スポンサーリンク

Diner ダイナー|映画批評|あらすじ|スタッフ|キャスト|予告編・無料動画

Diner ダイナー
この記事は約4分で読めます。

2019年公開の日本映画。藤原竜也と蜷川実花監督が初タッグを組み、平山夢明の小説「ダイナー」を映画化。キャッチコピーは「ようこそ 殺し屋専用の食堂ダイナーへ。」「美味いメシを食うか? それとも死ぬか?」「客は全員、殺し屋。命が“クズ同然”の食堂ダイナーで、殺し合いゲーム開宴。」。

Diner ダイナー 映画批評・備忘録


Diner ダイナー

脚本:-15点
演技・演出:3点
撮影・美術:15点
編集:4点
音響・音楽:6点
合計13点

これは。。。セリフを聞くたびに。。。ゾワゾワする。なんだろう、なんだろう、この違和感。
蜷川実花と横尾忠則が組んだ映像は芸術性は高いものの、ストーリーとセリフが全く合ってないというかひどすぎて寒気がしました。これで原作に忠実らしいんですけど、脚本家や監督は手直ししなかったんでしょうか。原作が必ずしも素晴らしいものではなく、おかしいものはおかしいと判断できなかったんでしょうか?『テラフォーマーズ』と同じ罠にはまった感じがしています。藤原竜也も演じるのが相当難しかったはずです。彼が熱演すればするほど寒さが増していきました。その他の実力派俳優たちの魅力を下げるセリフの寒さ、演出の寒さは久しく見ていないものでした。一方、宝塚ファミリーは十八番の芸、演技の舞台ではありました。キャストは豪華で映像技術も上々ですが、作品そのものに魅力がない、そう思ってしまう映画でした。

今作品は Huluで見ました。

amazonプライム・ビデオ

Diner ダイナー あらすじ

そこは、店主も客も殺し屋の、日本一イカれたダイナー<食堂>。料理も生死も支配するダイナーの王=店主は、元殺し屋・天才シェフのボンベロ。「俺は、ここの王だ。砂糖の一粒までが俺に従う。」日給30万の怪しいアルバイトに手を出したオオバカナコは、ウェイトレスとしてそこに売られた。
皿を割っただけで消される極限状態のダイナーに、次々やってくる超ブッ飛んだ殺し屋たち。オーダーは極上の料理か、それとも殺し合いか…。

Diner ダイナー スタッフ

原作:平山夢明『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)
監督:蜷川実花
脚本:後藤ひろひと杉山嘉一蜷川実花
音楽:大沢伸一
主題歌:DAOKO×MIYAVI「千客万来」(ユニバーサル ミュージック)
製作:今村司堀義貴池田宏之井上肇石垣裕之瀬井哲也谷和男山本浩千葉均吉川英作田中祐介和田倉和利
エグゼクティブプロデューサー:伊藤響
プロデューサー:伊藤卓哉甘木モリオ
アソシエイトプロデューサー:宇田充金谷英剛
撮影:相馬大輔
プロダクションデザイナー:enzo
食堂の装飾美術:横尾忠則
照明:佐藤浩太
録音:阿部茂
編集:森下博昭
キャラクターデザイン:長瀬哲朗
ヘアメイクデザイン:ShinYa
フードクリエイション:諏訪綾子
アクション監督:川澄朋章
VFXスーパーバイザー:野崎宏二
助監督:川村直紀
プロダクションマネージャー:YANG MINJU道上巧矢
配給:ワーナー・ブラザース映画
制作プロダクション:シネバザール
企画・製作幹事:日本テレビ放送網
製作:「Diner ダイナー」製作委員会(日本テレビ放送網、ホリプロ、ワーナー・ブラザース映画、パルコ、WOWOW、バップ、読売テレビ放送、博報堂、ポプラ社、日本出版販売、GYAO、シネバザール、ラッキースター、札幌テレビ放送、宮城テレビ放送、静岡第一テレビ、中京テレビ放送、広島テレビ放送、福岡放送)

Diner ダイナー キャスト

ボンベロ:藤原竜也
オオバカナコ:玉城ティナ
スキン:窪田正孝
キッド:本郷奏多
ブロ:武田真治
カウボーイ:斎藤工
ディーディー:佐藤江梨子
ブタ男:金子ノブアキ
マテバ:小栗旬
マリア:土屋アンナ
無礼図(ブレイズ):真矢ミキ
コフィ:奥田瑛二
教授:品川徹
アラーニャ:内田健司
ソロ:前田公輝
ポリージャ:吉村界人
荒烈屈巣(アレックス):真琴つばさ
雄澄華瑠(オスカル):沙央くらま
歴代ウェイトレス:宮脇咲良AMIAYAエリイ中村里砂マドモアゼル・ユリアMEGUMISHIHO
旅行代理店のスタッフ:川栄李奈
「白鯨」を読む女性:コムアイ
お天気キャスター:板野友美
オオバカナコの祖母:角替和枝
スキンの母親:木村佳乃
デルモニコ:蜷川幸雄井手らっきょ

Diner ダイナー 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

コメント