミ
マックス・チャールズ
B・J・ノヴァク
マイケル・マッシー
クリス・クーパー
デニス・リアリー
スタン・リー

アメイジング・スパイダーマン2 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

スパイダーマン 映画シリーズ

スパイダーマン|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2002年公開のアメリカ合衆国の映画。「マーベル・コミック」のスタン・リー原作の、同名のアメリカン・コミックである『スパイダーマン』の実写映画化作品。北米における大ヒット作の基準値である興行収入1億ドルを公開1週目のオープニング成績のみで達成した初めての作品であり、最終的には北米だけで4億ドルを記録した。映画化の企画自体は以前からあったが、壁に張り付き、スパイダー・ウェブで街を縦横無尽に飛び回るスパイダーマンの姿を実写映像化するのは技術的に困難といわれていた。21世紀になりCGをはじめとする特撮技術が進歩した事により、映画化が可能となった。監督には当初ジェームズ・キャメロンの名が挙がっていた。...
スパイダーマン2|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2004年公開のアメリカ合衆国の映画。世界中を熱狂させた前作から約2年、待望の続編。本作では、スパイダーマンとして活躍する一方、普通の青年としての日々に、もがき悩む等身大のヒーロー、ピーター・パーカーの前に、新たなる強敵“ドック・オク”が現れる。最先端のVFXが高く評価され、第77回アカデミー賞において視覚効果賞を受賞した。 スパイダーマン2 映画批評・備忘録 スパイダーマン2(原題:Spider-Man 2) 脚本:39点 演技・演出:19点 撮影・美術:20点 編集:10点 音響・音楽:10点 合計98点 サム・ライミ監督スパイダーマン3部作の中で最も評価され...
スパイダーマン3|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2007年公開のアメリカ合衆国の映画。2002年の『スパイダーマン』、2004年の『スパイダーマン2』に続く、サム・ライミ監督版スパイダーマン三部作の第3作目(最終作)となる。スパイダーマンがニューヨークを舞台に、史上最強の新たなる敵に立ち向かう。監督は前作に引き続きサム・ライミ。主要キャストは「スパイダーマン2」同様にトビー・マグワイア、キルスティン・ダンスト、ジェームズ・フランコが務める。 スパイダーマン3 映画批評・備忘録 スパイダーマン3(原題:Spider-Man 3) 脚本:32点 演技・演出:15点 撮影・美術:19点 編集:8点 音響・音楽:10点 合計...
アメイジング・スパイダーマン|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2012年公開のアメリカ合衆国の映画。※元々は、サム・ライミ監督による映画『スパイダーマン』シリーズ三部作の興行的成功を受け、続編として新たな三部作を追加した全六部作構想が発表された。その新三部作の第一弾となる、第4作目が2011年公開を予定していたが、2010年にサム・ライミ監督が降板したことによりプロジェクトは白紙となった。制作元のソニーは、続編ではなくシリーズのリブート(再始動)を発表した。シリーズの新たな監督にマーク・ウェブを迎え、主人公ピーター・パーカー役にアンドリュー・ガーフィールド、ヒロインのグウェン・ステイシー役にエマ・ストーン、一作目のヴィラン(敵キャラクター)に当たるリザー...
アメイジング・スパイダーマン2|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画
2014年公開のアメリカ合衆国の映画。『アメイジング・スパイダーマン』の続編。また、マーベルコミック原作の『スパイダーマン』の実写映画化作品としては第5作目となる。 アメイジング・スパイダーマン2 映画批評・備忘録 アメイジング・スパイダーマン2(原題:The Amazing Spider-Man 2) 脚本:29点 演技・演出:18点 撮影・美術:18点 編集:6点 音響・音楽:7点 合計78点 前作に比べて、すごく見劣る完成度で、CGもアクションもスケールアップしているものの、正直途中で眠たくなる作品。脚本がいまいちで、敵キャラがきっと冴えないからだろう。2作...