スポンサーリンク

ビースト|父 VS. モンスターライオン!その繁みには、“魔獣”が潜んでいる。

映画 ビースト
この記事は約4分で読めます。

ビーストは、2022年公開のアメリカ合衆国の映画。娘たちと旅行を楽しんでいた男が、魔獣と恐れられるライオンと死闘を繰り広げスリル体験型モンスター・パニック・アクション!監督には『エベレスト3D』「アドリフト 41日間の漂流」など、人間の極限状態を臨場感とともに描く手法に定評のあるアイスランド出身のバルタザール・コルマウクル。脚本には、『ランペイジ巨獣大乱闘』、『フライト・ゲーム』のライアン・イングルが参加、全米No.1のヒット映画を10本も放っている超ヒットメイカー、ウィル・パッカーのプロデュース作品!

ビースト 映画批評・評価・考察

ビースト [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
¥2,075(2024/07/12 06:19時点)

ビースト(原題:Beast)

脚本:30点
演技・演出:16点
撮影・美術:16点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計77点

家族を守るため、村一つを壊滅させた凶暴なモンスターライオンに立ち向かう父親の死闘を描いたサバイバルアクション。イドリス・エルバが絶望的な状況で戦う主人公を熱演しました。広大なアフリカのサバンナを舞台に繰り広げられる人間とライオンとの死闘を描き、主人公と娘たち、主人公の友人という必要最小限の主要キャストと1頭の雄ライオン、そして近年の映画としてはコンパクトな約90分の長さで、まさに陸上版「ジョーズ」というべき緊迫した物語が展開します。

目新しさが無く、よくあるパターンではあるものの、父親視点の家族愛・絆を強調し、子供達のためなら命を厭わない戦いに挑む姿は胸を熱くさせます。そういう父親像にイドリス・エルバがハマってます。レビューサイト等では評価がいまひとつなものの、かなりバランスのとれた映画ですので十分楽しめる作品でした。

今作品はAmazonプライムで見ました。(吹替版はこちら
amazonプライム・ビデオ

ビースト あらすじ(ネタバレ)

妻に先立たれた医師のネイト・サミュエルズは、2人の娘たちを連れて亡き妻との思い出の地である南アフリカへ長期旅行にやって来た。

彼らはネイトの旧友の生物学者マーティンの案内で広大なサバンナでドライブをして楽しんでいたが、途中で寄った村で住民たちの死体を発見する。深手を負って何かから逃げる生き残りの住民は、怯えながら彼らに「ディアボロ(悪魔)」と呟き息絶えた。

その正体は1頭のライオンであった。それは密猟者に仲間を殺され、全ての人間への憎悪に満ち、人間を食べずにただ引き裂いて殺すことだけを目的にした残忍なモンスターと化していた。

立ち往生した車の中で夜を越そうとしていた4人は密猟者のグループと遭遇、そこにライオンが襲いかかる。ネイトはその機に乗じて密猟者を追いかけ、車の鍵を奪い取る。その頃、3人の乗っている車はライオンの襲撃を受けていた。車は娘2人が車外に逃げ出した直後に横転し、崖から転落してしまう。マーティンは漏れ出たガソリンに火をつけ、自らを犠牲にライオンを撃退した。ネイトと娘たちは密猟者の車でその場を後にする。

廃校に退避した3人は、そこが密猟者のアジトになっていることを発見する。傷の応急処置をしていたが、山を超えてまで彼らを追いかけてきたライオンにまたも襲われる。ネイトは2人を安全な場所に残し、単身でライオンと対峙して殺されかけるが、縄張りを守ろうとする他のライオンと保護区の職員の介入により寸前で助かる。

杖をついたネイトは娘たちと保護区に再度訪れ、亡き妻が以前写真を撮ったのと同じ木の前で写真を撮影する。

ビースト スタッフ

監督:バルタザール・コルマウクル
脚本:ライアン・イングル
原案:ジェイミー・プリマック・サリヴァン
製作:バルタザール・コルマウクル,ジェームズ・ロペス,ウィル・パッカー
製作総指揮:ジェイミー・プリマック・サリヴァン,バーナード・ベリュー
音楽:スティーヴン・プライス
撮影:フィリップ・ルースロ
編集:ジェイ・ラビノウィッツ
製作会社:ウィル・パッカー・プロダクションズ,RVKスタジオ
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ,東宝東和

ビースト キャスト

ネイト・サミュエルズ:イドリス・エルバ
メレディス・サミュエルズ:イヤナ・ハーレイ
ノラ・サミュエルズ:リア・ジェフリーズ
マーティン・バトルズ:シャールト・コプリー

ビースト 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ

ライオンを題材にした映画

ゴースト&ダークネス|これは恐るべき真実の物語。”伝説の魔獣”に挑む男たちの壮絶な戦いを描くモンスター・パニック・アドベンチャー!
ゴースト&ダークネスは、1996年公開のアメリカ合衆国の映画。19世紀末のイギリス領東アフリカ(現・ケニア)で140人を殺害したといわれる2頭の人食いライオン(ツァボの人食いライオン)をモチーフにした動物パニック・アクション映画。映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
HUNT 餌 ハント・エサ|狩るか?狩られるか?!猛獣と人間の生き残りをかけたリアル・ハンティング・パニック映画!
HUNT 餌 ハント・エサは、2017年に製作されたオランダ映画。狩るか?狩られるか?!猛獣と人間の生き残りをかけたリアル・ハンティング・パニック映画!映画批評・あらすじ(ネタバレ)・スタッフ・キャスト・映画予告編・無料動画・配信情報。
ローグ|傭兵部隊VS猛獣×テロリスト、あまりにも強大な脅威を前に生き残る術はあるのか―。
ローグは、2020年公開のアメリカ合衆国・南アフリカ共和国・イギリス合作映画。傭兵部隊VS猛獣×テロリスト、あまりにも強大な脅威を前に生き残る術はあるのか―。傭兵チームがアフリカで窮地に陥り、現地の武装勢力と雌ライオンの両方を相手に生き残りをかけて戦う姿を描く。